インタビュー

BiS『I can't say NO!!!!!!!』再始動から1年の感慨と苦悩を語る、これが7人体制でのラスト・インタヴュー!?

BiS『I can't say NO!!!!!!!』再始動から1年の感慨と苦悩を語る、これが7人体制でのラスト・インタヴュー!?

新体制での第2弾シングルが登場! さまざまなアクシデントを越えて、7人の思いはどこへ辿り着く? 理想は最短人生ゲーム 進んでは振り出しに戻って、そして……

想像できなかった現在

 5月末のワンマンから7人体制で初のツアーに突入し、コンディションを高めながらガシガシと前進してきたBiS。今回は現体制での2枚目のシングルにあたってのインタヴューなのですが、奇遇にも取材当日は9月1日……ってことで、まずは1年前を振り返っての話から訊いてみました。

 

――昨年の最終オーディション合宿から今日で1年経ったことになります。

ペリ・ウブ「そう! 一大決心の日!」

ゴ・ジーラ「8月31日に会社辞めたんだ!」

キカ・フロント・フロンタール「9月1日から合宿が始まって、3日に決まって、4日にお披露目のライヴ」

プー・ルイ「ちょうど1年?」

ゴジ「ぞっとする」

――まさか、1年後に白塗りになっているとは。

キカ「想像できなかった! だから、もももパンもこの先どうなるかわかんないよ!」

キカ・フロント・フロンタール(担当なし)

プー「キカが言うと、ホントに重い(笑)。でも、いまは白塗りを楽しんでるもんね」

キカ「楽しくてしょうがない。〈こうありたいな〉っていう自分と、周りが求める自分って全然違うものだって思ったし、この1年でより自分を見つけられた気がしますね、私は」

――見つけましたね。ペリさんは1年前の初心みたいなものはいまも覚えてますか?

ペリ「はい。合格した時の〈これからBiSでやっていくぞ!〉みたいな気持ちは、いまでもめっちゃあります」

ゴジ「合宿の面談で渡辺(淳之介:プロデューサー)さんに言われたことで覚えてるのが、〈活動のほとんどはたぶんそんな楽しくないと思うけど、舞台に立った時に一番気持ち良くなれるかどうかで、この仕事を続けられるかが決まってくる〉ってことで。それが当時はわからへんくて、でも、5月のLIQUIDROOMの時に、その気持ち良さを実感できて。これからもっと上の気持ち良さを体感したいなって思ってます」

プー「ゴジラはちゃんと話すようになったね、自分の考えとかを」

ゴジ「う~ん、たぶん、場に慣れてきました。1年経って、やっと(笑)。いままで周りに白塗りも坊主もいなかったから」

――それが普通です。一方で、サキさんの去年9月というと……。

カミヤサキ「はい。GANG PARADEとしてはいろいろヤバい時期だったんですけど、個人的にはBiSが再始動したことで、やっとホントに〈BiS断ち〉できる気持ちになれた頃でした。まさか1年後にBiSにいる自分の姿は想像できなかったです(笑)」

プー「いろんな意味でね。髪もあったし」

カミヤサキ(ハンサム坊主担当)

――その頃、パンさんはどんな感じで?

パン・ルナリーフィ「普通に勉強して……」

プー「勉強してたの?」

パン「してない。部活でベースを弾いてて、普通にライヴに行ったり、みたいな」

ペリ「BiSのオーディションは知ってた?」

パン「合宿(の中継)は観てた。その時は自分もやりたいとまでは思ってなくて。まさかその後に自分がBiSになるとも思わず」

――半年後にまたオーディションがあって良かったですね。

パン「はい。それがなかったら、どうなってたことか……っていう感じで。ホントにあっという間に人生が変わるんだなって」

パン・ルナリーフィ(メロメロ担当)

――ももらんどさんの1年前は?

ももらんど「ラウンドワンで働いてました。学校はもう、5月に辞めてて」

キカ「アルバイトで。何やってたの?」

もも「スポッチャの担当」

キカ「〈ヨーイドン!〉とか言ってたの?」

もも「マイクがあるから、声が小っちゃくても大丈夫」

プー「(笑)でも、ももはちゃんと働いてたし、意外にしっかりしてるんですよ。自分でやりくりしてるし」

キカ「無駄遣いもしないしね」

もも「いまはまだ、貯金で」

プー「貯金で生きてる(笑)」

ももらんど(チェンジザワールド担当)

――そんなプー・ルイさんは1年やってきて、どうですか?

プー「思ってたよりうまくいかないことが多かったですね、振り返ると。もっとイェ~イみたいな感じで行けるのかな、って。でも、やっぱそう簡単にはいかない星の下に生まれたんだなって思います(笑)。やっとうまくいきはじめたと思ったらBLITZのワンマンが延期になったりして」

タグ
関連アーティスト