PR
インタビュー

BiS “DA DA DA DANCE SONG” 超攻撃的なダンス・ロックに仕上がった新体制での初シングルを語る!

新メンバーを迎えた5人体制で初のシングルは、混迷の時代を超攻撃的にぶち抜く怒涛のダンス・ロック・チューン! これがNEW GENERATiONの勢いだ!

 1月の〈KiLLiNG IDOLS TOUR〉で幕を開け、豪華なバンド編成での東北ツアーや過去最大規模の中野サンプラザ公演、さらには多様なゲリラ・リリース、ZOCとのスプリット作……などなど毎月のようにトピックを重ね、新メンバーのナノ3(読み:ナノナノナノ)を迎えた新体制初ステージの12月まで駆け抜けた2021年のBiS。今年1月には早速〈NEW GENERATiON BiS TOUR〉を完走した5人に、とまらない勢いを体現したニュー・シングル“DA DA DA DANCE SONG”の話を訊きました(取材は1月後半に行いました)。

良くなる気がする!

――ナノ3さん加入後の初取材となりますが、まずは2021年の印象的だった出来事をそれぞれ教えてください。

チャントモンキー「私は初のバンド編成での東北ツアーがいちばん思い出に残ってます。バンドでやるのは憧れでもあって、生音のライヴ感とか、その日にしかできないことができるライヴらしさがあって、〈こういうライヴもっとやりたいな〉って思えるツアーでした」

イトー・ムセンシティ部「私は、ライヴで歌い続けてきた“TOUCH ME”をシングルで出せたことです。曲をいただいた頃は世の中も自分もナイーヴな時期だったんですけど、この曲を歌えたことと届けられたことが幸せな思い出として残っていて。シングル化したらまた聴こえ方が変わって、研究員への感謝とか、いろんな気持ちを教えてくれた大事な曲をリリースできたのが嬉しかったです。そのMV撮影で実家に戻ったのも、〈エモいことしちゃったな〉と思ったし(笑)」

ネオ・トゥリーズ「エモいね。私はロックなレジェンドの先輩たちの曲を歌ったカヴァー・アルバム『BiS DiVE into ROCKS』です。BiSとしても個人でも吸収したり学ぶことが凄く多かったし、何よりバンドの皆さんのおかげでBiSを知ってくれた人がたくさんいて。音楽で人と人が繋がれるのって凄いことだし、BiSにとって大きい一歩を踏み出せたかなって思います」

――4人で最後の作品という意味合いもありましたね。では、トギーさんは?

トギー「私は、新メンバー募集を渡辺(淳之介:マネージャー)さんから告げられた時ですね。ビックリしたけど、〈どうなるの?〉っていう不安よりは〈これから良くなる気がする!〉みたいなフィーリングがピコン!って……何て言うんだっけ。ス、スピリタス」

ティ部「違うな、それ全然たぶん違うな」

――スピリタスは酒です(笑)。

ネオ「ヤバッ(笑)」

トギー「スピリチュアル?」

――インスピレーション?

トギー「そう! インスピレーションが湧いて。渡辺さんもBiSが何段階も上に行けるように加入を決めてくださったので、2021年の大きい出来事と言えばそれかなって」

――BiSのメンバー募集は久しぶりでしたが、皆さんはどう受け止めましたか?

モン「〈良くなる気がする〉っていう謎の感じはありましたね。4人で凄くがんばってきたけど、もっと上に行くために進化できるか試されてるんじゃないかなって……勝手に試されてるって思いました(笑)」

トギー「別に〈このまま4人で続けるのは良くないかも〉って考えてたわけじゃなくて、ちゃんと自信を持って4人でがんばってたけど、それでも〈いいじゃん!〉って思えたのは不思議なんですけど。何でだろうね?」

ネオ「わかんない。私も良い意味でウワーッって鳥肌が立った。嬉しいというか、楽しみだなと思いました」

ティ部「そこは全員めちゃくちゃ前向きでしたね。おもしろいことがしたくてBiSに入ったんですけど、何かしらの変化があるのって自分も見てる人もおもしろいと思うし、どうなるかわからないものに飛び込んでいくのが私は楽しいので、それをBiSでできるのが凄く嬉しかったです。どうなるのか自分たちでも楽しみでした」

ナノ3

――よかったです。ナノさんはどういうきっかけで応募したんでしょうか。

ナノ3「もともといろんなアイドルが好きで観てて、BiSHさんからWACKを知って、そこからBiSも観るようになって。で、オーディションがあるのを見て、やってみたいという気持ちだけですぐ応募しました」

――過去にオーディションの経験は?

ナノ「なかったです。初めて受けました」

――なぜ今回は受けようと思えた?

ナノ「わからないです(笑)。将来やりたいことが何もなくて、自分は何やるんだろうって自分でも思ってて、その時に告知を見て〈あっ、やりたいな〉って……」

トギー「インスピレーションだ(笑)」

ナノ「そう、インスピレーション(笑)。ビビビッてきた感じです」

トギー「あと、面接でナノが事務所に来た時に、たまたまエレベーターで4人とバッタリ会っちゃって。全員で会った候補者の子ってナノだけなんですよね」

ナノ「〈あっ、あ~〉って、ビックリしたよ」

ティ部「〈たぶん受けに来た子だね〉〈めっちゃ可愛かったね〉とか話してたら、その子が加入してきたっていう(笑)」

トギー「そう。ネオがさ、〈あの子、入るんじゃない?〉とか言ってた」

ネオ「顔合わせの時にビックリしちゃったよね。〈あ、会った子だ~〉って(笑)」

タグ
関連アーティスト