PR
連載

THE NOVEMBERS小林祐介が綴る〈マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン(my bloody valentine)と私〉

【マイ・ブラッディ・ヴァレンタインと私】

Photo by Paul Rider

2021年、マイ・ブラッディ・ヴァレンタインがついに動き出した。英老舗レーベル、ドミノと電撃契約を果たしたのだ。

これを機に、ファースト・アルバム『Isn’t Anything』(88年)、セカンド・アルバム『loveless』(91年)、サード・アルバム『m b v』(2013年)、EP収録曲とレア・トラック集『ep’s 1988-1991 and rare tracks』(2012年)という傑作群が、新装盤CDとLPで再発売に。さらに、ストリーミング・サービスでの配信も解禁された。

mbvの記念すべき再始動にあわせてMikikiは、彼らの音楽を愛するミュージシャンや表現者に〈マイ・ブラッディ・ヴァレンタインと私〉についての執筆を依頼。期間限定の連載として順次、掲載していく。轟音で鳴らされるそれぞれのマイブラ愛を浴びていただければと思う。 *Mikiki編集部

★連載〈マイ・ブラッディ・ヴァレンタインと私〉の記事一覧はこちら

 

マイ・ブラッディ・ヴァレンタインと小林祐介(THE NOVEMBERS/THE SPELLBOUND)

高校生の頃、音楽好きのクラスメイトに「小林くん、マイブラとか好きそうだよね」と言われたことがあり、僕は「ああ、好きだよ。小学生の頃から聴いてる」と答えました。その時、僕が頭の中に思い浮かべていたのは〈マイラバ〉こと〈My Little Lover(マイ・リトル・ラバー)〉でした。
誤解したままでも「あの甘い感じがさ」とか、「ギターがいいよね」とか、「歌声が綺麗でさ」とか、なんとなくの雰囲気で謎に噛み合ってしまうコントのような会話が続いたことをよく覚えています。
「ケヴィンが○○でさー」なんて言われても、僕は〈マイラバ〉のメンバーの名前をずっと意識してなかったので、「そうか、マイラバのギターはケヴィンっていう芸名なんだ」などと、誤解に誤解を重ねていきました。

こんなしょうもないエピソードで文字数を割いてしまいごめんなさい、ちゃんと書きます。

実は、上記の会話の後にちゃんと誤解は解けて(轟音、ノイズ、シューゲイザー、海外アーティスト、などのキーワードが続き、とどめの〈My Bloody Valentine〉というバンド名が挙がったことで「あれ、どうやら〈マイラバ〉のことじゃないな……。」と発覚した)、MDを貸してもらったんです。
でも、聴かないまま無くしてしまったんです(本当にごめんなさい)。だから結局、当時の僕の〈マイブラ〉は音楽体験として保留された状態でした。

大学進学を機に上京し、遠距離恋愛を開始。光熱費を滞納してでもデートのための交通費を捻出し、食費を削りながらCDを買い漁る日々。痩せこけ、ボロボロの服を着ていた僕は、同様に痩せこけボロボロの服を着ていたクラスメイトをTHE NOVEMBERSに招き、今に至ります。

さらっと書きましたが、僕はCDを買い漁っていました。その中にいつのまにか〈My Bloody Valentine〉もありました。『Isn’t Anything』『loveless』『glider EP』を同時に買い、最初に『Isn’t Anything』を聴きました。感想は「??」でした。

高校生の頃のエピソードに話を戻すと、僕は当時友人から名盤『loveless』についての話をメインで聞いていたはずなのですが、〈CD買いあさり僕〉はその作品名まではさすがに覚えていなかったのです。

友人曰く「1曲目のドラムがダダダダダダダダってはじまってさ、そのあとめちゃくちゃ美しいギター・ノイズの洪水が、、、、耽美的で神々しいまでの宇宙が、、、、」みたいなことだったので、その認識を前提に『Isn’t Anything』の1曲目“Soft As Snow (But Warm Inside)”を再生してしまったのです。

『Isn’t Anything』収録曲“Soft As Snow (But Warm Inside)”

