INTERVIEW

LAZYgunsBRISKYが中尾憲太郎と語る、オルタナティヴな新境地と〈変化〉への覚悟「いままでの自分がこっぱみじんになった」

LAZYgunsBRISKY『NO BUTS』

Page 2 / 2 1ページ目から読む

いままでの自分がこっぱみじんになった

――楽器隊の3人はそういった苦労はありましたか?

中尾「楽器隊の3人はみんなで〈イエーイ!〉って(笑)」

Yuko「音作りも超楽しくやらせてもらいました」

azu「普通はクリックに合わせてレコーディングするじゃないですか。でも今回はクリックに囚われずにベーシック録りでいろいろ試して、一番気持ちいいところを見つけていったんです。バンドのグルーヴという意味では、一定のリズムだけが気持ちいいわけじゃないんだとすごく勉強になりました」

Moe「うん、あれはすごく貴重な時間だった」

azu「その後ライヴでやるためにスタジオに入っても、そのときの感覚があるから雰囲気が作りやすいんですよ」

中尾「それは良かった。そう言っていただけると嬉しいです」

Lucy「たぶんライヴでも今後アプローチが変わっていくと思います。いますべてがいい感じなんです。もう新曲だけやりたい(笑)」

Moe「でも今回の7曲だけじゃライヴできないから、もちろん昔の曲も織り交ぜてセットリストを作るんですけど、その中でいままでの曲も要所要所でちょこっと変えたり、音の作り方も変えているんですよ。だから新曲も前の曲も私は楽しいです」

azu「過去曲も新曲と同じやり方で音作りをしているので、音が厚くなったようなところもあります」

――音作りを楽しくやらせてもらったとYukoさんはおっしゃいましたが。

Yuko「憲太郎さんのエフェクターを一式、リュックサックにいっぱい詰めて持ってきてもらったんです。アンプも含めて全部お借りしたので、私はギターだけ持っていって、レコーディング中にいろいろ使わせてもらいながら音作りしていったんですよ」

中尾「そのためにジャックの掃除からやりましたからね(笑)。ミックスで(音を)格好良くしても、結局バンドにフィードバックされないから、僕は録る時点でゴールが見えている録り方をしたいんですよ。特にドラムの音は一番ね」

Moe「一切、妥協がなかったですもんね。例えば倍音の響きは、ミックスでどうにでもできそうじゃないですか。もしかしたら今回のスネアの音も、倍音がゼロになるぐらいミュートして上の皮の音だけで録って、それを後から加工して作れたかもしれないけど、健太郎さんはすごく細かく作ってくださって」

中尾「どうにもならないんですよ。ミックスでは」

Moe「スネア一つの音にこんなに時間を割いてもらったレコーディングって、いままでなかった気がします……だからすごく楽しかった」

中尾「(ドラム椅子の)座り方もね(笑)」

Moe「ちょっと遠めに、浅めに座ろうと(アドヴァイスしてもらって)。そのほうがしっかり座るより踏み込めるし、反応が早くなったりするんですよ」

2016年の会場限定シングル“ROLL OUT”
 

――レコーディングでの経験がバンドにフィードバックすることを常に考えている、と?

中尾「それは考えています。音源はかっこいいけどライヴがしょぼいのってイヤじゃないですか」

Lucy「イヤですね」

中尾「だから、ある程度のライヴでの再現度も視野に入れたうえで、レコーディングとしてもおもしろいものになるようなものをと。最初はお断りしようと思ったくらい、どうなるかわからないところもあったんですけど、始まってみたらみんなすごくポジティヴに参加してくれたし、受け入れてもらえたので楽しかったです。スケジュールがタイトだったので時間的には大変でしたけど、その分、7曲だけど濃い感じにはなったんじゃないかな」

azu「そうですね。詰め込んだ感はありますね」

――日本語の歌詞もぐっと増えたことに加えて、“Suitable suicide”では語りっぽい歌を聴かせたり。Lucyさんも多彩な曲に合わせていろいろな歌い方をしているという意味では、ヴォーカリストとして表情の幅も広がったんじゃないですか?

