冷たく透き通ったサウンドスケープ、アナログ・シンセが巧みに作り出すレイヤー感、そしてプライヴェート・ビーチでひとり月を眺めているときのような静けさ。Yushi Ibukiのソロ・プロジェクトであるNaive Superの音楽はそんな特徴を持っている。SNSやサブスクのプレイリストなどで彼を知って、気に留めている人も少なくないだろう。ハードでタフなグルーヴ・ミュージックがチャートを席巻するいま、Naive Superは独自路線のチルでカームな世界観を構築してきた。

彼が新曲“Memories Of Moonage Nightlife feat. Maki Nomiya (2021 Tokyo Lounge Mix)”を発表。この曲は、野宮真貴をフィーチャーした2020年の楽曲のセルフ・リミックスで、ラウンジ・ミュージックへと接近している。ダンスフロアの喧騒からさらに離れたNaive Superが佇むのは、シーンの辺境か、それとも最先端か。今回は、新たなリミックスに込めた意図のみならず、プロジェクトの全貌をIbukiに訊いた。

Naive Super 『Memories Of Moonage Nightlife feat. Maki Nomiya (2021 Tokyo Lounge Mix)』 NVS/SPACE SHOWER NETWORKS INC.(2021)

月・浜辺・都市をつなぐ、シンセサイザー・サウンド

――まずNaive Superというユニットのコンセプトを教えてください。

「コンセプトは、〈シンセによる、有機的なバンド・サウンドの再構築〉です。もしビートルズやビーチ・ボーイズが60年代にシンセで曲を作っていたらどうなるか、ひとりでリズム・マシンを使ってシャーデーをやろうとしたらどんな音になるのか、とか。本当はバンドでやりたいんですけどね、一緒にやってくれる人がいなくってバンドを組めなくて(笑)」

――最初のリリースは2019年の7月に発表したカセット『Pacific Sketches』。2020年の4月からは、月に1〜2曲のペースで配信でのリリースを続けています。とても多作ですよね。

2019年の楽曲“Pacific Sketches”
 

「配信での連続リリースのスタイルは元々、レーベルの担当の方から提案してもらったんですけど、自分にはない発想で〈そういうやり方もあるのか〉とすごく新鮮でした。定期的にライブをするのであれば、シングルを2枚くらい出したらアルバムを1枚出して……というのもひとつのスタンスだと思うんですけど、コロナの時期というのもありますし、このプロジェクト自体、まだ名を知られていない段階。小出しに露出していくことで聴いてもらう機会を増やしていくのも大事なのかなと。ただ、最初の半年間くらいはストックでいけたんですが、最近はヤバいですね。1年半くらいいけるかと思っていたけど、クォリティーを保つことを考えると1年でちょうどよかったです(笑)」

――Naive Superで活動を開始する前は、インディー・バンドのシンセ奏者だったんですよね?

「知人の紹介で、Pictured Resortという大阪拠点のシンセ・ポップ・バンドに2014年に加入しました。実はそれまでは、シンセがサウンドの中心にあるような音楽をあまり聴いてきていなくて。いま思い返してみれば、とくに2000年代、USインディーのなかでブルックリン勢が台頭したころは毎週のようにレコ屋に通っていて、オ・ルヴォワール・シモーヌのシンセ・サウンドに衝撃を受けたりしていた。だけど、まだシンセを意識して聴いていたわけじゃなかったんです。むしろ、当時は2009年に出たビートルズのリマスターとかを愛聴していました」

Pictured Resortの2019年作『Pictured Resort』収録曲“Someday”
 

――それは意外ですね! てっきり、昔からシンセ・サウンドにどっぷりだったのかと……。

「4つ年上の姉がいわゆる〈Olive少女〉で。滋賀の実家にいた高校生のときは、いつも隣の部屋からお洒落な渋谷系音楽が流れてきてましたね。でもお洒落過ぎて〈これは僕が聴いちゃいけない音楽だ〉と思って(笑)。当時もやっぱりビートルズやビーチ・ボーイズ、他にはレッド・ツェッペリンとかエアロスミスといったハード・ロックにハマったり、そこからカンタベリー系を好きになったり」

――カンタベリー系でもハットフィールド&ザ・ノースなんかはNaive Superっぽさがあるような気もします。Pictured Resortに加入したことで、シンセ・サウンドを探求しはじめたんですか?

「そうですね、バンドに入って意識的にシンセ音楽を聴くようになってから、クラフトワークやYMO、80年代の音楽に一気にハマっていきました。実機の魅力を知ったのもそのときです。音源で聴くぶんにはわからなかったけど、実際手にとって音を出してみると〈あぁこんな感じなんだ、こんなに音が違うんだ〉って。シンセの歴史を追ったり、NordやROLAND JUNOとかハードウェアの機材もいろいろ買いはじめたりしました」

――だんだんと、Naive Superの構成要素が集まってきている感じですね。

「そうですね。ただバンドでは僕はあくまでプレイヤー、シンセ・パートのアレンジ担当だったので、自分の曲を形にして発信したいという欲求はどんどん募っていったんです。幼少期に習わされていたピアノの技術をシンセというアウトプットで発揮できるようになったり、ラー・バンドや佐藤博などのシンセの音が特徴的なアーティストをそのころに聴き始めたりとか、いろいろなことが重なってソロ活動に結びついていった感じですね」

佐藤博が83年のコンピレーション『SEASIDE LOVERS』に提供した“X'S アンド O'S”
 

――佐藤博さんの作品は、国産バレアリックの系譜の源流にあたる音楽ですし、Naive Superとダイレクトに通ずる部分も感じます。ちなみにプロジェクト名は、ノルウェー人作家、アーレン・ローによるカルト的な支持を得た青春小説「ナイーヴ・スーパー」(96年)からとったそうですね。

「昔書店の洋書売り場で働いていたことがあって、そのときにその本を読んだんですけど、とても良かったんです。リチャード・ブローティガン『西瓜糖の日々』風なチャプター分けがされている構成なんですよ。〈ナイーヴ〉というと日本ではスミスとかベルセバ的な繊細さのイメージが強いですけど、海外だと〈ズレてる〉〈世間知らず〉みたいな意味もあるらしく、まさに自分にぴったりだなと(笑)。あと寒い国の人がやるボサノヴァ――キングス・オブ・コンヴィニエンスとかホワイテスト・ボーイ・アライヴの音楽が大好きなんです。なので、彼らの出身でもあるノルウェーにちなんだ名前だというのもいいなって」

――なるほど。バレアリックな印象が強いですが、サウンドの冷たく透き通った質感はむしろ北欧由来なのかもしれませんね。Naive Superはヴィジュアルの世界観も特徴的ですが、そのあたりにも影響があるのでしょうか。

「元々、キーワードとして〈月〉と〈水〉がありました。実際そういうテーマの曲も多いんですけど、故郷の滋賀で見てきた原風景からの影響が大きいかもしれませんね。あと、〈都市〉と〈ビーチ〉への憧れを強く持っていて、そのふたつもインスピレーション源としては大きい」

――それぞれ、タイトルや歌詞にも多く出てくるワードですね。

「本当は、ファッション業界の〈SS/AW〉のようにシーズンを分けて、季節ごとのテーマに沿った作品をリリースしたいんです。なのでよく見てもらうと、実は連続リリースしている1年のなかでも、ここからは〈ムーン期〉、ここからは〈ビーチ期〉、みたいに分かれていたりします。とくに月は、元々SF的な小説/映画が好きなのもあって惹かれていますね」

2020年リリース、〈ビーチ期〉の楽曲にあたる“No Place Like A Quiet Beach”

野宮真貴の贅沢な使い方

――〈ムーン期〉の1曲目でもある“Memories Of Moonage Nightlife feat. Maki Nomiya”は2020年6月にリリースされていて、連続リリース・プロジェクトの実質1曲目でもありますよね。この曲に野宮さんが参加したのにはどんな経緯があったのでしょうか?

「シンセをいじりながら曲が出来上がったとき、〈あれ、これ野宮真貴さんの声が聴こえるぞ〉と、本当にふと閃いたんですよね。野宮さんの声で〈Moonage Nightlife〉と脳内再生されて」

2020年のシングル“Memories Of Moonage Nightlife feat. Maki Nomiya”
 

――思春期には〈僕が聴いちゃいけない音楽〉だった渋谷系を代表するPIZZICATO FIVEの歌声が、そのとき突然流れ出したんですね。

「そうなんです(笑)。当時はたしかにそう思ってたんですけど、考えてみれば、上京したあと、そのころ流行っていた〈渋谷系元ネタ探し〉なんかには興味を持っていて。それがアズテック・カメラみたいなネオアコだったり、スタイル・カウンシルなどのブルーアイド・ソウル、カーティス・メイフィールドとかのブラック・ミュージックを後追いするきっかけになりました。

そうして元ネタを知っていく過程で〈あぁ、こういうことだったのか〉と30歳を越えたくらいで、ようやく良さがわかるようになってきたんです。それで、いまならお願いする資格があるのかな、と……。10代のころに魅力に気づいていれば、また違ったふうにできていたんだろうなと思うんですけどね」

――それにしても、野宮さんが歌っているのが〈Moonage Nightlife〉のワン・フレーズだけというのは贅沢ですね。

「歌ものでお願いすることもできたのかもしれないんですけど、コロナ禍でがっつり録音というのもどうなのかな?と思って。せっかく野宮さんにお願いしたのに、歌っていただいたのがワン・フレーズというのが、逆にラグジュアリーな感じを出せてかっこよかったのかもしれない。ラジオに出演したときも、贅沢だとすごく言われましたね(笑)」

――そして今回、最新楽曲としてリリースされたのが“Memories Of Moonage Nightlife feat. Maki Nomiya (2021 Tokyo Lounge Mix)”。“Memories Of Moonage Nightlife”に〈Tokyo〉と〈Lounge〉が加わったセルフ・リミックスですね。

“Memories Of Moonage Nightlife feat. Maki Nomiya (2021 Tokyo Lounge Mix)”
 

「ラウンジ・テイストにアップデートしたのには2つ理由があります。1つは、サンダーキャットのニュー・アルバム『It Is What It Is』(2020年)にラウンジの要素が強く入っていて、印象深かったんですよね。飛行機のアナウンスを取り入れた曲とかもあって。インパクトはジャケ含めて前のアルバム(2017年作『Drunk』)のほうがあったと思うけど、今回は前の作品より全然聴きやすくなってたんです。

そこで思い出したのが、2000年代前半ごろに、FPM(Fantastic Plastic Machine)さんや砂原良徳さんが作っていたラウンジ・テイストのある音楽がすごく流行っていたこと。そのころに自分が持っていたそうしたサウンドへの憧れを、いまの自分なりに落とし込んでみたくて。実際に、ボサノヴァっぽいリズムは砂原さんの『TAKE OFF AND LANDING』(98年)の曲を意識しています。メロトロンもFPMの“BEAUTIFUL DAYS”(2002年)から着想していて」

Fantastic Plastic Machineの2002年作『beautiful.』収録曲“BEAUTIFUL DAYS”
 

――あのころは、橋本徹さん監修のカフェ・アプレミディのコンピなんかも一世を風靡してましたね。

「カーミンスキー・エクスペリエンスのコンピや、二コラ・コンテのようなクラブ・ジャズなどいろいろ流行ってましたね。お洒落なレコード・ショップにはだいたいイルマのコンピなんかが置いてあって。いまとはまた違ったテイストでラウンジが推されていた記憶が残ってます。90年代後半には〈グランジからラウンジへ〉なんてフレーズもあったり。僕は学生だったこともあり、記憶に焼き付いてるのもあって。局地的にでも、またラウンジが盛り上がったらいいなと」

――野宮さんをフィーチャーしたことにも、原曲とはまた違った意味合いが出てきそうですね。ラウンジ・ミュージックのアイコンとしての野宮真貴というか。

「やっぱり野宮さんは渋谷系を代表する方で、ラウンジ・ミュージックのイメージもある。去年原曲をリリースしたときはいま以上に自分の存在が知られていなかったし、そのころに比べればリスナーも増えてきたので、いま一度野宮さんがくれた声をフィーチャーしたいなという気持ちもあります」

アジアに流れる〈Tokyo〉のサウンド

――〈2021 Tokyo Lounge Mix〉は、ローズ・ピアノやメロトロンなどシンセ以外の鍵盤楽器の音色が印象的でした。

「年末に機材を一新して、今回使っているフェンダー・ローズの音は、そこで買った楽器を弾いたものです。実機のフェンダー・ローズはメンテや重さの問題もあって断念したけど、勝負できるエレピが欲しくてYAMAHAのYC61を買いました。ローズをサンプリングした音色がすごく良くて、YAMAHAってやっぱ大企業なんだな〜と感じました(笑)。あと機材を見直しているうちに、自分はシンセ好きというよりは鍵盤楽器全般が好きなんだな、という再発見もありましたね。今後はエレピとかメロトロンとか、もっと他の鍵盤楽器も使っていきたいです」

――ここまではシンセ・サウンドの世界観は統一されていましたが、今後はルーツにあたるバンド・サウンドや有機的なアンサンブルにも近づいてきそうですね。

「自分は普段は別の仕事をしていて、音楽にも少し関係がある業種なんですけど、Naive Superを聴いた会社の先輩や、お得意先の人たちからは〈音楽にブルースがないね〉とか〈打ち込みすぎてつまらない、リズムがジャストすぎる〉といった率直なご意見をいただいていて……(笑)。〈もうちょっとズレや揺れがあったほうがいいんじゃないか〉とか〈自分の手で弾いた感触は残していいんじゃないか〉と思ったところから、今回エレピが入ってきたこともあるかも。YMOはもちろんですが、クラフトワークも実はよく聴くと手弾きのパートが結構あったりしますし」

――整然とクォンタイズされた〈無菌室〉っぽいサウンドもNaive Superらしさだと思うし、魅力でしたが、それも今後は変わっていくのでしょうか?

「以前、曽我部恵一さんにPictured Resortを〈無菌ソウル〉と評していただいたことがあって。今、同じ〈無菌〉というキーワードを聞けたことをふまえると、Naive Superもそういうテイストが根本にあるんでしょうね。そこは大きくは変わらないかなと思うんですけど、今後の制作への意識の持ち方というところでは、今回の〈2021 Tokyo Lounge Mix〉は転換期の作品にしたいですね」

――ちなみに、このセルフ・リミックスで付け加えられた〈Tokyo〉にはどんな意味が込められているのでしょう?

「〈Tokyo〉という言葉は、キーワードとしていつか一度は入れてみたい、という思いが元々ありました。そのうえで、野宮さんといえばやっぱり東京だし、チャンスはここしかないなと(笑)。自分は関西出身ですけど、もう長いこと東京に住んでいるので、〈東京〉をもう少し押し出したかったんです。これからライブとか対外的なことをやれるようになるとしたら、なおさら意識付けていく方向がいいのかなと思ってます」

――なるほど。都市の話でいえば、Naive SuperのSpotifyのエリア別再生数を見てみると、実は1位がバンコクで、2位が台北、3位がクアラルンプール(2021年2月15日時点)。日本より他のアジアの国でのほうが聴かれているんですよね。

「なかなか思うように外に出られない時期なので、サブスクで聴いてもらえてるのはすごくありがたいです。とくに〈H&M In Store Music〉という世界各国のH&M店内BGMを集めたプレイリストに“Love Beach”が入ったのはびっくりしましたね。キュレーターさん、どうやって見つけてくれたんだろう? お店でかかってるのをシャザムしてくれた人も結構いて、すごく嬉しかったです。あと、自分の曲を選曲してくれたプレイリストがマレーシアでめっちゃ回った日があって。クアラルンプールはそれで伸びたのかもしれません」

2020年の楽曲“Love Beach”
 

――連続リリースも、この3月でちょうど1年になります。2年目以降はどんな展望があるのでしょう?

「やっぱり音楽好きな人や、ミュージシャンにもっと聴いてもらいたいという気持ちがありますね。DJ HASEBEさんのプレイリストに入れていただいたり、RHYMESTERの宇多丸さんのラジオ「アフター6ジャンクション」に呼んでいただけたりしたときはすごく嬉しかった。そういうときには、〈すでにわりと届けられているのかな?〉という実感もあるんですけど……。

本当はCDアルバムも作りたいんですよ(笑)。ただ、それはもう少しリスナーが増えて、機が熟してからなのかなと思います。2年目も月1くらいのリリース・ペースは維持しながら、リスナーを増やしていけるといいですね」