羊文学 『きらめき』 ヨ・ラ・テンゴに通じる気持ち良さの5曲入りEP

2019.08.06

〈女の子というテーマで音を鳴らすことを通じて本当の自分を認めることに挑んだ〉という5曲入りのEP。ジャングリーなギター・ポップを鳴らす“あたらしいわたし”“ロマンス”は確かにガーリー度高めだが、ひねくれたコード進行やファズ・ギターはやはり彼女たちらしい。ゆったりとしたリズムとアルペジオによるまどろみのなか、塩塚モエカが自由に歌を泳がせる“優しさについて”は、ヨ・ラ・テンゴに通じる気持ち良さ。

関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop