インタビュー

星野みちる 『E・I・E・N Voyage』 Part.1

満天のMaiden Voyageから1年、シングル四連星に続いて到着したのは名曲だらけのニュー・アルバム! カラフルに煌めくポップな星々が夏空に描き出す星座の形とは……

星野みちる 『E・I・E・N Voyage』 Part.1

ひとつのチームとして

 「プロデューサーのはせ(はじむ)さん、佐藤(清喜)さん──みんなで作ってる感はずっとありますね。誰かが欠けたら、たぶん無理。ひとつのチームになってるから、お二人にはいっしょにジャケットに写ってほしいぐらい(笑)」。

星野みちる E・I・E・N Voyage HIGH CONTRAST/ヴィヴィド(2014)

 類い希な表現力や声質、個性を持ったひとりの女の子が、腕利きの作家陣と共に作り上げた楽曲によってその個性をさらに光らせていく。松田聖子松本隆菊池桃子林哲司斉藤由貴武部聡志……アイドル黄金期における名タッグがそうであったように、絶対的な信頼関係があったうえでの共同作業から生み出されたポップソングを通じ、リスナーに愛しさと恍惚を与えてくれる彼女──星野みちるは、いまこの時代において稀有なアイドルだ。

 「今年で29歳になるのに、〈NO MUSIC, NO IDOL.〉のポスターまでやらせていただき……イイのかなあって(笑)」。

 いやいや、チャーミングなそのルックスとキャラクターもハイセンスな音楽への入口になっているはずで、そういう意味でのアイドル性は間違いなく十分でしょう。そういった概念の話はともかく……AKB48のオープニング・メンバーからソロ・シンガーへと転身した彼女。しばらくは〈足踏み〉に近い状態だった数年を経て現在のプロデュース・チームと出会い、新たな世界観を打ち出したファースト・アルバム『星がみちる』をリリースしたのはちょうど1年前。いわゆる〈界隈〉の外から作家陣を招いたアイドル作品はことさら珍しいものではありませんでしたが、最終的にアウトプットの役割を果たす歌い手のセンスによって得も言われぬ切なさや輝きを放った彼女の楽曲は、〈楽曲派〉を自認するファンはもとより、80年代アイドルの華やかさや色っぽさを知る往年のリスナーや、それ以外の音楽好きにも強く訴えかけるものでした。

【参考動画】星野みちるの2013年作『星がみちる』収録曲“私はシェディー”

 

 「いままでは、音楽というよりも〈星野みちるが好き〉っていうきっかけで聴いてくれる人がほとんどだったんですけど、いまのチームで作るようになってからは、〈この曲はあれだよね?〉とか……音楽通の人って言えばいいんですかね、新しい人たちがライヴにも来てくれて。そういうのは嬉しい変化ですよね」。

 

前に進んでいく意志

 そんな感じで、状況を着々と上向きにしてきた彼女が、2014年に入ってまず始めたのが、4か月連続でのシングル(7インチ付き)リリース。3月のアーバンメロウ・チューン“離して、、、”を皮切りに、サンバ・テイストの“楽園と季節風”、ナイアガラ・サウンドを匂わせた“雨の中のドリーマー”、メロディアスなライト・ソウル・ナンバー“恋のファンフェアー”──いずれもキャラ立ちした楽曲で、彼女の頼もしさをよりいっそう感じさせてくれるものばかり。そして、そんなシングル群を中心に編まれたのが、このたび届けられたセカンド・アルバム『E・I・E・N Voyage』。名前にちなんで前回同様に〈星〉をテーマに敷いたメイン・ヴィジュアルと、中東あたりへとトリップさせられるようなミディアム・スロウ“サテライト”やダビーなタイトル・チューンなどの新曲群も眩く、うっとりするようなグランヴューを見せてくれる。

  「昨年秋の限定シングル“マジックアワー”から始まって、4か月連続リリース、それから『E・I・E・N Voyage』……こんなに音楽と向き合った一年はなかったです。はせさん、佐藤さんにもたくさん助けていただいて、無事アルバムを完成することができました。自分で書いた“ムーンライトに誘われて”という曲がアルバムの1曲目になっているんですけど、イントロからドラマティックなアレンジで、前へと進んでいく強い意志が歌詞のテーマになっているんです。“サテライト”や“E・I・E・N Voyage”といった曲では、音の中に私の歌が融け込んでいくような感覚も楽しんでもらえたらなって思います」。

 この号が出た直後、7月27日に東京・club asiaで開催されるワンマン・ライヴにおいては、WACK WACK RHYTHM BANDのメンバーを中心としたバンドがバックを固めている。さらにはクボタタケシ小西康陽西寺郷太ミッツィー申し訳 a.k.a. Michelle SorryらのDJも盛り立て……名だたるミュージシャンたちが好意的に集まってくる感じは、なかなか微笑ましくもあり、星野みちるを巡る状況がただならぬ展開になっていきそうな予兆を感じさせる。

  「バンドの皆さんと初めてリハーサルをしたとき、ブラスの入った豪華なバンドで歌うことも初めてだったので、イントロから鳥肌が立って……感激しました! こういったことも、まわりの方々のおかげで実現できたことだと思うので、これをきっかけに大きく前へ進みたいと思います!」。

 

▼星野みちるの作品

左から、2013年作『星がみちる』、ライヴDVD「BACK TO THE EARTH~Live On A Starry Night~」(共にHIGH CONTRAST/ヴィヴィド)

ジャケットをクリックするとTOWER RECORDS ONLINEにジャンプ

 

 

 

 

▼星野みちるの4か月連続シングルを紹介

左から、3月の“離して、、、”、4月の“楽園と季節風”、5月の“雨の中のドリーマー”、6月の“恋のファンフェアー”(HIGH CONTRAST/ヴィヴィド)。いずれも7インチのアナログ盤付きで、アルバム未収録曲もいくつかあるのでスルー厳禁!!
ジャケットをクリックするとTOWER RECORDS ONLINEにジャンプ

 

タグ
関連アーティスト
TOWER DOORS