アポロ・ブラウンとスカイズーのコンビ作は、シリアスな語りにジリジリ火を灯すジャジーなループ並ぶ一枚

2016.12.09

ソロやアグリー・ヒーローズで動く傍ら、1MCとのコンビ作も定期的に出してくるアポロ・ブラウンだが、ラス・カスに続いて相方に選んだのは、以前から単曲では絡んできたブルックリンのスカイズー。シリアスな語りにジリジリ火を灯すジャジーなループが並び、コンウェイウェストサイド・ガンを招いたラフなリレーをプリモ風にまとめた“Basquiat On The Draw”あたりは明快に熱い。スターリーのシブい出番にも注目だ。