19歳の英国女性SSW・ラプスリー、アデル思わせるソウル感覚持つ歌声&電子音塗したジェイムズ・ブレイク的サウンドの初作

2016.04.13

XLと契約した19歳の英国女性ということもあるが、何よりそのヴォーカルからアデルの登場時を思い出さずにはいられない。低い声から滲み出るソウル感覚など、とても近いものがある。ただしサウンドは電子音を塗したもので、言うなればジェイムズ・ブレイク的。本作はXXを手掛けたロディ・マクドナルドのプロデュースによるデビュー・アルバムだ。大半がバラードであるだけに、ダンサブルな“Operater”が新鮮。

関連アーティスト
TOWER DOORS