連載

【Mikikiの歌謡日!】第39回 TWEEDEES、ORANGE RANGE、KEN ISHII、ALFRD……今週のトキメキ邦楽ソング

【Mikikiの歌謡日!】第39回 TWEEDEES、ORANGE RANGE、KEN ISHII、ALFRD……今週のトキメキ邦楽ソング

Mikiki編集部のスタッフが〈トキめいた邦楽ソング〉をレコメンドする週刊連載、〈Mikikiの歌謡日!〉。更新は毎週火曜(歌謡)日、新着楽曲を軸にマイブームな音楽を紹介していきます。紹介した楽曲は下記SpotifyとYouTubeのプレイリストにまとめているので、併せてどうぞ◎ *Mikiki編集部

★〈Mikikiの歌謡日!〉記事一覧

Spotifyのプレイリスト
 
YouTubeのプレイリスト

 


【小峯崇嗣】

ALFRD “Bury”

先週TOWER DOORSが紹介したシンガー・ソングライター、ALFRD(アルファルド)の楽曲をピックアップ。

美しく甘美、そしてミニマルなR&Bサウンドである前半から、曲の半ばあたりからリズムにトラップを取り入れ曲調を一変させてしまう新感覚な一曲。個人的にはトラヴィス・スコットの去年の名曲、”Sicko Mode”のリズムを一変させる部分に似ていると感じました。

ALFRDが気になった方は、TOWER DOORSが行ったメール・インタヴュー〈6つの質問〉を併せて読んでみてください!

 

【酒井優考】

TWEEDEES 『Béret e.p.』

私、頭が大きくてほとんどの帽子がかぶれないのですが、TWEEDEESがCA4LAとコラボしたベレー帽に新曲が付いてくると聞いた時は己の頭を呪いました。その帽子に付いてくる新曲2曲は英語ver.でしたが、この度その2曲の日本語ver.が配信でリリース。公園で踊りたくなるような“Me & My Béret”と、ダンスフロアーで踊りたくなるような“Béret Beast”。ベレー帽に、ベレー帽をテーマにしたこんな美しい曲が付いてくるなんて、なんてTWEEDEESらしくてお洒落なんでしょう。

 

ORANGE RANGE “Enjoy!”

どストレートな元気ソングなんだけど、〈行動〉と〈コード〉で韻を踏んで、その後〈コードはD B Fm G A〉ってコード進行をそのまま歌詞にしてるのに笑っちゃいました。

 

SAKA-SAMA “おやすみジュディ”

前々回で紹介したラブワンダーランド + テンテンコと同じく足立大輔さん(Emerald Four/ラブワンダーランド)の詞曲。快晴のキラキラではなく、曇り空とか霧とかのキラキラ。

 

椎名林檎と宇多田ヒカル “浪漫と算盤 TYO ver.”

別にここは椎名林檎の新曲が出たら必ず紹介するコーナーではないのですが……。

 

【天野龍太郎】

毛玉 “RPG”

やばい! ノートPCの充電器を家に忘れてきた!!

そういうわけで、今週は一曲入魂でご紹介いたします。先日、山田光も参加したというワンマン・ライヴが話題だった(行けませんでした)、毛玉の新曲。岸真由子(キーボード/コーラス)と深田篤史(ギター)という2人の新メンバーが加入して初めての曲でしょうか。リズムはボサノヴァ風ですが、歌モノポップスとしてメロディーの美しさが際立っています。ミュートやハーモニクスをつかったギターの音が絡まり合っていく間奏に、毛玉らしさが凝縮されているような。年初に掲載したインタヴューもぜひ読んでみてください。

来週は10曲くらい紹介することになりそう。編集部内でひんしゅくを買いそうです。

 

【田中亮太】

KEN ISHII “Bells of New Life”

95年のテクノ・クラシック“Extra”へのオマージュも話題のMV。子供たちが革命を起こすストーリーはいつだって最高。ダンス・ミュージックの有効性について考えることの多い2019年です。

 

【高見香那】

KIRINJI “「あの娘は誰?」とか言わせたい”

2019年のベストタイトル賞を受賞するらしい、と風のうわさで聞きました。Mikikiで掲載されていた、高樹さんの書く歌詞について考察されたレヴューが最高で、ここのところは高樹リリックの検索に熱中する日々でした。いつも見上げてばかりのタワマンを今夜見下ろしている「あの娘は誰?」とか言わせたい女性の気持ちがどうしてわかるのか。

TOWER DOORS