インタビュー

パリピではなくインドアな夏――かせきさいだぁ × ザ・なつやすみバンド、帰宅部気質の2組が描いた〈放課後〉の風景

(左から)かせきさいだぁ、中川理沙、MC.sirafu(ザ・なつやすみバンド)
取材協力:上野萬屋酒舗
 

かせきさいだぁとザ・なつやすみバンドがコラボ・シングル“Quiet School”を発表した。夏のある日、遠い記憶を辿っていくうちに迷い込んだ放課後の教室で両者が出会い、その場で軽音楽部を結成したという設定のもと制作された同曲は、ザ・なつやすみバンドらしいトロピカルで叙情的な旋律&演奏に、かせきのメロウなラップが乗った、ノスタルジックでエキゾなサマー・チューン。7インチ・シングルでのリリースとなるので、お気に入りのレコード・プレイヤーを取り出し、夏の終わりの寂寥感を味わうとともに、じっくりと〈あの頃〉の思い出に浸りたい。

今回Mikikiでは、本シングルのリリース元となるタワーレコードの行達也を進行役に、かせきとザ・なつやすみバンドのMC.sirafu(スティールパン、トランペット)&中川理沙(ヴォーカル、ピアノ)を迎えた鼎談を敢行。角打ちマニアとしての顔も持つMC.sirafuにとって馴染みの居酒屋、東京・上野萬屋酒舗を舞台に、ビール・グラスを片手に行われた。

両者のそもそもの出会いは2015年に鹿児島で行われたイヴェント〈ナマ・イキVOICEアートマーケット〉。初見こそじっくり会話を交わすことはなかったが、以降じわじわと親交を深めていった。この後のインタヴューにある通り、〈毎日が夏休みであれ!〉を信念に結成されたザ・なつやすみバンドにとって、95年の初作『かせきさいだぁ≡』に収録された代表曲“じゃっ夏なんで”をはじめとして、数々のナンバーで独自の情緒溢れる〈夏〉を表現し続けてきたかせきは〈夏界の大先輩〉とのことで、かねてより共演を熱望していたそう。そんな満を持してのコラボレーションとなった本作が出来上がるまでのストーリーを、たっぷり訊いた。

かせきさいだぁとザ・なつやすみバンド Quiet School towervinyl(2017)

ちょっと違うベクトルのサマー・チューンにしたい

――“Quiet School”ですが、ちゃんとかせきさんのいいところとなつやすみ節がミックスされていますよね。

MC.sirafu「……いいの出来ましたよねえ」

かせき「うん、思ったよりいいの出来た(笑)」

MC.sirafu「サマー・チューンって近年ちょっと流行ってますけど、わりと初めの打ち合わせの段階で、かせきさんが〈最近よくあるようなのじゃない、ちょっと違うベクトルのサマー・チューンにしたい〉と言っていて」

かせき「言いました? そんな生意気なこと(笑)」

MC.sirafu「いわゆる〈今っぽい〉サマー・チューンを期待されがちだと思うんですけど、それには応えたくないというか……まあ、かせきさんは〈夏〉というジャンルでは大先輩ですから」

かせき「ああ、夏界での(笑)」

――TUBEの次くらいでしょうか(笑)?

MC.sirafu「自分でそういう自覚はあるんですか?」

かせき「そう言われ続けてるんだけど、自分ではそうかぁって感じかな」

――段々その気になって。

かせき「その気にはそんなになってないです(笑)。でも今回の僕のアルバム『ONIGIRI UNIVERSITY』ではそれに応えようかなって気持ちはちょっとありましたね。で、こっち(“Quiet School”)では思いきり裏切って(笑)」

MC.sirafu「アルバムのほうでもちょっと裏切ってる感じしますけどね」

かせき「普通にやると思いきり裏切っちゃうから、がんばって寄せました」

かせきさいだぁの2017年作『ONIGIRI UNIVERSITY』収録曲“Choco that I know girl”
 
同アルバム収録曲“カンフーダンス”
 

――『ONIGIRI UNIVERSITY』と、“Quiet School”の関連性は特になく?

かせき「制作時期がほぼ一緒で、アルバムを作り終わるくらいの頃に“Quiet School”に取り掛かったので、繋がっている感じはしてます。アルバムの最後の曲が出来るの遅かったから、その間にこっちを作って。本当はこの曲をアルバムにも入れてくれって言ってたんだけど、発売日とかの関係で断念して」

――え、アルバムに入る予定だったんですか?

かせき「はい。〈入れて〉って」

MC.sirafu「(笑)。オリジナル・アルバムの制作中に作った別の企画ものやシングルって、おもしろいものになったりしますよね」

タグ