高橋芳朗presents「タワレコ洋楽月報」ブログ

放送後記:2015年6月9日 ロバート・グラスパーが登場! J・ディラとのエピソード披露&おススメ作品紹介も

放送後記:2015年6月9日 ロバート・グラスパーが登場! J・ディラとのエピソード披露&おススメ作品紹介も

あと半歩、洋楽に近づきたい貴方に送る360°洋楽エンターテイメント番組〈タワレコ渋谷洋楽第二企画室〉、進行役を務める音楽ジャーナリストの高橋芳朗です。レギュラー回と異なる火曜日21時よりからお届けした今回の放送は、なんとニュー・アルバム『Covered』のリリースに合わせてジャパン・ツアー中だったロバート・グラスパーさんをゲストにお招きいたしました! もはや問答無用、2度のグラミー受賞歴がある現行最もイケてるジャズ・ピアニスト、ということでさすがに事前の緊張感は並々ならぬものがありましたが、実際のグラスパーさんはえらい気さくなジェントルマンで、新作の話を中心に約45分間みっちり語っていただきました。そんな充実のインタビューのなかでも取り分け興味深かったのが_、自身の作品中でもたびたびリスペクトを表明している故J・ディラにまつわるエピソード。このあたりの感覚がグラスパーさんを特異な存在にしている最大のファクターになると思うので、その部分の書き起こしを特別に掲載しておきます!

 

 

「確か99年だったかな、J・ディラとは一緒に仕事をさせてもらったことがあるんだ。本当に幸せなことだよね。ビラルのファースト・アルバム『1st Born Second』(2001年リリース)のレコーディングだった。デトロイトに2週間滞在したんだけど、ディラとずっと時間を共にして、彼がビートをつくるところを間近で見させてもらっただけでなく、ディラと一緒にビートをつくるという貴重な経験もさせてもらったよ。彼は本当に天才だよ。ものすごいスピードでビートをつくり上げてしまうからね。ディラは何百万枚もレコードを所有しているんだけど、〈ここを使いたい!〉って頭に浮かんだビートやフレーズ、メロディなどはどのレコードのどの部分なのか瞬時にわかるんだ。しかもそのレコードがどこにしまってあるのかもわかっていて、迷うことなく引っ張り出してくるんだから驚きだよ。自分はピアニストだから他のいろいろなピアニストから影響を受けてきたと思われがちなんだけど、ディラからはピアニストとして絶大な影響を受けている。それは自分だけではなくきっとほかのピアニストもそうだと思うんだけど、彼がつくり出したピアノのフレーズには多大なインスピレーションを受けているはず。それはたぶんドラマーでも同じなんじゃないかな。プロデューサー/ビートメイカーであるディラから、生楽器であるピアノの演奏のあるべき姿を学んだんだよ。彼は人間が生楽器でつくり出す音よりも優れたサウンドを機械をつくってつりく上げる唯一のプロデューサーだったと言えるだろうね。彼はなによりも音楽の本質をよくわかっていた。それはおそらくお父さんがジャズ・ミュージシャンだったからかもしれないけど、ジャズの音をよくわかっていたんだ。ディラからは本当にたくさんのことを学んだよ」(通訳:Kana Muramatsu)

 

 

そのほか、インタビュー中に本人直々に選んでいただいたいくつかのアルバムも以下にリストアップしおきますので、グラスパー・ファンの皆さんのお買い物の参考になれば幸いでございます。そんなグラスパーさん、9月には早くもブルーノート東京での再来日公演が決定したようなので、その際にはぜひまた番組に遊びにいらしてください!
※次回の放送予定など、〈渋2〉の詳細はタワレボにてチェック!

 

 

お知らせ)
※タワーレコード渋谷店5階に、番組で紹介したCDが試聴できる特設ラックを設置しています! お店にお立ち寄りの際はぜひチェックしてみてください!

 

 

また、番組へのご意見ご要望、リクエストや取り上げてほしいテーマなどを随時募集中です! 番組のツイッターアカウントをフォローしてハッシュタグ【#タワレボ】【#渋2】をつけてツイートしてください! よろしくお願いします!

■ 番組ツイッターURL:https://twitter.com/yogaku_shibu2
■TowerRevolveProject(タワレボ)URL:http://www.towerrevo.jp/

 


 

6月9日放送分プレイリスト

〈ロバート・グラスパー:ディスク選〉

*オール・タイム・フェイヴァリット・アルバム

MICHAEL JACKSON Off The Wall Epic(1979)

 

*初めて買ったアルバム 

CHICK COREA AKOUSTIC BAND Round Midnight ユニバーサル(1989)

*ジャズ初心者にオススメする『Coverd』の次に買うべき3枚 

THE RH FACTOR Hard Groove Verve(2003)

TERRACE MARTIN 3 Chord Fold Empire(2013)

AHMAD JAMAL TRIO The Awakening Impulse!/ユニバーサル(1970)

*新譜さんいらっしゃい!
Algiers “Black Eunuch”
from 『Algiers』

TOWER RECORDS ONLINEiTunes

 

*バイヤーズ・バトル!
・ポップ/ロック担当:千葉のイチオシ
Nozinja “Nwa Baloyi”
from 『Nozinja Lodge』

TOWER RECORDS ONLINEiTunes

 

・ポップ/ロック担当:松元のイチオシ
Summer Camp “Horizon”
from 『Bad Love』

参考動画:サマー・キャンプの2015年作『Bad Love』収録曲“Bad Love”

TOWER RECORDS ONLINEiTunes

 

・ジャズ担当:岩見のイチオシ
Native Dancer “UNTIL FRIDA SPEAK”
from 『EP Vol.1』

TOWER RECORDS ONLINEiTunes

 

*特別企画:ロバート・グラスパー『Coverd』スペシャル・インタビュー
Robert Glasper “The Worst”
from 『Coverd』

TOWER RECORDS ONLINEiTunes

 

Robert Glasper “Reckoner”
from 『Coverd』

TOWER RECORDS ONLINEiTunes

【プロフィール】
高橋 芳朗

高橋 芳朗

元タワーレコード渋谷店スタッフにして元bounce編集部員な音楽ジャーナリスト/ラジオパーソナリティー。東京都港区出身。詳しくはTwitter @ysak0406 にて。タワレボ〈高橋芳朗presents タワレコ洋楽月報〉の紹介を中心にあれこれと。

TOWER DOORS
pagetop