日本ロック黎明期に異彩を放ったバンド、ロスト・アラーフ。そのメンバー、灰野敬二と髙橋廣行の監修による集大成的な2枚組CD『LOST AARAAF』が結成50周年の2020年12月30日(水)に、豪華仕様コレクターズ・エディション完全限定盤と通常盤の2種で同時リリースされる。ドラマー、髙橋廣行氏に話をうかがった。

ロスト・アラーフ 『LOST AARAAF(豪華仕様完全限定盤)』 SUPER FUJI(2020)

ロスト・アラーフ 『LOST AARAAF(通常盤)』 SUPER FUJI(2020)

 

様々な文化が渦巻いていたアップルハウス

――今年の3月に出た髙橋さんの著書「イベント仕掛人が語る『70年代ロック実話』」には、中学生の時からジャズ喫茶通い、とありますね。

「10歳くらいからラジオでFEN(現AFN)というアメリカの進駐軍放送を聴いていたので、ジャズ、ロック、カントリー、ブルースなどに触れる機会が多く、多感な年頃なのですごく興味を持っていたんだよね。

中学に入った頃から新宿のラ・セーヌや銀座のACB(アシベ)という今で言うライブハウスに通い始め、日本やフィリピンのロック・バンドの音楽に触れるようになり、その合間にジャズ喫茶に入るようになって、そこで聴いたのがジョン・コルトレーンで凄い衝撃を受けたんだよ。また、その店に置いてあったジャズ関連の本や植草甚一氏の本を熟読し、音楽だけでなく絵や映画他、多くの文化と出会ったんだ」

――最初からドラムをやろうと思っていたんですか?

「バンドをやろうと思って質屋でアンプとギターとベースを買ったんだよ。ところが、ギター2人とベースとヴォーカルが決まりドラムをやるのがいなかったので仕方なく私がやることになったんだね。忘れもしない、パールの一番安いドラム・セットを買ったんだよ」

『LOST AARAAF』トレイラー

――今回発売されたCD『LOST AARAAF』のブックレットに収めた灰野敬二さんとの対談や著書にも出て来るアップルハウスについて詳しく教えていただきたいです。ロスト・アラーフの活動にも大きく関わってくる場所ですね。

「渋谷の南平台に2階建ての一軒家があって、ビートルズのファンクラブ(ザ・ビートルズ・シネ・クラブ、B・C・C)と(ローリング・)ストーンズのファンクラブが運営していた、学校と家の中間の溜まり場的フリー・スペース、それがアップルハウスだったんだよ。2階が事務所で1階には双方のファンや家出してきた人たちがその雰囲気を自由に楽しんでいたと思う。

私は友人に誘われて通うようになり、ブルース・クリエイションの竹田(和夫)君やカルメン・マキ、天井桟敷の寺山修司さん、東京キッドブラザースの東由多加さん他、多くの方と出会った場所なんだ。

アップルハウスは広い敷地の中にあり、隣の洋館アドハウスでは当時創刊した雑誌『anan』の撮影でカメラマンの立木義浩さんや篠山紀信さん、モデルでは秋川リサさんがよく来ていた。他には寺子屋やプレハブなどのスペースがあり、毛沢東を研究している人や学生運動をしている人など、様々な人が出入りしていたと思う。

そう言えば、イエロー・サブマリンという映画サークルもあり、後に広末涼子のデビュー作(97年作『20世紀ノスタルジア』)を撮った原將人さんや、『原宿ゴールドラッシュ』という本を書いたエディターの森永博志さんもいたな。とにかく面白そうな人が多かったよ」

浅海章との出会いとロスト・アラーフ結成

――そこで、ピアニストの浅海章さんと知り合うのですね。

「そうなんだ。変わった人が多い中でも特に変わっていて、笑い方は〈フムフム〉、急に怒り出したり2週間いなくなったりして、変だったよ。大学生の浅海君から〈B・C・Cの映画上映会でピアノを弾くことになったんだけどドラムをやってくれない?〉と誘われ、ピアノとドラムのデュオで演奏し、それがきっかけでロスト・アラーフを作ることになったんだよ。

