2015.12.10

マッド教授と彼のお抱えドラマーとして知られるロボティクスが、ブラック・アーク産のクラシック・チューンを再演! アリワ印の都会的&几帳面なプロダクションではなく、70年代前半のジャマイカ音楽に敬意を表したような、丸みのあるダブワイズに心がときめきます。そうした後輩の熱い思いを、リー・ペリー御大がアウト・オブ・キーなんていう次元を軽く超えたヌルすぎるヴォーカルで飄々とかわしていく一枚。流石です。

※試聴はこちら

TOWER DOORS
pagetop