「お! ダダダダダダダダって始まった! これのことだな! 来い! 美しいギター・ノイズの洪水! 耽美的で神々しいまでの宇宙!」と身構えたのも束の間、「あれ、、なんかブレイクした。あ、、合ってるか合ってないかよくわからないぐにょーんってギターと、気合の入ってない歌がはじまった、、、、え??」といった具合で、まんじりともしない表情を浮かべたまま1曲目が終わり、そのまま最後まで聴き終わってしまいました。
振り返れば〈マイラバ〉の件含め、自分の噛み合わなさに辟易してしまいますが、実はこの『Isn’t Anything』に大変な衝撃を受け、僕は〈マイブラ〉にハマり出します。
当時、ポスト・パンクやニューウェイブ、ポジパンや、ニューロマンティック、ゴシック、インダストリアルに夢中だったのもあり、『Isn’t Anything』のもつ不安定な調性や、どこにもポップス的な解決をしないソングライティングも、パンキッシュでありながらアンニュイなサウンドメイクも、病的にさえ思えたツイン・ボーカルの覇気の無さも、ものすごくかっこよく感じたし、フィットした。
だから勝手に、黒い服を着たゴスっぽい見た目のバンド・メンバーを想像していた、ゴス寄りのジザメリみたいな感じ(すぐ思い込み、それをなかなか払拭できないのが僕の悪い癖です)。

そんな感じで順当に〈マイブラ〉を好きになっていった僕なのですが、実際に初めてライブを観たのは2013年9月の東京国際フォーラムホールAの来日公演でした。この日のことはいくつかのインタビューで繰り返し語っているのですが、僕はこの日家に帰るまでに何時間もかかってしまいました。電車を乗り間違え、乗り過ごし、引き返し、また乗り過ごし、なんとなく徒歩で帰ろうと思い、知らない道を歩こうと思い立ち、道に迷い、茫然自失のまま家に帰宅したのです。
か細く、音量も小さく、ピッチが不安定なツイン・ボーカル。8割タイミングが合わないキメやブレイク。それすら全くどうでもいいことのように思えてしまう圧倒的な体験。
あれこれ言葉を重ねてしまうと伝わらないと思うのですが、とにかく、すごいことを体験した。と僕は思いました。「おまえがいままでチマチマこだわってたアレとかコレな、全部無意味だから! お疲れさん!」と言われたような気がしたんです! うわーーー!!!!!!みたいな感じでした。

思想からやりなおし、目的からやり直し、手法からやり直し、同時に自分たちのユニークさにも気付くことができ、今に至ります。

自分の立ってる場所、足元や価値観を、容赦無くぐらつかせる存在、壊してくれる存在。様々な傷を負いながら、治癒しながら、安心安全な場所にいた時より一層世界が美しくなっていくことを、僕は知りました。

宇宙からの視点で、現在地の表示を失ったまま、どこかへの案内をし続けるGoogle マップよろしく、自分の境目があやふやになり、今自分は世界とひとつになったような気がする、水になったような気がする、そんな気持ちに音楽でなったのは生涯で“you made me realise”のあの日のノイズ・ビットだけです。

〈狂った瞳で、あなたはわたしにわからせた〉

僕たちが思っている以上に、僕もあなたも、本当はきっと自由です。
容赦無く、やりまくりましょう。

何かを見つめながら

『ep’s 1988-1991 and rare tracks』収録曲“you made me realise”

 


PROFILE: 小林祐介(THE NOVEMBERS/THE SPELLBOUND)
2005年に結成されたオルタナティヴ・ロック・バンド、THE NOVEMBERSのヴォーカリスト/ギタリスト。THE NOVEMBERSは2013年に自主レーベル〈MERZ〉を立ち上げ、〈FUJI ROCK FESTIVAL〉への出演や海外ミュージシャンとの共演などで活躍。2020年、yukihiro(L’Arc~en~Ciel)がシーケンス・サウンド・デザイン/プログラミングで参加したアルバム『At The Beginning』をリリース。小林祐介はソロ・プロジェクト〈Pale im Pelz〉 、CHARAやDie(DIR EN GREY)のサポート、浅井健一と有松益男(BACK DROP BOMB)とのROMEO’s bloodでも活動しており、2020年には中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES)と新たなバンド、THE SPELLBOUNDを始動させた。

Twitter:https://twitter.com/pale_im_pelz

THE NOVEMBERS オフィシャルサイト:https://the-novembers.com/
THE NOVEMBERS Instagram:https://www.instagram.com/the_novembers/
THE NOVEMBERS Twitter:https://twitter.com/THE_NOVEMBERS
THE NOVEMBERS Facebook:https://www.facebook.com/THENOVEMBERS/
THE NOVEMBERS YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCsoqb0b8hJ_PyBMTfQSq2lg​
THE NOVEMBERS Bandcamp:https://the-novembers.bandcamp.com/

THE SPELLBOUND オフィシャルサイト:http://the-spellbound.com/
THE SPELLBOUND Twitter:https://twitter.com/THESPELLBOUNDjp
THE SPELLBOUND Instagram:https://www.instagram.com/thespellboundjp/
THE SPELLBOUND YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCpoY1Npu-HYlV2fZr5ZPr4A

TOWER DOORS