(初ライブの)場所は世田谷区民会館で曲はビートルズの“Revolution 9”(68年)。バンド名は最初はロスト・ブラックだったけど、ロスト・ア・ラーフ(失われた笑い)、次にロスト・アラーフとなった。全て浅海君が考えた」

――灰野敬二さんが加わったのは? 当初からヴォーカリストとして加入されたんですよね。

「アップルハウスの森永さんから、7月に開催される富士急(ハイランド)での〈ロック・イン・ハイランド〉(70年)というフェスの主催者・宇佐美さんを紹介され急遽出演が決まったんだよ。

野外フェスだからあと2人メンバーを探して4人くらいで演ろうということになり、1人は私の短い学生時代に知り合ったギタリスト、もう1人は宇佐美さんの紹介で前衛に興味があるというヴォーカルを入れることにした。それが灰野で、4人で一度リハをしてフェスまで2週間しかない中で曲決めをし、ロスト・アラーフのデビュー・ライブを迎えたんだよ」

――結成1ヶ月弱で大きなロック・フェスに出るって凄いですね。このフェスには山口冨士夫が参加している裸のラリーズも出演していますね。

「以前、(裸のラリーズの)水谷(孝)君と話をしたら、ちょうど彼らが会場に着いた時、私達が演奏していたと言っていた。ラリーズとは運命的な出会いで、その後急接近することになるんだけど。このフェスにはフラワー・トラヴェリン・バンド、トゥー・マッチやブルース・クリエイション他、30組近くが出ていたと思うよ」

――当初のロスト・アラーフは即興演奏が主ですが、どのようなレパートリーがありましたか? また、ヴォーカリスト・灰野敬二さんをどのように見ていましたか?

「最初はビートルズの曲をモチーフにしてたけど、すぐに浅海、髙橋、灰野、それぞれがオリジナルを作るようになったんだ。代表的なもので“アシュラ組曲”というのがあったけど、即興が多いので同じ曲でも毎回違う内容だったよ。したがって、音響設備の悪いところでは出来不出来が結構あったと思うよ。

灰野は結成当初からヴォーカルと言うよりはヴォイスとシャウトという感じで〈激闘〉という言葉が似合うステージングだった」

ロスト・アラーフのレパートリー

 

内田裕也「ついに日本でオリジナルをやるバンドを見つけた」

――10月には早くも自身で日比谷公園野外小音楽堂でのコンサートをプロデュースしますね。このチラシでは、ロスト・アラーフにブルース・クリエイション、ラスティー・シャック、パフが出演したとあります。

〈響〉(70年)フライヤー

「これは富士急が終わった後、アップルハウスで知り合った連中とフリー・コンサートをやろうということになり、ブルクリの竹田君に協力してもらって開催したんだよ。入場無料のカンパ制で、他の出演者は吉田美奈子さんと野地(義行)君のフォーク・デュオ、パフ。竹田君のお姉さんがヴォーカルのブルース・バンド、ラスティー・シャック。飛び入りでイラストレーターの成田ヒロシ君がサックスのGDB。このバンドはベースが南正人さん、ドラムが後にラリーズに加わる正田(俊一郎)君。頭脳警察も急遽駆けつけ出演してくれたんだ」

――浅海さんがクラシックと現代音楽、灰野さんがロックから世界中の音楽、髙橋さんがフリー・ジャズと実験音楽、と三者三様で面白いのですが、この頃からより多くのジャンルの方々との出会いもあったのだとか。

「スタンリー・キューブリックの『2001年宇宙の旅』(68年)を何回も観て黒い板の意味を考えたり、上野で開催されたピカソ展に毎日通いピカソを知ろうとしたり、当時は貪欲に面白い文化に触れようとしていたんだけど、そんな時、フリー・ジャズの高木元輝さんや現代音楽の有田数朗さん他と知り合い、音楽だけでなく感性が激しく磨かれたと思う。

