ラヒーム・デヴォーン&アポロ・ブラウン(Raheem DeVaughn & Apollo Brown)『Lovesick』硬質かつメロウなビートに乗せた狂おしい愛の歌

2021.08.24

ワシントンDCのR&Bシンガーによる新作はふたたび共同名義で、今回はデトロイトの奇才トラックメイカーと顔合わせ。東のスカイズー、西のウェストサイド・ブギー、南の3D・ナティといった各地のMCも招き、硬質かつメロウなビートをバックに、裏声と多重コーラスを交えた狂おしいヴォーカルでひたすら愛について歌っていく。〈リック・ジェイムスの曲みたいに乱れた気分〉と歌う“Rick James”も大甘のスロウだ。DCの女性シンガーもお披露目。