連載

【colormalイエナガとmeiyoワタナベタカシの〈今月のイエナベ!〉】第1回 KAN、Lee go do、三浦透子、butohesなどをご紹介!

【colormalイエナガとmeiyoワタナベタカシの〈今月のイエナベ!〉】第1回 KAN、Lee go do、三浦透子、butohesなどをご紹介!

2021年よりバンド体制になったcolormal(カラーマル)のヴォーカル/ギター担当イエナガと、自身のソロ・ユニットmeiyoの他に、侍文化SAM4416POLLYANNA、HGYM、プールと銃口にも籍を置き、数々のアーティストのサポートや楽曲提供も行うワタナベタカシの二人による新連載がスタート! 東西を代表するインディー・アーティストの雄でもあり、友人同士でもある二人が、その月に聴いて良かった音楽を3曲ずつ、〈イエでナベでも食べながら報告しあう〉ように紹介する、その名も〈今月のイエナベ!〉です(たまに編集の酒井も口出しします)。初回となる今月は、自己紹介がてら自分たちの曲も含めて紹介していただきます。それではお二人、張り切ってどうぞ~!

★colormalイエナガとmeiyoワタナベタカシの〈今月のイエナベ!〉記事一覧

 


①meiyo “うろちょろ”

ワタナベ(meiyo)「皆様はじめまして。東京を中心に音楽制作をしているmeiyoという者です。イエナガとはプールと銃口というバンドの企画で対バンしたのをきっかけに知り合いまして、超仲良しってほどではないけど一番丁度良い具合に仲良くしてもらってます(実話)。

初回ということで、まずは僕の曲からご紹介させてください。“うろちょろ”という曲です。実は僕ずっとドラム・ヴォーカルをやっていたのですが、ステージ上で立てない、動けないという部分に不安を感じたのもあり、打ち込み系の曲を作り始めました。ドラマーの性でしょうか。〈リズムの中毒性〉みたいな部分をコトコト煮込んで作った曲です」

イエナガ(colormal)「はじめまして。大阪でcolormalというバンドでギターと歌を担当しています。もともと一人で宅録を中心に活動していたのですが、今年からバンドになりました。ワタナベ君との関係は先述の通りですので、曲に関して。侍文化を初めて聴いた時からただならぬ〈J-Popの子供感〉を感じていたのですが、この楽曲を聴いて確信に変わりました。ミニマルなフレーズの増減で構成されつつ、音数の寂しさを感じさせない。楽曲の個性はリズム・パートに出る、と信じている私にとっては歌心のあるドラマーがなによりも羨ましい存在です」

 

②colormal “夢見る季節”

イエナガ「改めて自己紹介代わりに、僕が22歳の時に、一人で作ったこの曲をご紹介させて頂ければと。6分半でFメロまである曲ですが、一聴すれば私の作風の幅が分かるので、名刺代わりにピッタリですね! 当時は“ボヘミアン・ラプソディ”を自分が作るんだと息巻いていました。総制作費2万円なり」

ワタナベ「この曲ね、colormalと共演することが決まる直前ぐらいに、僕のTwitterのタイムライン上で〈凄すぎる〉って話題になってて、覚悟して聴いたんですけどめちゃくちゃ嫉妬したんですよ。構成もめちゃくちゃ凄くて只者じゃないことが一聴して分かるし、かといって奇を衒ってるわけでもなく、コードもメロディーも変だけど綺麗でドラマチックで、その時の感情とそれまでの感情がただただ自然にそうさせたとしか思えないような。あと何より、もう別に言葉とかじゃなくて、単純に、この曲好き!って。あんまり本人には言ってないんだけど実はめちゃくちゃ聴いてました」

 

③KAN “トランスフォーマー”

ワタナベ「はいこれ、これですよ。僕が敬愛してやまないソングライター、KANさんがTRICERATOPSの“トランスフォーマー”をカヴァーしました。サブスクで聴けるようになったことで、こうして皆さんにKANさんの魅力をお伝えする機会が出来て幸せです。僕のようにKANさんの追っかけやってる人は、ニヤリ。“愛は勝つ”しか知らない方は、ビックリ。そんな仕上がりになっております。

2010年リリースのアルバム『カンチガイもハナハダしい私の人生』収録の”REGIKOSTAR~レジ子スターの刺激~”以降、中田ヤスタカさんから多大なる影響を受けて作られたテクノ・ポップ楽曲はKANさんの重要な軸となっています。1アルバム1かわいい」

イエナガ「うん、これですね。僕はTRICERATOPSに多大な影響を受けていまして、このトリビュート・アルバムは今月齧り付くように聴きました。正直なところ、KANさんの楽曲にこういったテイストのものがあると知らず、その懐の広さに面食らいました。なにより楽曲の最後に原曲の音源をそのまま使用するセンスたるや、反則!」

 

④Lee go do “Mouse”

