連載

フルカワユタカが選ぶ〈コロナ時代の1曲〉

【アーティストと音楽関係者が選ぶ〈コロナ時代の1曲〉】

私たちの日常の風景をすっかり変えてしまった、コロナ禍。それはまた、私たちの音楽の聴き方にも少なからず影響を及ぼしたと思います。以前好きだった音楽を受け付けなくなったり、あるいはそれまでスルーしていたような音楽に突如として心を奪われたり……。

そこでMikikiでは、ミュージシャンやレーベル関係者、レコード・ショップ関係者、ライブハウス関係者など音楽に関わって仕事をする人々に〈コロナ禍以降、愛聴している1曲〉を訊ねる新連載をスタート。その回答は一人ひとりのいまの心情を映し出すと同時に、災いに見舞われた人々に対して音楽がどのような意味を持つのか、そのヒントにもなるのではないでしょうか。 *Mikiki編集部

【アーティストと音楽関係者が選ぶ〈コロナ時代の1曲〉】記事一覧はこちら


 

フルカワユタカ

2005年DOPING PANDAのフロントマンとしてメジャー・デビュー。4枚のアルバム・リリースと全国ツアー、海外を含む数々のロック・フェスに出演するなど、2000年代後半を代表するバンドとしてシーンを牽引。惜しまれながら2012年解散。2018年1月には自身のキャリア20年とソロ活動5周年を記念して、新木場studiocoastにて主催イベント〈5×20〉を開催。2020年にはソロ・キャリア初のベスト・アルバム『傑作選』をリリース。最新作は2021年6月リリースのEP『YF 上』。

 

コロナ禍以降、特に愛聴している1曲は何ですか?

Electric Guest “More”(2019年作『KIN』収録)

記憶が曖昧だったので今調べたら、コロナ禍のちょっと前のリリースでしたから、ヘビロテしてたのはコロナ禍前かもしれません……。が、〈コロナ禍以降よく聴いている(た)曲は?〉でパッと出てきたのがコレでした。

最初の緊急事態宣言の時、散歩しながらこれが収録されてるアルバムをずっとリピートしてたような気がするんですよね……。うん、多分そうだったと思います(笑)。

 


RELEASE INFORMATION

リリース日:2021年6月9日
レーベル:SONY MUSIC ARTISTS
品番:SLRL-10069
配信リンク:https://lnk.to/EWQiC2

 

LIVE INFORMATION
フルカワユタカ ONE MAN TOUR「YF」前編

チケット代:4,400円(税込/Drink別)
一般発売:2021年6月5日
販売URL:https://eplus.jp/furukawayutaka/

2021年6月26日(土)大阪・梅田Shangri-La
時間:開場 16:30/開演 17:30

2021年6月27日(日)愛知・名古屋APOLLO BASE
時間:開場 16:30/開演 17:30

2021年7月2日(金)東京・渋谷WWW
時間:開場 17:30/開演 18:30

★詳細はこちら

関連アーティスト
TOWER DOORS