〈精進湖ロックーン〉(71年)フライヤー

グループ結成の1年後に出演した、〈精進湖ロックーン〉(71年8月8~9日)や〈三里塚幻野祭〉(同年8月14~16日)、池田正一さん主宰の劇団・円劇場との1ヶ月間のコラボは良き思い出かな。当時だててんりゅうにいたヒロシともこの頃出会い、エターナル・ウーム・デリラムや裸のラリーズで音楽活動を共にするきっかけになったんだよ。今でも仲良いけどね。

エターナル・ウーム・デリラムの2019年作『Eternal Womb Delirum #1』トレイラー

71年にピンク・フロイドの〈箱根アフロディーテ〉コンサートの前座オーディションがあり私等も参加したんだけど、演奏を始めたら審査員の多くが退場する中、内田裕也さんだけが最後まで聴いてくれて、演奏後〈ついに日本でオリジナルをやるバンドを見つけたよ〉と喜んでくれた。他の審査員の反対があり箱根には出演出来なかったけど、裕也さん主催のコンサートに多数出演させてもらった。その後も裕也さんとはイベンター時代を含め長くお付き合いさせてもらったよ」

ロスト・アラーフの終焉

――72年には、南正人さん、裸のラリーズとの自主コンサート〈エレクトリック・ピュア・ランド〉がレギュラーで始まります。この頃からバンド活動とは別に髙橋さんはイベント制作に乗り出し、それで灰野さんと気持ちが遠ざかり、ロスト・アラーフが終わる原因となったと聞きます。

〈エレクトリック・ピュア・ランド〉(72年)フライヤー

「ロスト・アラーフを始めた頃からイベント企画は結構やっていて、当時一番話題となったのは映画『ウッドストック/愛と平和と音楽の三日間』(70年)をコンサートと同様の大音量で観ようという企画で、これは大成功だった。きっかけは私がその環境で観たかったからだけど、水谷君や竹田君をはじめ多くの仲間が観に来たし、新聞や音楽誌でも話題になり全国で上映することになったんだ。この辺のことは『70年代ロック実話』に詳しく書いてあるよ。

音楽映画をPAを使って観る企画は大反響で忙しくなり、バンド活動との両立が結構大変になってきたのも事実で、更に水谷君との共同企画〈エレクトリック・ピュア・ランド〉や他のイベント制作もあり、多忙になりすぎ寝込んだこともあるよ。そんなことも原因でロスト・アラーフの活動に終止符を打つことになったんだよ」

〈エレクトリック・ピュア・ランド〉第3回(74年)フライヤー

――このCDに収められた74年1月の〈エレクトリック・ピュア・ランド〉の録音を聴くと、〈作曲〉をしていますね。灰野さんと2人で作ったのですか?

「これは私のアイデアにピアノの須田(茂)が加わり全体の構成をし、そこに灰野が加わった形で、言ってみれば全員で作曲したようなものだね。誰もやらないようなことを発見し表現するというのが私の信念で、それは今も続いているけどね」

 

〈本物〉の探求

――最後に髙橋さんにとってのロスト・アラーフとは何だったのでしょうか。

「私は音楽だけでなく映画や美術や本、落語や浪曲を含め、本物を探求する方に興味があり、その逆には全く興味がなかった。難しくてわからないものは何度も観て考え、考えては観る、そして実験してみる、ということを好んでいたので、ロスト・アラーフをやってみてわかったことは沢山あるよ。例えば、(イベントの)主催者の多くは無責任で、コンサートの音響や照明にはリズムや想像力もなく、お客やメディアも海外文化とのギャップが大きく民度の低さを痛感させられたのもこの頃だった。

