インタビュー

G.RINAが土岐麻子と語る、同時代を生きる女性アーティストの〈同志〉だからこそ共感し合える音楽ルーツへの向き合い方

G.RINA『LIVE & LEARN』

Page 2 / 2 1ページ目から読む

厳しい音楽業界で活動してきた同い年の女性として〈同志〉という想いがある

――そしてRINAさんの新作『LIVE&LEARN』ですが、土岐さんは全部聴かれました?

土岐「はい、聴きました。音の選び方ひとつひとつなど細かいところに至るまで、本当に最高だと思いました。すごく新鮮に感じるし、聴いているとワクワクしてくるんですよね。挑戦的な音楽だとも思ったし、インスピレーションに満ちている作品だと思いました」

G.RINA「……ありがとうございます(笑)」

――今回のアルバムでRINAさんがやろうとしたものとは、どういうことだったのでしょうか。

G.RINA「前作の延長線上ではあるんですけど、少しプロデューサー的な視点から全体の世界を構築してみたいと思ったんです。そのためには自分が歌わない曲があってもいいだろうと。音楽面でいえば、自分が影響を受けてきたような、ちょっと温度が低めだけど胸がきゅっとなるようなシンセ・ファンク。そしてディスコとヒップホップの共存をめざしました」

――“All Around The World”では土岐さんがフィーチャーされているわけですが、この曲で土岐さんを迎えようと思った理由は?

G.RINA「今回のアルバムでは、どなたか女性ヴォーカルの曲をやりたかったんですね。だったら大好きなヴォーカリストであり、所縁もある土岐さんにやっていただきたいなと思って」

土岐「声をかけてもらえて、すごく嬉しかったですね。ヴォーカリストとしてのRINAちゃんも大好きなんですよ。私にはない節を持っているし、声もすごく好きなんです。絶対に真似のできない声というか」

G.RINA「またそんな……」

土岐「だから、本当に私が歌っていいの?というのもあったんですけど(笑)、以前から〈100パーセントG.RINAの世界に入ってみたい〉という想いもあったので、私としても夢が叶って嬉しかったですね」

――今回は曲・歌詞・アレンジすべてがRINAさんですもんね。土岐さんにオファーした段階で、曲はある程度出来ていたんですか?

G.RINA「いや、お会いしてから書こうと思っていたので、何も出来ていなかったんですよ。一度お話して、その日のうちにある程度の原型が出来ました」

土岐「えっ、あの日のうちに? 早いね(笑)」

――お2人で会ったときには具体的な曲のイメージも話し合ったんですか。

G.RINA「お会いしていない時期も長かったので、その間の出来事であるとか、日々の生活の話であるとか」

土岐「あと、さっき出たシティー・ポップのアティテュードの話もしましたね。自分のルーツとなる音楽に対して、リスペクトを持って向き合うとはどういうことか?とか」

G.RINA「熱く話しましたね(笑)。具体的な曲の構想よりも、お互いの気持ちの確認というか。そうだ、歌詞についてはお会いしたときに感じたインスピレーションが元になってるんですよ」

――どういうインスピレーションだったんですか?

G.RINA「そもそも土岐さんの歌詞はすごく好きなんです。ちょっと自虐的なところがあって、見た目とのギャップというか、それもまた魅力だなぁと思っていて」

土岐「そうだったんだ(笑)。嬉しいですね。確かにRINAちゃんが言うように、こういう〈100パーセント幸せです!〉という歌詞はどうも書けなくて、どこか不完全な人が主人公となる歌詞が多いんですよ。自分自身、不完全な人間であるという意識が強いこともあって。一聴するとすごく幸せそうな曲であっても、深い谷底から見る幸せを描いていたりして(笑)」

――谷底(笑)。

土岐「だから、こういう一面見晴らしのいい景色って、自分で歌っていてすごく新鮮に感じました」

――土岐さんの新作『PINK』にも、RINAさんの曲が2曲入ってますよね。RINAさんの曲以外はすべてトオミヨウさんの作曲ですが、今回RINAさんに声をかけた理由は?

