PR
インタビュー

ユカリサの3つの声=山崎ゆかり、中川理沙、吉野友加が語る新たなデビュー作『WATER』

「積み上げたものをゼロにして作るのは挑戦でした」

Page 6 / 6 1ページ目から読む

これからユカリサに塗り重ねられていく〈色〉

――そこも“musuitai”で意識したことにつながっているかもしれませんね。ちなみに、ユカリサが、なんとなくモデルにしている音楽はあるんですか?

山崎「ないですね、特には。この3人でできることをやりたいなと思ってるだけです」

吉野「特に〈こうだ〉みたいなものはなかったですね。でも3人でやったら楽しいからなにかはできるだろう、っていう感覚でした」

――むしろ、アルバム・タイトルにもなっている水のイメージとかですかね。

山崎「うーん。水のイメージというか、最後の“WATER”で、〈それってなに?〉って訊いてるセリフがあるんですけど、私のなかではその答えは〈WATER〉なんですね。やっぱり人を作ってる必要なものだから〈WATER〉にしたいと思いました。

アー写を最初に撮った時点で曲もぜんぜんなかったので、そういうのもあったかな。この写真が自分にとってのひとつのヒントというか、ユカリサを作っていくうえでの枠になりました。

これがなかったらイメージが無限大になってしまって、無限大だとつまらなくなってしまうので。ちょっとした囲いがあったほうが、そこからあふれ出る感じがあって面白いかな」

中川「私も、“musuitai”を聴いたときに水のイメージがあったんです。“みずうみ”“声のしずく”も、たまたま水のことを考えながら作った曲でした」

――“musuitai”は〈無水帯〉と頭のなかで漢字を当てはめて考えることもできるし、そういう意味でも水のイメージは関わってるんでしょうね。

山崎「まずここで『WATER』というアルバムを出すことで、自分たちのなかで一色が敷かれた感じで。その上にどういう色が重ねられていくのかは、このアルバムのライブをしていくことで、また見えるものが違ってくるだろうという気がしてます」

 


LIVE INFORMATION
ユカリサ『WATER』Release Live

2020年4月25日(土)埼玉・川口 senkiya ※中止

いつもユカリサを応援していただきまして、誠にありがとうございます。
2020年4月25日(土)埼玉senkiyaにて予定しておりました『WATER』Release Liveですが、この度の新型コロナウイルスの感染拡大の影響を踏まえ、実施は難しいと判断しまして、今回の公演を中止させて頂くことになりました。
本公演を楽しみにしていただいておりましたお客様には、大変ご迷惑お掛け致します。
また、このようなご案内となりましたことを心よりお詫び申し上げます。
本公演をご予約されておりましたお客様につきましては、取り消しとさせていただきますのでご了承ください。
またこの状況が終息され、平穏が戻りましたら、改めてsenkiyaさんでのユカリサLIVEを開催できたらと考えております。
どうぞよろしくお願い致します。

2020年5月14日(木)京都 磔磔
開場/開演:18:30/19:30
前売り/当日:4,000円/4,500円(いずれもドリンク代別)
ご予約:チケットぴあ(Pコード:177177)/e+磔磔(メール予約)

2020年6月18日(木)東京・渋谷 WWW
開場/開演:19:00/19:30
ゲスト:須田洋次郎(ミツメ)
前売り/当日:4,500円/5,000円(いずれもドリンク代別)
ご予約:チケットぴあ(Pコード:177-446)/チケットぴあ電話予約(0570-02-9999)/ローソンチケット(Lコード:73244)/e+
※会場には一部座席のご用意がございます。数が限られておりますので予めご了承ください

※各公演について今後、変更の可能性がございます。詳しくはユカリサのオフィシャルサイトをご確認ください

TOWER DOORS