イエナガ「韓国のバンドです。馴染みの居酒屋でShazamをかざして見つけたのですが、シンプルな構成とコード進行……全てがとても心地よい。サビのあとに過剰にヴィブラートで揺れたギター・リフがやってくるのですが、疲労感のある都会の夜景を音で再現しているようにも感じられます。サビの部分が英詞なのですが、要約すると〈この町では死んだふりをして夜を乗り越えないといけない〉と歌っていて。国は違えど、ユース・カルチャーはどこかで同じような悩みを抱えているんだと感じてしまいますね」

ワタナベ「初めて聴いた。めちゃくちゃ好きかも……! 今聴き終わって、次の曲流れてきて、そのまま聴いちゃってる。教えてくれてありがとう! 音がスッキリしてて声も透明感があるのに、しっかりとした体温も感じて、不思議。どうでも良いけど、イエナベ(お家で鍋!)とか言ってるのに全然お酒飲めない僕なので、こんなにいい曲が流れてる馴染みの居酒屋があるって、羨ましいなと思った次第です」

 

⑤三浦透子 “FISHANDCHIPS”

ワタナベ「自分とイエナガと酒井さん(編集)の仲を間接的に繋いだバンド(?)こと、赤い公園の津野米咲さんが作った曲ということで、ご紹介させてください。

怪しげなシェイカーが鳴り響く中、ループっぽいガムランの音色が只事じゃないことを察知させたかと思えば、ちょっと妙なリヴァースっぽいエフェクトのかかったピアノが鳴り、チープだがバランスに長けた打ち込みのドラムが鳴るやいなや、勝利のストリングスが足並み揃えて行進しながらゆっくりこっちに近づいて来た……と思いきや突然の琴! ゴリゴリのギターとベースが支える爆発力ありすぎる猛烈なサビに思わず、ウッ……まぢやば(人が語彙力を喪失する瞬間)。

歌詞も本当に凄いですし(これはもう聴いて読めば分かる)、三浦透子さんの心に直接語りかけるような不思議な魅力を持った声や上記したアレンジもさることながら、メロディー・コード・歌詞だけでも津野米咲が作ったと分かるほどの強烈なクセ。なんなら着メロで聴いても津野さんの曲だって分かるんじゃないかな、着メロって知ってる?」

イエナガ「着メロ、知ってるよ! その昔コブクロの着メロをケータイで買ったら、パケット通信代がかかり過ぎて怒られたことあったなあ。津野米咲さんの凄さを端的に表すことは、困難です。音楽的に〈おもちゃ箱を世界一美しくひっくり返す〉人だと思っています。音だけでなく、歌詞にも本人印が見えるアーティストは本当に稀有なんです。きっとこれからも」

酒井「実は最近、津野ワークスを改めて全部洗い出してリスト化するというのを趣味でやっていて、中でもこの曲は何十回も聴き直してコード譜も起こしていたところだったので、ここでピックアップしてくれて〈連載初めて良かった……〉と思いました。和食(琴)、洋食(音楽理論、ストリングス、バンド・サウンド、ラップ)、中華(二胡)に、インドネシア料理(ガムラン)も混ぜて一般的な定食(ポップス)に仕上げるという、ド変態にしかなしえない業をサラッとこなした傑作だと思います。このベースもドラムスもその他の楽器も、実は全部津野さんが演奏しているというのが珍しいポイントです」

 

⑥butohes “Hyperblue”

イエナガ「3月に初リリースとのことでまったく前情報のないバンドですが、おすすめです。ミックスやマスタリングなどの専門的な知識を抜きにして、音がいい。万華鏡のように付点8分のディレイが効いたギターで一気に引き込まれ、バンドがインするとまさにジャケット写真の光景が目に浮かぶ。歌詞は散文的ではあるのですが、確かに情景が伝わってくる絶妙さ。海原のようなサウンドスケープと、歌詞にも登場するフラクタルのような整頓された演奏。コロナ禍の中で新たにスタートしたバンドとして、個人的にシンパシーを感じています」

ワタナベ「最近は新しいバンドが全然出てこない感じするね。それこそコロナの影響もあるかもしれないし、でなくても時代がそうさせてる感じもあるし。そんな中でこうして新しいバンドがスタートするのは凄く嬉しいし、ワクワクします。〈ジャケット写真の光景が目に浮かぶ〉とのことだったので、まずは先入観なしで曲だけ聴いてからジャケットを見てみた。そしたらびっくりするぐらい想像どおりの色をしていて、嬉しくなっちゃった。綺麗だ」

 

こんな感じで、お二人がゆるっと会話をしながら、毎月月末~月頭に6曲ほど紹介していく予定です。次回は4月末~5月頭に公開予定! お楽しみに!

 


LIVE INFORMATION

プールと銃口新体制初自主企画
2021年4月17日(土)東京・吉祥寺Planet K
出演:プールと銃口、colormal、ウ山あまね、ワタナベタカシ(band set)
開場/開演:17:00/17:30(20時までに終演予定)
前売り:2,800円(税込)

Pangea 10th Anniversary『agartha20210420』
2021年4月20日(火)大阪・Pangea
出演:SHiFT_CONTROL、クレナズム、colormal
開場/開演:18:30/19:00
料金:2,800円(税込/+1ドリンク600円)

TOWER DOORS