ハーツ、スチュワート・プライスらが指揮した新作は歌を前面たせるべく引き算の美学で制作されエレガント&開放的なムード

2015.11.24

スチュワート・プライスアリエル・レヒトシェイドを指揮官に迎えたこの3作目は、レマン湖やイビザでの録音も奏功し、インダストリアル化を企てた前作に比べて開放的なムードだ。歌とコーラスを前面に立たせんと、引き算の美学に基づいて作られたトラックが非常にエレガント。ニュー・オーダーの復帰は嬉しいけど、こんな頼もしい後継者がいるからもう隠居しても大丈夫だよ……とか言ってみたくなるほど良い!

関連アーティスト