2019.10.24

前作のファースト・アルバム『Pandora』で日本のジャズ・シーンに衝撃を与えた武田理沙の待望の新作。作詞、作曲、編曲、ピアノ、ドラム、ヴォーカル、ミックスを一人で担当する武田だが、その音楽スタイルはジャズ、現代音楽、ロック、エレクトロ等々…多種多様な音楽から雑食的に影響を受けたものと思われるが、本作は前作と比較するとかなりポップス(とはいえ、かなり屈折した)よりの展開となっている。《ゼロと無限のQ明》《断頭台の灯》《スーサイドスター》など見事な現代的なポップスとなっているが、その才能に息をのむ。

関連アーティスト
40周年 プレイリスト
pagetop