トピック

クロノス・クァルテット(Kronos Quartet)来日中止を受け代替公演が開催 テリー・ライリー“Sun Rings”の特別セッション映像を上映

KRONOS QUARTET SUN RINGS ⓒWojciech Wandzel

クロノス・クァルテットと合唱団やえ山組の特別公演〈テリー・ライリー「サン・リングズ」スペシャル・セッション&トーク〉が2020年10月3日(土)に開催される。

今秋、17年ぶりの来日公演を行うはずだったクロノス・クァルテット。彼らの日本ツアーは、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により残念ながら中止に。その代替公演として、神奈川県立音楽堂で特別セッションが行われる。

クロノス・クァルテットの来日ツアーにおける神奈川県立音楽堂公演で、日本での初演を予定していたのが巨匠テリー・ライリーの“Sun Rings(サン・リングズ)”だ。NASAの依頼で作曲された“Sun Rings”は、遠い宇宙から採取された音と弦楽四重奏、合唱を融合させ、終曲では〈ひとつの地球、ひとつの人類、ひとつの愛〉を謳いあげる地球讃歌ともいえる全10楽章の大作。

今回、特別なセッションの実現に至ったのは、新型コロナの感染拡大で世界中で先が見えないいまだからこそ多くの人と共有すべきこの音楽を伝えたいと、神奈川県立音楽堂がクロノス・クァルテットに協力を仰いだことによる。

来日公演で共演を予定していた合唱団やえ山組とクロノス・クァルテットが、“Sun Rings”のなかから平和への強い願いが込められた楽章を選び、アメリカと日本でそれぞれ演奏を収録、それをひとつに併せるスぺシャル・セッション映像を創造する。完成した映像は、神奈川県立音楽堂のスクリーンで上映される。

さらに同日、当初来日公演のプレ・イベントとして予定されていた〈街なかトークカフェ〉も開催される。出演は、松山晋也(音楽評論家)と田中泰(日本クラシックソムリエ協会理事長)。2月にアメリカへ渡りテリー・ライリーとクロノスのリーダーであるデイヴィッド・ハリントンに取材をした松山と、〈街なかトークカフェ〉のナビゲーターを務める田中が、クロノス・クァルテットとテリー・ライリーの音楽の魅力を語り、スペシャル・セッションを盛り上げる。

来日公演の中止を惜しむクロノス・ファンにとってまさに必見、必聴の、時空を超えたセッション。ぜひご覧いただきたい。

 


EVENT INFORMATION

■出演    
映像出演:クロノス・クァルテット/合唱団やえ山組
合唱指揮:岩本達明
トーク出演:松山晋也(音楽評論家)
ナビゲーター:田中泰(日本クラシックソムリエ協会理事長)

■プログラム    
I:街なかトークカフェ・音楽堂編 スペシャル・トーク
II:テリー・ライリー“Sun Rings”より スペシャル・セッション映像公開
第5楽章:アース・ホイッスラーズ(Earth Whistlers)
第8楽章:プレイヤー・セントラル(Prayer Central)
第10楽章:ワン・アース ワン・ピープル ワン・ラブ(One Earth, One People, One Love)

※合唱団やえ山組共演

■料金    
全席自由:2,000円
車椅子席:2,000円(付添1名無料)※所定の車椅子スペース、枚数限定

■チケット
チケットぴあ:https://t.pia.jp/Pコード 187-206
イープラス:https://eplus.jp
ローソンチケット:https://l-tike.com/Lコード 33769

■お問い合わせ    
神奈川県立音楽堂:045-263-2567(9:00~17:00 2020年8月31日まで休館)

■主催    
神奈川県立音楽堂(公益財団法人神奈川芸術文化財)

 


PROFILE: KRONOS QUARTET
サンフランシスコ出身のクロノス・クァルテットは、結成から45年間にわたり、弦楽四重奏団としての可能性を追求する意志と、大胆に探求していく精神とを併せ持って活動してきました。
そのなかで、クロノス・クァルテットは世界で最も有名で影響力のあるアンサンブルの1つとなり、これまでに数千回にわたるコンサートを行い、60タイトルを超えるアルバムをリリース、そしてさまざまなジャンルの要素が融合した作曲家やアーティストたち――20世紀音楽の作曲家たち(バルトーク、ウェーベルン、シュニトケ等)、コンテンポラリーな作曲家たち(リゼー、マルティノフ、ヴレバロフ等)、ジャズ・レジェンド(ミンガス、エヴァンス、モンク等)、ロック・アーティスト(ジミ・ヘンドリックス、ピート・タウンゼント、シガー・ロス等)、そしてマルチ・メディアのアーティスト(ローリー・アンダーソン、トレヴァー・パグレン等)と、弦楽四重奏のための1,000以上のレパートリーの創作、演奏、録音などを行っています。
クロノス・クァルテットは、これまでに2回のグラミー賞、世界的に名高い〈ポーラー・ミュージック賞〉や〈エイブリー・フィッシャー賞〉、〈WOMEX(World Music Expo)アーティスト賞〉などを含む40以上の賞を受賞しています。
彼らが創設した非営利団体クロノス・パフォーミング・アーツ・アソシエーション(Kronos Performing Arts Association)は、新作の委嘱、コンサート・ツアー、サンフランシスコやカリフォルニア州でのシーズン・コンサート、教育プログラム、〈クロノス・フェスティバル」の自主制作など、クロノス・クァルテットのあらゆる活動をサポートしています。
2015年、クロノス・クァルテットは〈未来のための50曲(Fifty For The Future: The Kronos Learning Repertoire)〉を立ち上げました。これは、次世代のための弦楽四重奏のコンテンポラリーなレパートリーを委嘱し、その楽譜や音源、作曲者のコメント、映像などを無料で使用できるという、世界でも最初の教育的でレガシーなプロジェクトです。

PROFILE: 合唱団やえ山組
2009年に〈やえいシンガーズ〉と〈広域指定合唱団青山組〉のジョイント・コンサート・プロジェクトとして始まる。2017年に団体名を統合し〈合唱団やえ山組〉として活動を始める。定期演奏会を活動の中心に据えながら、コンクール参加、海外団体の日本公演歓迎演奏など精力的な音楽活動を行っている。2018年全日本合唱コンクール金賞及び北海道知事賞受賞。2019年の全日本合唱コンクールではオーケストラ付きで出場するなど、既存の枠組みにとらわれない試みに挑戦し続けている。

TOWER DOORS