インタビュー

King Gnu『Sympa』 ブレイク必至のクリエイティヴ集団が刺激的なメジャー・デビュー作で誘う共鳴とは?

Page 2 / 2 1ページ目から読む

共鳴して繋がったメンバーたちの参加作品を紹介!

 もともと常田と石若駿が結成し、勢喜と新井も名を連ねた前身バンド=Srv.Vinciの頃から彼らの才気に注目していたという人は多いだろう。その活動時点で常田はソロ・プロジェクトのDaiki Tsuneta Millennium Parade(DTMP)として2016年にアルバム『http://』を発表。新井や石若、WONKのメンバー、ermhoiらが参加した同作は、彼の動きに共鳴する才能の見本市でもあった。King Gnuが動きはじめた2017年には米津玄師の“爱丽丝”を共同プロデュースして注目された常田だが、DTMPとしてはTempalayのリミックスやWONK作品のインタールードにも参加。WONK仕切りの企画盤『MONK's Playhouse』にも“bit”を提供している。一方、企画盤ではMELRAWの“Think Of One”にて新井がベースを弾いている点にも注目。新井はモデル/ピアニストの甲田まひる a.k.a. Mappyの処女作『PLANKTON』でも石若とのトリオ編成で演奏してもいて、今後はKing Gnuの飛躍と共に個々の活動もさらに広がっていくだろう。 *轟ひろみ

関連アーティスト
TOWER DOORS