コラム

「映画秘宝」休刊に寄せて――ブルース・リーに食人映画、日本一売れている映画雑誌がくれた勇気と出会い

「映画秘宝」休刊に寄せて――ブルース・リーに食人映画、日本一売れている映画雑誌がくれた勇気と出会い

日本一売れている映画雑誌「映画秘宝」が、1月21日発売の3月号をもって休刊します。以下の文章は、「映画秘宝」のいち読者の思い出をただただ書き連ねたものであることをお許し願いたい。

1996年夏、高校2年生だった自分は「映画秘宝」創刊前の名著「悪趣味洋画劇場」(94年)と出会ったことでそれまでの価値観が崩壊。堂々と「燃えよドラゴン」(73年)や「ゾンビ」(78年)や「食人族」(80年)が最高!と言っていいんだ!と、「映画秘宝」に自信と勇気をもらい、その後はまわりの友人を〈秘宝ガイズ〉にすべく、「デス・レース2000年」(75年)や「人喰族」(84年)のビデオを(半ば強引に)鑑賞させていました。相手のことを考えるとまったくもって迷惑な話で、彼らが今でも友情を続けてくれていることは感謝の念に堪えません。

また、「ワイルド・パーティー」(70年)、「直撃地獄拳 大逆転」(74年)、「太陽を盗んだ男」(79年)、「エド・ウッド」(94年)、「ブギーナイツ」(97年)など自分にとって〈オールタイム級〉に好きな作品と出会わせてくれたのも「映画秘宝」でした。

さらに、ことあるごとにブルース・リーの勇姿を拝ませてくれた「映画秘宝」。ムック時代の名作「ブルース・リーと101匹ドラゴン大行進!」(96年)のあとがき的なページでの、編集部に降臨したリー師匠の言葉に涙したのは言うまでもありません。嘘ですけど。

タグ
TOWER DOORS