連載

【桃井裕範の『Flora and Fauna』図鑑】トランぺッター佐瀬悠輔を招いたジャジー・グルーヴな“Skin Deep”

きたる新作の先行曲をセルフ解説

NYで活躍してきたジャズ・ドラマー、 桃井裕範。彼の8年ぶりとなるソロ・アルバム『Flora and Fauna』が2021年8月18日(水)にリリースされる。フロントマンを務めていたPotomelliではドラムスを離れ、ギターを弾きながらメロディアスなインディー・ロックを歌っていたが、今回はふたたび流麗なジャズ・ドラミングを披露。全13曲の洒脱なソウル・ミュージックは、多くの人を魅了することだろう。

『Flora and Fauna』には、すでに参加曲“Fog”が公開されているGotchをはじめとして、音楽ファンならワクワクすること間違いなしのアーティストが国内外から参加している(詳細は記事の末尾をチェック)。今回、リード曲第3弾として発表された“Skin Deep”には、ジャズ・トランぺッターの佐瀬悠輔をフィーチャー。佐瀬の哀愁漂うトランペットにアグレッシヴなリズム・セクションが絡み、メロウなジャジー・グルーヴを紡いでいる。

短期連載〈桃井裕範の『Flora and Fauna』図鑑〉の第2回は、佐瀬との“Skin Deep”制作エピソードや曲名の由来を綴ってくれた。 *Mikiki編集部

★桃井裕範の『Flora and Fauna』図鑑の記事一覧はこちら


Skin Deep feat. 佐瀬悠輔

今回のアルバムを作るにあたって、曲ごとに違うアーティストをフィーチャリングしようと決めたわけだが、そのミュージシャンには〈何度も共演している旧知の仲で、その人の音に絶対的な信頼を置いているので参加してもらった〉というパターンと〈いままで共演したことはなかったが、その人の音に惚れ込んでおりこの機会にどうしても参加してほしかった〉という2つのパターンがあった。

前者だとそれは第1弾シングルのNirであり、後者は第2弾のGotch氏である。そして今回の佐瀬悠輔くんは、まさに前者のパターンだった。僕がNYから東京に拠点を移してから程なくして彼と出会い、それからはいろいろな現場で一緒に演奏してきた。彼のリーダーライブに呼んでもらったこともあれば、僕がバンマスを務めたHideboHさんの公演にホーン・セクションとして参加してもらったりと、共演した機会は枚挙にいとまがない。

佐瀬悠輔
 

遡ること2020年の2月末、まだマスクをしていた人の数もまばらだった頃。僕と佐瀬くんは2人、作戦会議と称し赤坂にいた。本来の目的は〈厚みのある豚肉にパン粉を纏わせたものを油で揚げた料理(俗にとんかつとも言う)〉を食べることだったが、その味よりも2人で音楽について語ったことのほうが覚えている。〈何かおもしろいことをやろう!〉と2人で合言葉のように繰り返した日だったのだが、1年後にこのような形で実現できたことを非常に嬉しく思っている。

今回の曲も、リズム隊は渡辺翔太+Zak Croxall(ザック・クロクサル)という鉄壁の布陣。ある時ふと思いついたドラムのグルーヴを元に書き始めた今作だったが、ドラムとローズのデュオから始まるイントロのピッチベンドを聴いた瞬間、僕はもう〈勝ち〉を確信した(そもそも誰とも戦っていないわけだが)。ベースとトランペットが合流しバンド・サウンドが揃ってからは、自分の思い描いていた曲のイメージを超えた非常に有機的な演奏に終始徹することができたと思っている。

Skin Deep。〈うわべの、表面だけの〉という意味なのだが、ここで独り言を書かせてもらうと、〈佐瀬くん→させ→あさせ→浅瀬→浅い→表面→うわべの→Skin Deep〉という連想ゲームからこの曲のタイトルをつけた。〈ウワモノ〉と呼ばれることの多いフロント楽器のトランペットがここでフィーチャリングされているのは、単なる偶然ではあるまい。

 


RELEASE INFORMATION

桃井裕範 『Flora and Fauna』 FABTONE/GOON TRAX(2021)

リリース日:2021年8月18日(水)
品番:GTXC-177
価格:2,500円(税抜)

〈収録曲〉
01. Into the Stratosphere feat. Nir Felder(New York)
02. Skin Deep feat. 佐瀬悠輔
03. Fog feat. Gotch
04. Tail of a Comet feat. Gilad Hekselman(New York)
05. Gray Rhino feat. 角田隆太(from モノンクル)
06. Touches feat. なみちえ and Potomelli
07. IHDS
08. Bury the Hatchet feat. 松丸契
09. Gemini feat. Alan Kwan(香港)
10. Water Temple feat. Gold Mountain(香港)
11. Regression feat. MELRAW
12. Through the Seasons
13. Hands feat.ミゾベリョウ(from odol)

関連アーティスト