ひょんなことがきっかけで始まった私の音楽生活だけど、このバンド活動からあらゆる可能性が見えたのも事実だ。言ってみれば浅海君からの私への声掛けがなかったら、全くとは言えないけど違った人生になっていたかもしれない。だから浅海君には感謝しているし、その全ての基礎になったアップルハウスを忘れることは出来ないね。機会があったらアップルハウスのことを映画化してみたいな、とは思っているけど」

 


RELEASE INFORMATION

ロスト・アラーフ 『LOST AARAAF(豪華仕様完全限定盤)』 SUPER FUJI(2020)

リリース日:2020年12月30日(水)
品番:FJSP411
仕様:2CD 豪華仕様完全限定盤
価格:5,900円(税別)

■LPサイズ両開きハード・カバーくるみトレー仕様(サイズ 315 × 315 ×11)
■歌詞カード
①灰野敬二聞き取りによる
②アラン・カミングスによる英訳
■曲目・演奏クレジット

 

ロスト・アラーフ 『LOST AARAAF(通常盤)』 SUPER FUJI(2020)

リリース日:2020年12月30日(水)
品番:FJSP413
仕様:2CD 通常盤
価格:3,660円(税別)

■2CDマルチ・ケース
■歌詞カード
①灰野敬二聞き取りによる
②アラン・カミングスによる英訳
■曲目・演奏クレジット
■ライナーノーツ
①鳥井賀句
②髙橋廣行
■対談:灰野敬二 × 髙橋廣行(17,000字)
■ロストアラーフのライブ活動記録詳細年表(1970~1974年)

 

TRACKLIST
CD1
1. 叫喚地獄(27:39) 日本幻野祭/三里塚1971年8月
浅海章:Piano
灰野敬二:Vocal, Single Reed
髙橋廣行:Drums
2. 最後の審判(29:16) 精進湖ロックーン/精進湖畔1971年8月
浅海章:Electric Piano
灰野敬二:Vocal, Single Reed
髙橋廣行:Drums

CD2
1. 1999年の微笑(38:00) ELECTRIC PURE LAND #3/目黒杉野講堂1974年1月
灰野敬二:Vocal, Petphone
髙橋廣行:Drums
須田茂:Piano
斉藤:Electric Upright Bass
2. Midnight Walk(14:49) 渋谷オスカー1971年3月
浅海章:Piano
灰野敬二:Vocal, Prepared Slide Guitar
髙橋廣行:Drums
3. Law Out(8:07) 渋谷オスカー1971年3月
浅海章:Piano
灰野敬二:Vocal
髙橋廣行: Drums

 


PROFILE: 髙橋廣行
70年、ロック・バンド〈ロスト・アラーフ〉を結成。バンド活動の傍ら、72年にイベント制作集団〈ブルー・チアー〉を設立。73年、裸のラリーズに加入、実験音楽ユニット〈エターナル・ウーム・デリラム〉を始動。74年、ロック・コンサート制作会社〈アダン音楽事務所〉を設立。91年、〈制服向上委員会〉のためのプロダクション〈PTAコミティ〉を設立。95年、〈アイドルジャパンレコード〉を設立。2020年、「イベント仕掛人が語る『70年代ロック実話』」を刊行。

PROFILE: ロスト・アラーフ
70年5月、〈ビートルズ・シネ・クラブ〉主催のイベントに学生だった浅海章(ピアノ)と髙橋廣行(ドラムス)が出演。同年7月に灰野敬二がヴォーカルで参加、さらにギタリストが加わり、〈ロスト・ブラック〉から〈ロスト・アラーフ〉に改名。同月、フラワー・トラベリン・バンドや村八分などが出演した富士急ハイランドのイベントから本格的に活動を開始。ロック・フェスティヴァルや学園祭、地方ツアーをはじめ、前衛劇団の音楽を担当することも。その楽曲には一部作曲されたものもあるが、ほとんどがピアノとドラム、ヴォーカルの完全な即興によるもの。自由奔放なスタイルによる不定形な演奏は長らく理解されなかったが、現在は海外からの支持が厚い。