コールドプレイ、スターゲイトと初顔合わせ&ビヨンセやノエルら参加した新作はアッパーで希望に満ちた出来映え

2016.01.12

離婚して間もないクリスの心情を表したかのような暗いトーンの前作からガラリと空気を変え、今度のアルバムは希望に満ちた出来映えに。その鍵を握るのが、初顔合わせとなったスターゲイトだ。冒頭からチアフルなエレクトロ・ロックでアゲまくり、恋をお酒に例えたフロアライクなR&Bではビヨンセとマイクを交わして、中盤でカニエ以降のアーバン・モードを能天気に(ここがポイント!)咀嚼し、そしてノエル・ギャラガーがギター参加したスケールの大きいゴスペル・ポップにて本編を締め括る。UKチャートではアデルを蹴落とし、見事1位を記録。余談だが、元妻のグウィネス・パルトロウと共演した柔らかなスロウがあまりにも良い出来で、〈ヨリを戻すのか!?〉なんて余計なことを考えています。

TOWER DOORS