連載

【桃井裕範の『Flora and Fauna』図鑑】odolミゾベリョウは特別な歌い手だ。参加曲“Hands”に彼がもたらしたもの

きたる新作の先行曲をセルフ解説

NYで活躍してきたジャズ・ドラマー、 桃井裕範。彼の8年ぶりとなるソロ・アルバム『Flora and Fauna』が2021年8月18日(水)にリリースされる。フロントマンを務めていたPotomelliではドラムスを離れ、ギターを弾きながらメロディアスなインディー・ロックを歌っていたが、今回はふたたび流麗なジャズ・ドラミングを披露。全13曲の洒脱なソウル・ミュージックは、多くの人を魅了することだろう。

『Flora and Fauna』は、すでに参加曲“Fog”が公開されているGotchをはじめとして、音楽ファンならワクワクすること間違いなしのアーティストが国内外からフィーチャーされている(詳細は記事の末尾をチェック)。同アルバムから先日、リード曲第5弾として人気ロック・バンド、odolのミゾベリョウをゲスト・ヴォーカルに迎えた“Hands”が公開された。ミゾベの幻想的な歌声と柔和なジャズ・アレンジが溶け合ったこの曲は、聴き手の心に安らぎをもたらすであろう美しいバラードだ。

桃井が『Flora and Fauna』からのリード・ソングをリリース毎に解説する短期連載〈桃井裕範の『Flora and Fauna』図鑑〉。第4回は、ミゾベリョウという歌い手の魅力から生まれた“Hands”の制作背景を綴ってくれた。 *Mikiki編集部

★桃井裕範の『Flora and Fauna』図鑑の記事一覧はこちら

 


Hands feat. ミゾベリョウ(from odol)

odolのことを知ったのは、NYから東京に拠点を移してしばらく経った頃だった。当時サポートしていたシンガーの子が僕の母校のジャズ研究会の文化祭ライブに出るというので、数年ぶりに大学に行ってみたのだった。その時偶然、odolのベーシストであるシェイク・ソフィアンくんを紹介された。歳が離れているので直接一緒に在学していた時期はないが、彼は大学の後輩だったのだ。

そして彼から、〈odolというバンドをやっています〉と教えてもらった。〈いいバンドだな、日本語だし、声もいい、好きだ。こんなバンドがいるなら自分もがんばらないと〉。そんな印象だったと思う。それから数年後、たまたま彼らの曲が関連動画などで出てきた。久々に触れたodolはますます良くなっていた。

そして今年、自分のソロ・アルバムを作ることになり、各曲でフィーチャーするアーティストを考える段階ですぐに思い浮かんだのが、odolのフロントマンであるミゾベリョウくんだった。まだ参加してもらえるかが決まってもいないうちに、僕は彼に歌ってもらうための曲を書きはじめた。然るべき曲ができれば、必ず歌ってもらえると信じていたからだ。

ミゾベリョウ(odol)
 

書きたかったのは、炎は赤いときよりも青いときのほうが熱いように、優しくそれでいて力強い曲。そんなイメージを具現化するため、このアルバムではもうお馴染みの渡辺翔太、Zak Croxall(ザック・クロクサル)両氏にピアノとベースを弾いてもらった。

Zakからは当初、静かなこの曲にベースのアプローチを合わせ、ブリッジミュートした短い音を中心としたテイクが送られてきた。それはそれで非常に良かったのだが、ほどなくして彼から〈ミュートをしないで弾いたサスティンが長いヴァージョンも聴いてみてほしい。こっちのほうが曲に合っていると思うから〉というメッセージと共に別テイクが送られてきた。

なるほど彼の言うとおり、ベースの音が伸びている間は宙ぶらりんな心情を表しているようでもあり、その音が消えていく瞬間には、まさにこの曲が求めている〈儚さ〉があった。言うまでもなくアルバムにはそちらのテイクで収録。そして歌詞は、odolではミゾベくんが作詞をしているのだが、今回は僕が書いたものを歌ってもらうことにした。

実はそれまで直接会ったことはなかったのだが、偶然か必然か、少し前に彼から僕のSNSをフォローしてくれたので、〈これは認知してもらっている! チャンスだ!〉と彼にラブレターのようなDMをした。縁というものがあるのだなと感謝する一方で、あの時たまたま母校に行っていたかったら……と思うと、怖ささえ感じてしまう。

光栄なことに参加を快諾してもらい、彼の歌が乗ったとき、この曲がアルバムを締めくくるべきだと確信した。それほど、彼の声は13曲の物語を優しく包み込んでくれる力を持っていたのだ。

透明な水のようで、淀みのない歌。また、曲の邪魔をせず何にでもなれそうでありながら、それでいて一聴しただけで彼の声だとわかる個性。おかげで、曲というキャンバス対してリスナーのための余白を残す――そんなテイクになったと思う。

時計の針のことを〈Clock Hands〉という。“Hands”とは、離れては重なりやがてまた離れていく針であり、また大切な人とを繋ぎ止めてくれる手でもあるのだ。

 


RELEASE INFORMATION

リリース日:2021年8月18日(水)
品番:GTXC-177
価格:2,750円(税込)
配信リンク:https://fanlink.to/FloraandFauna

TRACKLIST
1. Into the Stratosphere feat. Nir Felder(New York)
2. Skin Deep feat. 佐瀬悠輔
3. Fog feat. Gotch
4. Tail of a Comet feat. Gilad Hekselman(New York)
5. Gray Rhino feat. 角田隆太(from モノンクル)
6. Touches feat. なみちえ and Potomelli
7. IHDS
8. Bury the Hatchet feat. 松丸契
9. Gemini feat. Alan Kwan(香港)
10. Water Temple feat. Gold Mountain(香港)
11. Regression feat. MELRAW
12. Through the Seasons
13. Hands feat.ミゾベリョウ(from odol)

関連アーティスト