青葉市子『0』クラシック・ギターと歌で編まれた幽玄なメジャー・デビュー作がアナログ化

2021.01.18

デビュー10周年を迎えた青葉市子が過去作を一挙アナログ化。その内の一枚である本作は、メジャー・デビュー作にして傑作との呼び声も高い4thアルバム。レコーディングエンジニアはフィッシュマンズやBuffalo Daughterなどのサウンドも手掛けるzAk氏。クラシック・ギターの柔らかな音色とヴォーカルのみで構成される8篇の楽曲は、そのシンプルな構成要素からは想像もつかないほどの滋味に溢れている。彼女のルーツとも言える、12分超えの山田庵巳の超大作“機械仕掛乃宇宙”のカヴァーも収録。この作品をアナログ盤で聴ける日が来るなんて、感無量……。

 

関連アーティスト
TOWER DOORS