土岐「今回のアルバムはトオミヨウさんのプロデュース作品ではあるけど、トオミさんの曲とは違ったカラーの曲があってもいいかなと思ったんですね。そんなときに“All Around The World”の仮レコーディングをしていたので、RINAちゃんともっとやりたくなったんです」

G.RINA「アルバムを作っていた時期がちょうど同じぐらいだったんですよ」

土岐「あと、“All Around The World”を作る前にいろいろ話していたとき、さっき話したようにすごく共感し合える感覚があったんですね。それこそ同志というか……ようやく自分のルーツに対する向き合い方に関する話をわかってくれる人と会えた!という」

土岐麻子 PINK rhythm zone(2017)

――『PINK』に収録された“脂肪”にもそのあたりの感覚が出ているような感じがしますね。お2人ならではのシティー・ポップ感が出ているというか。

土岐「この曲の歌詞は『Bittersweet』のときにすでにあったんですよ。自分としてはすごく気に入っていたんですけど、スタッフや作曲陣からスルーされていて(笑)。でも、ひょっとしたらRINAちゃんだったらわかってくれるかも!と思ってお願いしました」

――もう1曲の“Fried Noodles”はいかがですか。

G.RINA「これは自分でやろうと思っていた曲なんですけど、ひょっとしたら土岐さんに合うかも?と思って提案してみたんです」

土岐「最初、RINAちゃんの歌詞が入っていたんですよ。それがすごく良かったんですけど、その時点ですでに〈全曲、土岐麻子による作詞〉という文字情報をメディアに出してしまっていたので、自分で書くことにしました(笑)。失恋したての女の子が傷心旅行で海外に行くんだけど、後から思い返すと笑えてくるような、そういう旅のイメージで書きました。仕事で行ったシンガポールがすごくおもしろくて、その要素も入ってますね」

――歌の節回しも少しラップ的で、まさにRINAさんの曲という感じがしました。

土岐「新鮮でした。トオミさんからはこういう曲は出てこないと思うので、はっきりとカラーが違っていて良かったなと」

――さっき92年、93年のヒップホップにハマっていたという話がありましたけど、その話と繋がる感覚がありますよね。

土岐「そうかもしれないですね。確かに〈軽さ〉という意味では通じるものはあるかも。遊び心のあるものをやりやかったんです」

――こうしてお2人のニュー・アルバムが出揃って、コラボ曲が3曲並んだわけですが、今後の共演についてはいかがですか? 

土岐「タイミングがあったらぜひやりたいです。厳しい音楽業界のなかで活動してきた同い年の女性として、RINAちゃんに対しては同志という想いもあるし、今後活動していくうえでの重要なパートナーの一人だと思っていますね」

G.RINA「土岐さんはアーティストとして、大人の女性として進み続ける姿を見せてくれている心強い存在というか。もちろん同志という想いもありますし、作品を一緒に作ることでもすごく励まされていますね」

土岐「それは私も一緒。RINAちゃんのアルバムを聴いていると、やる気が出てくるんですよ」

G.RINA「嬉しいですね」

 


G.RINA & Midnight Sun〈LIVE & LEARN リリースワンマンショウ〉
3月2日(木)東京・渋谷WWW
19:00開場 20:00開演
料金:前売 3,300円(1ドリンク別)
ゲストは近日発表
★詳細はこちら
 

TOKI ASAKO LIVE TOUR 2017 “POP UP PINK!”
4月14日(金)仙台・darwin
4月19日(水)新潟・ジョイア・ミーア
4月22日(土)東京・EX THEATER ROPPONGI
4月28日(金)広島CLUB QUATTRO
4月29日(土・祝)福岡・Gate's7
5月7日(日)大阪・梅田CLUB QUATTRO
5月8日(月)名古屋CLUB QUATTRO
5月16日(火)札幌cube garden
★詳細はこちら

関連アーティスト