2015.08.27

本作品における大友良英は剥き出しである。各方面へと活躍の場を広げる中でギター・ソロとはどんな位置づけなのだろうか。無限の可能性を感じさせながら彼の音楽は彼にしか…つまり、大友良英をどう捉えるか?である。私の勝手な印象は、どこまでも気の良いおじさんだ。演奏を目にして私はそう確信した。共演者を気にかけ、ライヴの進行を気にかけ、舞台全体を見て、そしてお客も自身の音楽も置き去りにしない。観るものも演奏者の誰しもが楽しそう。事実、楽しい。これは並大抵の音楽家では成し得ない偉業ではないだろうか。なかに気になる曲名がある。是非手にとって見つけてみて、そして耳を傾けて頂きたい。

【参考動画】大友良英“青い凧”2014年のパフォーマンス映像
関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop