モントリオール発シンセ・ポップ・トリオ、ル・クルールの2作目はエールらに通じるフレンチ・エレクトロな雰囲気纏った一枚

2017.02.13

カナダはモントリオールに住む男女シンセ・ポップ・トリオが放った2枚目のフル・アルバム。エールセバスチャン・テリエに通じるフレンチ・エレクトロっぽい雰囲気を纏いながら、“La Fuite De Barbara”ではリンドストロムら北欧ディスコ勢ともコネクトし、ジャスティスの最新作『Woman』みたいなバランス感覚に驚かされる。ベトナム系の血を引くロランス嬢の仏語ヴォーカルも気持ち良く、鬼リピ不可避の一枚だ。

関連アーティスト
TOWER DOORS