PR
コラム

サム・スミス(Sam Smith)『Love Goes』ありのままの自分自身を率直に表現した新作が描く、解放と躍動に溢れた音世界とは?

孤独と傷心で世界を包み込んだ聖なる歌声がみたび降臨。ありのままの自分自身を率直に表現した新作『Love Goes』が描く、解放と躍動に溢れた音世界とは?

新たなサム・スミス像

 サム・スミスといえば、究極の失恋ソング歌手。“Stay With Me”に代表される悲壮なバラードを歌ったときには天下一品、まず右に出る者はいないだろう。男性版アデルともいえる哀愁を帯びたソウルフルな声質、ファルセットを駆使した繊細なニュアンス。いわゆる正統派シンガーとして日本でも広く人気を獲得し、ふだん洋楽をあまり聴かないという層までを取り込み魅了した。

 ところが、そんなサムの世界に異変が起こったか?と思わせたのが、2018年夏に発表されたカルヴィン・ハリスとのコラボ曲“Promises”あたりから。艶かしいハウス・ビートに乗せて、水を得た魚のように活き活きと、しなやかに跳ね回るサムのヴォーカル。こんなに自由奔放で解放感に満ち溢れた彼の歌は、それまで聴いたことがなかったと思われたし、何かがパチンと音を立てて彼の中で弾けたかのようだった。同曲のMVには、マドンナが90年に開催した〈Blond Ambition Tour〉のゲイ・ダンサーらも出演し、当時のボールルーム・シーンやヴォーグ・カルチャーにオマージュが捧げられていた。それまでサウンド面やヴィジュアルには直結していなかったサムのLGBTQとしてのアイデンティティーが一気に噴出したという感じだろうか。なお、この曲はカルヴィン・ハリスにとってデュア・リパを迎えた“One Kiss”に続くレトロ・ハウスの連作となり、2作連続で全英1位を獲得している。

 サムのダンス路線はこの“Promises”だけに留まらず、翌2019年に入ってからはスターゲイトが制作に参加したダンス・チューン“Dancing With A Stranger”をリリース。フィフス・ハーモニーのノーマニと絶妙なデュエットを披露し、ロング・ヒットにしている。その後も、ポップス錬金術師のマックス・マーティンとイリヤが関わったポップ・チューン“How Do You Sleep?”(MVでは男性ダンサーたちに混じってサムもコレオグラフされたダンスを披露)、ドナ・サマー往年のゲイ・アンセム“I Feel Love”のカヴァー、デミ・ロヴァートと共演した勇ましいラヴ・アンセム“I'm Ready”(オリンピックを意識したMVではみずからアスリートに扮して踊り、ドラァグクイーンをハイヒールで走らせた)など、次々とダンス・チューンを投下した。

SAM SMITH 『Love Goes』 Capitol/ユニバーサル(2020)

 と、そんな前哨戦があったものだから、ニュー・アルバムは一体どこへと向かうのか?と訝っていたところ、ついに届けられたのが『Love Goes』というわけだ。この3年ぶりの3作目で、サムは前2作とは異なる新たなサム・スミス像を提示している。もちろんこれまで通りの正統派でヴィンテージなR&B/ソウル・ソングも収録されてはいるけれど、実にさまざまなベクトルを持ったポップソングが詰まっているのだ。その変化に伴って、制作陣もかなりポップに振り切った。

 例えばナイジェリア人ラッパーのバーナ・ボーイをフィーチャーした先行シングル“My Oasis”のプロダクションには前述のイリア、続いてリリースの“Diamonds”にはシェルバックやオスカー・ホルターといった顔ぶれが参加。いずれもマックス・マーティンの門下生、スウェーデン出身のヒットメイカーたちだ。さらにアヴィーチーやゼッドとの仕事で知られるロータスIVも加わって、アッパー系のポップソングに関してはスウェーデン勢でガッチリ包囲。他にもエド・シーランでお馴染みのスティーヴ・マック、ビヨンセからアデルまでを手掛けるライアン・テダーなど、ポップ界のトップランナーたちが集結している。

 一方、もっとフロア向けのダンス・チューンともなると、初期から交流のあるディスクロージャーのガイ・ローレンスが腕を揮っている。“Another One”と“Dance(Till You Love Someone Else)”の2曲での、メランコリックかつシルキーなビートの恍惚感がたまらない。

TOWER DOORS