2019.02.05

実験/即興音楽を背景に持つHEADZ発の歌ものバンドによる3作目。ジャズやボサノヴァのマナーを用いつつ、構築的なリズム・アレンジと大胆なギターワークを組み合わせたアヴァン・ポップはさらなる高みへと到達し、その他の短編ズをフィーチャーしたタイトル曲に象徴される、軽やかさと切実さが同居した都市生活者のセンチメントがグッと来る。吉田ヨウヘイgroupとザ・なつやすみバンドの間にスッと挿み込みたい。

関連アーティスト
40周年 プレイリスト
pagetop