連載

【桃井裕範の『Flora and Fauna』図鑑】MELRAWの奔放なサックス・プレイに痺れる“Regression”

きたる新作の先行曲をセルフ解説

NYで活躍してきたジャズ・ドラマー、 桃井裕範。彼の8年ぶりとなるソロ・アルバム『Flora and Fauna』が2021年8月18日(水)にリリースされる。フロントマンを務めていたPotomelliではドラムスを離れ、ギターを弾きながらメロディアスなインディー・ロックを歌っていたが、今回はふたたび流麗なジャズ・ドラミングを披露。全13曲の洒脱なソウル・ミュージックは、多くの人を魅了することだろう。

『Flora and Fauna』は、すでに参加曲“Fog”が公開されているGotchをはじめとして、音楽ファンならワクワクすること間違いなしのアーティストが国内外からフィーチャーされている(詳細は記事の末尾をチェック)。今回はアルバムからの最後のリード・ソングとなる、MELRAWをフィーチャーした“Regression”を紹介。ジャジーでサイケデリックなサックスが大活躍するこの曲の聴きどころを解説してもらった。

この連載は今回で最終回を迎えるが、Mikikiではアルバム『Flora and Fauna』のスペシャルな特集記事を掲載予定。楽しみにしていてほしい。 *Mikiki編集部

★桃井裕範の『Flora and Fauna』図鑑の記事一覧はこちら

 


Regression feat. MELRAW 

アルバム『Flora and Fauna』に向けて連続でシングルをリリースすることになり、それに合わせて書いてきたこの連載もいよいよ今回の曲をもってラストとなる。セルフ・ライナーノーツということで好き勝手に書かせてもらっていたが、曲を振り返ることで自分自身でも新たな発見があったりと、思い返すととても有意義な連載だった。

さて、今回の曲についてだ。第2弾シングル“Skin Deep feat.佐瀬悠輔”でトランペットをフィーチャーしたので、そうなればサックスも別の曲で使いたいと考えたときにすぐに思い浮かんだのが、今回の主役MELRAWこと安藤康平くんだった。

MELRAW
 

millennium paradeへの参加などで飛ぶ鳥を落とす勢いのMELRAWだが、そもそも彼は素晴らしいジャズ・ミュージシャンであり、旧知の仲でもあったが自分の作品に参加してもらったことはなかった。それゆえに〈安藤くんとならおもしろいものができるに違いない〉という思いがあった。そこでこの機会にアルバムへの参加をオファーしたのだった。

今回の曲のコンセプトは、〈とにかくMELRAWに好き勝手に吹いてもらいたい〉という身も蓋もないもの。スネアのバックビートで強力なグルーヴを叩き出したいという漠然としたイメージから作曲を始め、16分音符中心のヒップホップ・ビートにZak Croxall(ザック・クロクサル)のベースラインとAlan Kwan(アラン・クワン)によるギター・カッティングで曲の土台を作った。特筆すべきは渡辺翔太氏によるキーボードとEFX(エフェクト)だろう。彼の実験的なサウンドによって曲に幾重にもレイヤーが加えられた。

そして安藤くんから送られてきたトラックはまさにこちらの注文通り、MELRAWらしさが溢れる奔放なテイクだった。ピッチシフターでエフェクトをかけた機械的とも言えるサウンドと、熱量のこもったブロウとのコントラストが非常に印象的だ。そして、先述したキーボードがサックスとリズム・セクションを繋ぐ潤滑油の役割を果たしている。

安藤くんが以前インタビューで語っていた〈ギターヒーローの気分でサックスを吹いている〉という言葉は、アーティストにとって非常に重要なのではないか。僕らは表現者であり、今回の彼の演奏はそれを体現するかのようであった。

最後に、今回のタイトル“Regression”の意味を紐解いてから筆を置こう。〈回帰〉〈後戻り〉などの意味を持つこの単語が〈Undo=やり直し〉と結びつくのはそう難しいことではない。ここから先を説明するのはもはや無粋だが、MELRAW=安藤康平=Ando…もうこれ以上言わせるなよっ!

 


RELEASE INFORMATION

リリース日:2021年8月18日(水)
品番:GTXC-177
価格:2,750円(税込)
配信リンク:https://fanlink.to/FloraandFauna

TRACKLIST
1. Into the Stratosphere feat. Nir Felder(New York)
2. Skin Deep feat. 佐瀬悠輔
3. Fog feat. Gotch
4. Tail of a Comet feat. Gilad Hekselman(New York)
5. Gray Rhino feat. 角田隆太(from モノンクル)
6. Touches feat. なみちえ and Potomelli
7. IHDS
8. Bury the Hatchet feat. 松丸契
9. Gemini feat. Alan Kwan(香港)
10. Water Temple feat. Gold Mountain(香港)
11. Regression feat. MELRAW
12. Through the Seasons
13. Hands feat.ミゾベリョウ(from odol)

関連アーティスト