イントキブログ

クロノス・クァルテット(Kronos Quartet)の足跡を振り返る特別講座〈クロノス・クァルテットの奏でる新しい音楽〉が開催

©Jay Blacksberg

〈クロノス・クァルテットの奏でる新しい音楽〉講座が2021年10月16日(土)、11月20日(土)、12月4日(土)に開催されます。場所は朝日カルチャーセンター新宿教室にて。オンラインでも受講できます。

21世紀に入り既に20年、音楽においても多様化は進み、国や世代、古典や現代様式など、一つのカテゴリーには収まらないあらゆるタイプの音楽が生み出されています。

ジャンルや様式にとらわれず、新しい音楽の演奏に励むアメリカの弦楽四重奏団、クロノス・クァルテット。結成50周年を前に、その画期的な活動と音楽についてご紹介します。講師は10月は武蔵野美術大学教授・音楽評論家の白石美雪さん、11月は音楽評論家の松山晋也さん、12月は音楽評論家の大西穣さん。聞き手はコンサートプロデューサーの小澤貴広さんです。

 


INFORMATION
クロノス・クァルテットの奏でる新しい音楽(全3回)

日程:2021年10月16日(土)/11月20日(土)/12月4日(土)
会場:朝日カルチャーセンター新宿/オンライン
受講料(3回通し申し込み):会員 7,689円/一般 10,989円
※1回ごとでの申込も可
※この講座の受講料には音楽使用料が含まれています
※別途、設備費495円が必要です

第1回 クラシック音楽界におけるクロノス・クァルテットについて
日時:2021年10月16日(土)13:00~14:00
講師:白石美雪(武蔵野美術大学教授・音楽評論家)
聞き手:小澤貴広(コンサートプロデューサー)
1973年に結成され、サンフランシスコを中心に世界中で活躍しているクロノス・クァルテット。弦楽四重奏というクラシック音楽の基本ともいうべき編成で、既に多くの弦楽四重奏団が活動しているなかで、どのように彼らが他の団体とは異なった方法で 50年の長きにわたり活動を続けてきたのか。また彼らがクラシック音楽界に衝撃を与えたこととは!?
申し込み:https://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/2f94bd67-a352-105b-4339-60dd4b1a4c34

第2回 クロノス・クァルテットのクロスオーヴァーな活動について
日時:2021年11月20日(土)13:00~14:00
講師:松山晋也(音楽評論家)
聞き手:小澤貴広(コンサートプロデューサー)
クロノス・クァルテットはクラシックの編成でありながら、結成当初から現代音楽はもとよりロックやジャズ、さらにはインド、中東、アフリカ等の音楽まで範囲を広げ、現地の作曲家や演奏家と共演するなど、クラシックの枠を超えてワールド・ワイドな活動を行っている。この回では具体的なクロスオーヴァーの例を挙げ、彼らの活動の幅広さを体感する。
申し込み:https://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/ce605162-4c00-d451-0fc2-60dd4b097b7a

第3回 クロノス・クァルテットが世界に与えた影響について
日時:2021年12月4日(土)16:00~17:00
講師:大西穣(音楽評論家)
聞き手:小澤貴広(コンサートプロデューサー)
ジャンルを超えて世界中の音楽とアクセスしているクロノス・クァルテット。現在、彼らは次世代の弦楽奏者のために50人の世界中の作曲家に新作を委嘱、その楽譜や音源、演奏法など全てを無料で提供する〈Fifty for the Future〉というプロジェクトに取り組んでいる。このような彼らの活動は次世代のアーティストに多大な影響を与えている。結成50年を迎える2022-23シーズン、彼らの19年ぶりとなる来日公演を前に、これら影響を受けたアーティストたちの音楽や活動について紹介したい。
申し込み:https://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/c316e789-4123-d0e1-7b07-60dd4b9a13bd

■オンライン同時開催について
・本講座はZoomウェビナを使用した教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)
・開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、〈asaculonline001@asahiculture.com〉までお問合せください
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします
・その他、詳細は朝日カルチャーセンター公式サイトをご確認ください
公式サイト:https://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/2f94bd67-a352-105b-4339-60dd4b1a4c34

【プロフィール】
intoxicate編集部

intoxicate編集部

タワーレコードのフリーマガジン、intoxicateのブログです。〈お茶の間カルチャーショック〉を謳ってはや10数年! タワーレコード発のポップ&シリアスな視点で音、映像、言葉が紡ぎだすアートを紹介します。 "Culture Shock in the living room" is our editorial attitude. The Intoxicate Magazine explores tangible and intangible universe of ART, in its audible, visible, written form with POP, and serious manners.

関連アーティスト