2019.08.05

創作手法の刷新と、さらなる飛躍を体現してみせる4作目。初めて本格的に外部との共作に挑んでおり、原昌和(the band apart)と組んだスティーリー・ダンへのオマージュ曲や、POLYSICSのハヤシヒロユキとのアシッドでニューウェイヴな新機軸を聴かせるほか、HAWAIIAN6の安野勇太、Base Ball Bearとも真正面から切り結んでいる。自作曲も実に軽やかで抜けが良く、この表題も相応しい快作だ。

TOWER DOORS
pagetop