Lucy「心を解放したい、という気持ちがあったからだとは思うんですけど、“Dress to kill”を1曲目に録ったのがやっぱり大きかったと思います。〈こうじゃなきゃ〉って考えていた、いままでの自分がこっぱみじんになりましたから(笑)。でも、あれでOKをもらったんだからもう何をやっても大丈夫だと思えるようになって、そこからは歌に対する考え方もすごく自由になりましたね」

――今回、デイジー・チェインソーの“Love Your Money”をカヴァーしたきっかけや選曲理由を教えてください。

中尾「それこそ最初のミーティングのときに名前が挙がって、やったらいいじゃんって話になったんだっけ」

azu「実はカヴァーはやったことがなかったので、やりたいやりたい!ってまずカヴァー曲が決まって」

中尾「そしたらレーベルのスタッフが(デイジー・チェインソーの)ギターだったクリスピン・グレイと知り合いだっていうから、じゃあギター弾かせようぜって(笑)」

azu「悪ノリしました(笑)。でも新しい試みだったから楽しかったです。最初(クリスピンは)ギターだけって話だったんですけど、親切にコーラスまで入れてきてくれて。メンバーのコーラスが入れられなくなっちゃったという(笑)」

Lucy「アレンジもいいねって言ってくれたみたいです」

デイジー・チェインソーの92年作『Eleventeen』収録曲“ Love Your Money”
 

azu「そんなに変えてはいないんですけど、テンポが遅くなるトラップを入れたり、最後に転調したり、そういう遊びを加えさせてもらったんです」

中尾「僕と彼女たちのバックグラウンドの違いを結びつけるものとしてのデイジー・チェインソーってところもあったので、カヴァーしてもいいんじゃないかというのも僕はありました。そしたら(彼女たちが)おもしろいアレンジをしてきてくれたので、いいじゃんいいじゃんって」

――なるほど。最後に、中尾さんの近況も教えてもらっていいですか?

中尾「年内にCrypt Cityの録音をやりたいと思っています。新曲はまだありませんけど(笑)。あとはLAZYgunsBRISKYのレコーディングと同じタイミングで『阿修羅少女~BLOOD-C異聞~』という映画の音楽を、田渕ひさ子さんとCrypt Cityの小松(正宏)さんと僕の3人でやっていて。それが8月26日に公開になるので、そのサントラを作る作業がたぶんそろそろあるのかな。それ以外は最近Netflixで〈MARVEL〉のドラマをずっと観ています(笑)。いろいろやってるけど、それぞれに関連があっておもしろいんです」

――そして、LAZYgunsBRISKYは4月8日からリリース・ツアーが始まりました。どんなツアーにしていきたいですか?

Lucy「これまで私たちを知ってくれていた人たちや、たぶん新たに出会う人たちもたくさんいるだろうし……お客さんが増えたらいいですね、単純に(笑)。好きになってくれる人が増えたら嬉しいと思いながら、格好良いライヴをすることしかいまは考えてないです。Yukoは久しぶりのバンドでのツアーでしょ? どんなライヴにしたい?」

Yuko「今回のレコーディングを通して、みんなが〈変わりたい〉と思っていたことがより具体的になったと思うので、ツアーを通してそこをさらに固めて、5月12日のファイナルで変化した姿をはっきりと見せることができたらいいなと思います」

 


LAZYgunsBRISKY “NO BUTS Tour 2017”

4月15日(土)
会場:札幌Spiritual Lounge
開場/開演:17:30/18:00
共演:Beast Valco Jam、HELLsy & The Dynamites

4月22日(土)
会場:福岡UTERO
開場/開演:18:00/18:30
共演:THE SUICIDES、博多人形 and more

5月12日(金)
会場:東京・新宿LOFT (ワンマン)
開場/開演:19:00/19:30

★詳細はこちら

『NO BUTS』発売記念 アコースティック・ライヴ&サイン&撮影会

4月14日(金)@タワーレコード札幌ピヴォ店
開演:19:00

★詳細はこちら

4月6日に〈タワレボ〉で配信された、タワーレコード渋谷店でのインストア・ライヴの模様がアーカイヴ放送中!

 

 

関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop