INTERVIEW

ジュリアン・ベイカー(Julien Baker)が語った故郷での生活と不眠症、タトゥーの由来

明かりを消して、自分自身と向き合う

ジュリアン・ベイカー(Julien Baker)が語った故郷での生活と不眠症、タトゥーの由来

昨年10月にリリースしたセカンド・アルバム『Turn Out The Lights』でその評価を決定的なものとし、1月末に開催した初来日ツアーは東京・大阪いずれもソールド・アウトを記録するなど、いまもっとも注目のシンガー・ソングライターといっても過言ではないUSメンフィス出身の才媛、ジュリアン・ベイカー。ライヴの模様は筆者がBeatinkのサイトに寄稿したレポートを読んでもらうとして、1月26日の東京公演の前日、まだ雪が残る東京で束の間のオフを過ごしていた彼女にインタヴューを行った。

想像以上に小柄でフレンドリーなジュリアンは、ステージと同様に全身黒の装いで登場。新作についての情報や考察はすでに詳しい記事がアップされているので、今回は彼女の幅広い交友関係や歌詞、音楽的ルーツ、人々の心を揺さぶる歌声について、そしてタトゥーの由来などパーソナルな質問を多めにぶつけてみた。2015年の前作『Sprained Ankle』では薬物依存や交通事故による瀕死体験を生々しく綴っていた彼女だが、今作においてもっとも優しく叙情的なナンバー“Hurt Less”で〈今年から運転中にシートベルトをすることにした〉と歌われているように、〈ちゃんと生きていこう〉という人生観の変化が見て取れる。それは、長年親しんできたタバコをやめたり、コーヒーをデカフェに変えたりという些細なエピソードにも表れている気がするが、心身ともにリフレッシュしつつあるその顔は実に晴れやかだ。

とはいえ、友人のアーティストや大好きなバンドについて目をキラキラさせながら喋り倒す姿は、ピュアな音楽ファンそのもの。ジュリアン・ベイカーの途方もない才能とキュートな素顔に、ぜひ骨抜きになっちゃってください。

★ジュリアン・ベイカーが向き合い続けた痛みや孤独、悪魔との共存…気鋭SSWの新境地を「サバービアの憂鬱」大場正明が考察
★ジュリアン・ベイカー『Turn Out The Light』 出口の見えない不安定や過去の深い傷をさらし、全米中から共感を集める彼女の第二章


関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop