PR
コラム

ラン・ザ・ジュエルズのキラー・マイク(Killer Mike)、11年ぶりのソロ作『MICHAEL』で見せつける主役としての濃厚なマイク捌き

ラン・ザ・ジュエルズで活躍するアトランタのラップ巧者が11年ぶりのソロ・アルバムをついに完成! コンシャスで豪快な主役の魅力をいまこそ味わおう!

 ラン・ザ・ジュエルズ(以下RTJ)の……という形容も当然のようになったキラー・マイクが、実に11年ぶりのソロ・アルバム『MICHAEL』を完成した。そもそも前作にあたる2012年の『R.A.P. Music』はRTJでの相棒となるエル・Pがフル・プロデュースを手掛けた出会いの一枚でもあり、翌年の初作『Run The Jewels』からこのデュオは4枚のアルバムをコンスタントに発表してきている。その過程でキラー・マイクのステイタスも向上し、近年はラッパーとしての活躍のみならず、米ビルボードが選出する〈チェンジメーカー賞〉を受賞したり、TVのトークショウにレギュラー出演するなど、文化人としても影響を拡大してきた。最近では、〈Protect Black Art - Rap Lyrics Are Not A Crime(ブラック・アートを守れ、ラップの歌詞は犯罪ではない)〉キャンペーンを行い、カリフォルニアとNYでラップの歌詞を刑事裁判の証拠として使うことを禁止する州法の制定を成功させて話題となっている。

 そんな好況あってこそのソロ作品というわけだが、彼はもともと同郷アトランタのアウトキャストのアンドレ3000とビッグ・ボーイにフックアップされ、彼らを含むダンジョン・ファミリーの一員として00年代初頭から活動してきた実力派のヴェテランでもある。アウトキャスト主宰のアケミナイから登場した2003年の初アルバム『Monster』は華々しく全米10位を記録。そこからのシングル“A.D.I.D.A.S.”もサウス勢が賑やかな時流に乗ってヒットした。その後はビッグ・ボーイ主宰のパープル・リボンに移りつつ自主レーベルから作品を重ね、UGKの影響も色濃いアーシーなヴァイブとアイス・キューブばりのハードコアな語り口を融合した現在のスタイルを確立。T.I.主宰のグランド・ハッスルと絡んだ4作目『PL3DGE』(2011年)もダンジョン仲間と独自人脈を重ねた力作だっただけに、当時のリスナーはRTJがここまでパーマネントな存在になるとは想像していなかったのではないだろうか。

KILLER MIKE 『MICHAEL』 Loma Vista(2023)

 ともかく、偶然にも初作から20年/RTJ結成から10年という区切りで届いた今回の新作『MICHAEL』は、本名を冠した表題やジャケからわかるように、よりパーソナルな部分を内包した力作になっている。ダンジョン・ファミリーの総帥リコ・ウェイド(オーガナイズド・ノイズ)が声を入れた冒頭曲“Down By Law”ではダンジョン仲間のシーロー・グリーンが歌い、アンドレ3000がプロデュースした“Scientists & Engineers”(ジェイムズ・ブレイクらも共同制作)があり、一方では盟友エル・P制作の“Don’t Let The Devil”もある。他にもメンフィスの大御所DJポール、前も組んでいたクール&ドレーらが並ぶなか、今作のメイン制作を務めたのは3~4作目で手合わせして“Ready Set Go”を制作していた大物のノーIDだ。コモンやジェネイ・アイコらを手掛ける彼は、主役が亡き母について綴る“Motherless”をはじめ、ソウルフルでチャーチな側面をサポート。また、アルバム全編の雰囲気を束ねるのが多くの曲でオルガンを弾くウォーリン・キャンベルで、さらに要所でダンジョン軍のカットマスター・スウィフがスクラッチを入れるのもポイントだろう。

 他にもジャギド・エッジやD4Lのファボ、2チェインズ、ヤング・サグなど新旧アトランタ・シーンの大物たちと絡むなど、書ききれないトピックに溢れた一枚。そこに太い芯を通すのが主役の濃厚なマイク捌きなのは言うまでもない。もはや流行とは無縁の境地で力強く響く語り口に、ソロ活動の継続はもちろん、RTJの今後にもまた期待を寄せたくなってきた。

関連盤を紹介。
左から、ラン・ザ・ジュエルズの2020年作『Run The Jewels 4』(BMG)、マイクが客演したダニー・ブラウンの2019年作『uknowhatimsayin?』(Warp)、DJシャドウの2019年作『Our Pathetic Age』(Mass Appeal)

『MICHAEL』参加メンツの関連盤。
左から、モジーの2021年作『Untreated Trauma』(Mozzy/Empire)、ブラックの2023年作『Since I Have A Lover』(Interscope)、ジャギド・エッジのベスト盤『The Hits』(Columbia)、2チェインズの2022年作『Dope Don’t Sell Itself』(Gamebread/Def Jam)、ブラストの2022年作『Before You Go』(Red Bull)、カレンシーの2022年作『The Drive in Theatre Part 2』(Jet Life)