PR
COLUMN

【中止】スティーヴ・ガッド(Steve Gadd)、ダン・ヘマー(Dan Hemmer)、ミカエル・ブリッチャー(Michael Blicher)――超絶トリオが来日!

【中止】スティーヴ・ガッド(Steve Gadd)、ダン・ヘマー(Dan Hemmer)、ミカエル・ブリッチャー(Michael Blicher)――超絶トリオが来日!

*2020年3月10日追記
〈MUZA JAZZ NIGHT Vol.3〉中止のおしらせ

2020年3月18日(水)にミューザ川崎シンフォニーホールで予定されておりました〈MUZA JAZZ NIGHT Vol.3〉は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止となりました。詳細は川崎シンフォニーホールのオフィシャルサイトをご確認ください。

https://www.kawasaki-sym-hall.jp/news/detail.php?id=1240


 

「ドラムは叩くんじゃなくて奏でるのだよ、しかも常にグルーヴィーにね」

 2019年11月に発表されたミカエル・ブリッチャー(sax)、ダン・ヘマー(org)、スティーヴ・ガッド(ds)からなる〈ソウル・ジャズ・トリオ〉の作品『Get That Motor Runnin’』を聴いて、益々、スティーヴ・ガッドのドラムが好きになってしまった。音色、グルーヴ、質感、空間、ダイナミクス、すべてが極上で、あわてて既発の『Blicher Hemmer Gadd』(2014年)、『Omara』(2018年)をゲットした次第。いいですよこのトリオ、すごくいい。

 トリオの目玉であるドラマー、〈ドラム・ゴッド〉(Gadd=God?)と称されるスティーヴ・ガッドは、1945年4月9日、アメリカ、ニューヨーク州ロチェスター生まれの、御齢74歳!(もうすぐ75歳!) 幼少の頃よりドラム、さらにタップ・ダンスでも天才的な才能を発揮。70年代ですでにマーチング・スネア・ドラムのテクニックである“ルーディメンツ”をドラム・セットに応用した革新的ドラミングで世界を席巻。クロスオーヴァー~フュージョン界を代表する世界No.1ドラマーとなる。チック・コリアや、後年のミシェル・ペトルチアーニとの一連の活動などはその最たるもの。

 しかし、そのドラミングはジャズ/フュージョンの枠には到底収まるわけはなく、ポール・サイモン、スティーリー・ダン、エリック・クラプトン、ジェイムス・テイラーなどなど、ジャンルを軽々と超越して膨大な数のアーティストの音楽をまた別の次元へと運ぶ。さらに〈スタッフ〉や〈ガッド・ギャング〉など、自身のバンドでも〈ガッド節〉と言われる強烈な個性を注入して音楽を創り上げる。総じて驚異的なテクニックを駆使しつつも、常にそのドラミングには〈歌〉があり、逆に〈何もしない〉レイドバックしたリズムも素晴らしくお見事なのである。

タグ
関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop