イベント&ライブ・レポート

安全地帯の見事な〈さよならゲーム〉――甲子園球場での初公演をレポート

Photo by Ryo Kato
 

安全地帯が初となる兵庫・阪神甲子園球場でのコンサート〈安全地帯 IN 甲子園球場 “さよならゲーム”〉を11月16日に開催。ドラマーの田中裕二が療養のため欠席というアクシデントもあったなか3万8000人のファンを魅了した公演のレポートが届けられた。以下に全文を掲載する。 *Mikiki編集部

 


「世界中が愛で溢れますように/世界に愛と平和を…V 安全地帯」。11月16日の土曜日の午後、全国の野球ファンたちの聖地として知られる阪神甲子園球場での、安全地帯として初となる公演〈安全地帯 IN 甲子園球場 “さよならゲーム”〉が行われた。冒頭のメンバーによる公式コメントのVとは、デビュー以来37年に渡って活動をともにしてきた5人のメンバーを意味するもの。ステージ後方のバックスクリーンに掲げられたVと記した5つの旗のもとに約3万8千人の大観衆が集結して行われた今回の公演は、約30年ぶりのスタジアムライブにして、長きキャリアを重ねて進化を続けてきた彼らの集大成を示すステージとなった。

陽光が射す秋晴れの大空の下、オーディエンスからの大きな歓声に迎えられてメンバーが登場すると、83年11月に4枚目のシングルとして発表され安全地帯として初のチャート1位を制した“ワインレッドの心”のB面収録曲“We’re Alive”からライブはスタート。「見渡す限りの甲子園球場に」と歌詞を歌い替えて冒頭から喝采を集め、その後も“情熱”“銀色のピストル”と続け、サイレンの音からタイトル通りに91年に発表しアルバムの冒頭を飾ったシリアスなタッチの歌詞も印象的な“1991年からの警告”へ。甲子園球場という大舞台にふさわしいダイナミックかつロッキンなナンバーを次々と繰り出して熱気を高めていった。

続いて、ターンテーブリストのDJ 1,2が繰り出すファンキーなビートに乗せてダンサブルに転じ、曲に合わせてステージ前方から火柱が上がる演出も興奮を誘った“熱視線”、ロマンティックな歌い出しから歓声が上がった“好きさ”など。尽きることのない名曲を次々とプレイしてさらなる熱狂を甲子園にもたらすと、前半のクライマックスと呼べる玉置(浩二)のボーカルの表現力の豊かさが映える人気メロウ・チューンの三連打へ。“恋の予感”“碧い瞳のエリス”“Friend”と、圧倒的なまでの陶酔感とソウルフルな高揚感をもって聴く者に迫る玉置の歌は、近年にソロとしてフル・オーケストラとの共演を意欲的に重ね、歌い手としてさらなる頂点を極めた現在ならではの凄みを再認識させた。

そして、心地よいインスト”夕暮れ”を挟み、衣装をチェンジした玉置が再登場しての後半は、名曲”夢のつづき”からメロウかつセンチメンタルに幕開け。日が暮れてきたシチュエーションとも絶妙にシンクロしながら叙情的なピアノに導かれての”あなたに”、そして玉置も再びギターを手にして哀愁味に溢れたギターのイントロから歓声が上がったお待ちかねの名曲”ワインレッドの心”、スケールの大きな曲展開で徐々に高揚させる”蒼いバラ”と立て続けに人気チューンを重ねると、続く”真夜中すぎの恋”では、一転してダンサブルなビートと激しいスクラッチを響かせながらスタジアム公演らしいアッパーなモードへ。雰囲気を一変させると、曲間では玉置がギターを抱えたままステージから降りて、阪神甲子園球場の外野センターからライト、一塁側、ホームベース、三塁側、レフトと広大なグランドの外周を走り抜けるというサプライズに場内はさらに熱狂し、ロングランニングを終えた玉置がステージ上に戻ってくると、ファンク色の強いグルーヴとお馴染みのホーン・リフを伴って”じれったい”へと突入。甲子園球場を怒涛のピークタイムへと誘った。

本編のクライマックスは、ドラマーの田中の代役を務めたホセ・コロンを含むメンバー全員の紹介を挟んで、会場全体から自然に起こったハンドクラップを伴いながらの”悲しみにさよなら”へ。曲後半には客席にシンガロングを求めて一体感をさらに高めた。すっかり日が暮れてきた中で奏でられたラストの”ひとりぼっちのエール”では、曲の後半にファンたちが携帯電話の画面をライト代わりに掲げ、甲子園全体が光の渦に覆われていくようなフィナーレを演出したのも感動的だった。

Photo by Ryo Kato

 

アンコール前にはステージ上のスクリーンに、入場時に配られていたジェット風船を膨らませてご準備くださいという文言が映された。やがて場内が白いジェット風船で鮮やかに埋め尽くされると、ロック・チューンの”I LOVE YOUから始めよう”が奏で始めると共に風船が一斉に宙を舞う。そんな甲子園ならではの演出で会場が再び盛り上がりをみせると、後半にはカラフルな花吹雪も舞っての大団円へ。

続くアンコール2曲目の”あの頃へ”では、スクリーンにメンバーの出身地である北海道を連想させる雪山の映像が映されて情緒を高めると、エンディングにはステージ上に白い雪が美しく舞い始め、まさに公演タイトル通りの見事な完全試合の〈さよならゲーム〉で歴史的なステージを締めくくった。

関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop