連載

【tofubeatsの棚の端まで】第90回『TBEP』――レコードでリリースされた自身の最新作を解説!

騒ぐ人々の中でひとりで揺れているような……そんな2020年の作法でお送りする連載!

 最近事務所の床から水道管が破裂して水が出てきまして断水中なtofubeatsです。依然リイシューとか昔のレコードを買う比率が多めの最近ですが、皆様いかがでしょうか。たまには新譜の話を……としらじらしく自作タイトルを紹介です。

 そういえばフィジカルで出るのが今になってしまったので取り上げるのが遅れてました。本年3月に配信された私tofubeatsのミニ・アルバム『TBEP』がレコードでリリース。今回はCDのリリースはないのでフィジカルはこちらのみになります。ついにソロ名義のオリジナル盤でもCDを出さない、みたいな時代になって参りました。ビビります。クラブ・トラックスが多めの一枚なのでレコードでプレイできるのはとても嬉しいです。何よりいつもの山根さん+GraphersRockのヴィジュアルがレコードサイズになるのは自分的にもご褒美。今作はマスタリングまで自分だったので、レコード用に出音をすべて調整し直し、カッティングに際しては本作よりワーナーミュージック・マスタリングさんにお願いしました。コレがマジで想像を上回る仕上がりでして、特にB1“SOMEBODY TORE MY P”の雰囲気などはこちらのほうが上々です。kiki vivi lily氏を迎えた“クラブ”など、みなさんに聴いてもらいたいトラックばかりです。ぜひ。

 

 実は『TBEP』に収録する予定で進行していた楽曲なのですが、そちらには間に合わずレコード化のタイミングで同発となりました。オリジナルは知る人ぞ知るシカゴ・ハウスの伝説的レーベル、DJ インターナショナルからリリースされていたタイリー率いるTCクルーのクラシックでして、この歌が入ったヴァージョンの原曲は日本からだとサブスクなどでも聴けない楽曲になっています。そんなこともあってか権利の窓口探しは難航しまして、最終的にはfacebookでタイリーに直接自分がDMを送り、やりとりを経た結果本作をリリースすることができました。こちらは45回転シングルでカップリングはインストという完全なクラブ仕様。

 


tofubeats(トーフビーツ)
90年生まれ、神戸出身のトラックメイカー。自身の作品をリリースするほか、大比良瑞希、Sexy Zone、徳利、CHEMISTRY、中島愛、土岐麻子、向井太一、m-flo、平井堅、山本彩らの楽曲を手掛けています。自身の『TBEP』と“I CAN'T DO IT ALONE”に続いては、『RUN』のリミックス集『RUN REMIXES』(UnBORDE)が配信されたばかり。KREVAとVaVaをはじめ、ゆnovationやKabanagu、yuigot、パソコン音楽クラブ、SEKITOVAが参加した注目作です。その他の最新情報は〈tofubeats.com〉にて!

関連アーティスト
TOWER DOORS