2018.10.18

松本素生のパーソナルな世界観をバンドが支えるスタイルから一歩踏み出し、鍵盤を加えた力強いグルーヴを打ち出す新作。前半はアコースティックに、後半はバンド・サウンドで盛り上がる“アワーハウス”“もしも”“返信”、中澤寛規が歌う90sのインディー・ロック的な“スターシェイカー”などライヴで聴きたい良曲が多数。中堅バンドマンの現実を吐露する詞も以前より朗らかで前向きに聴こえる。デビュー20周年おめでとう。

関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop