PR
インタビュー

広瀬未来+片倉真由子『Air』岡本太郎のアトリエを舞台にジャズの核心へと迫った静かで熱い〈音の対話〉

(左から)広瀬未来、片倉真由子
撮影協力:岡本太郎記念館

発足3周年を迎えた〈日本ジャズの新たなプラットフォーム〉、Days of Delight。2021年9月22日には、これまでの軌跡に迫るコンピレーションアルバム『Spirit of ‘Days of Delight’ vol.1』がリリースされたばかりだが、その動きは加速する一方だ。そして11月4日(木)には、トランペッターの広瀬未来とピアニストの片倉真由子によるデュオアルバム『Air』が登場する。

ふたりのデュオは、広瀬の前作『The Golden Mask』(2020年)のラストでも聴くことができた。曲目は“酒とバラの日々”。テーマメロディーだけの、1分数十秒のパフォーマンスだ。〈いったいどうして、ここだけデュオなんだ〉〈どうしてこんなに短い演奏なんだ〉〈次回作の予告編なのだろうか〉――ぼくはいろんな印象を受けた。はたして今回の『Air』は、全編がデュオで構成されている。新たにレコーディングされた“酒とバラの日々”は、アルバムの3曲目でたっぷり楽しむことができる。

会心のデュオアルバムで〈音の対話〉を繰り広げた広瀬未来と片倉真由子に、ここでは言葉で共演していただいた。

広瀬未来, 片倉真由子 『Air』 Days of Delight(2021)

 

NYで出会ってから10年を経て東京で再会したふたり

――広瀬さんの前作『The Golden Mask』のラストナンバーが、片倉さんとのデュオによる“酒とバラの日々”でした。そのときからデュオアルバムの構想はあったのでしょうか。

広瀬未来「いえいえ、まったく。なにせ真由子さんとデュオはあのときが初めてでしたから。『The Golden Mask』のレコ―ディングが、めちゃ早く終わったんですよ。そうしたら、〈真由子ちゃんとのデュオでもう1曲録ろうよ。アルバムのエンディングに、ごくごく短くテーマだけ、みたいな感じがいいな〉と言う平野(暁臣、Days of Delightプロデューサー)さんの声がヘッドホンから聴こえてきたんです。

そこで、その場の思いつきで“酒バラ”を演奏したんだけど、そのときの景色がすごく良くて。この感じをもっと味わいたい、もっとデュオで演奏したいという気持ちが高まって、今年の4月に彼女とデュオでツアーを回ったんです。それでツアーの前にその計画を平野さんに話をしたら、〈ツアー終わりにそのままレコーディングしよう!〉と言ってくださって」

広瀬未来の2020年作『The Golden Mask』収録曲“酒とバラの日々”。片倉真由子とのデュオ
 

――おふたりが初めて知り会ったのは?

広瀬「初めて会ったのはたしかNYの、サックス奏者の長谷川朗さん(現在は大阪・谷町で〈SUB〉を経営)の家だったんじゃないかと思います。真由子さんとはNY時代には何回か会っていたんですが、日本に戻ってからは10年くらい会う機会がなくて。

久しぶりにお会いしたのは、NHK-FMの『セッション』の収録のときでした。演奏中に〈すごい演奏だ。かっこいい!〉と思っていたら、終わってから真由子さんが〈今度一緒に演奏しない?〉って声をかけてくださったんです。それで〈こちらこそ、ぜひ!〉という感じになって、彼女のクインテットの一員として南青山のBODY&SOUL(2021年10月10日に渋谷へ移転)で演奏したんですね。そうしたら、それをたまたま平野さんが聴きに来ていて、終演後に突然〈君のアルバムをつくろう!〉って。平野さん、その日まで僕のことを知らなかったのに、いきなりですよ。そんなことって、あります(笑)? そうして出来たのが『The Golden Mask』です」

片倉真由子「NYにいたといっても、私は(ジュリアード音楽院の)学生だったけれど、彼がいたのは音楽シーンの現場です。学校は試験に受かれば行けるけれど、現場は自分からぶつかって行って、しかも通用させない限り居続けることはできない。そういう場所で活躍する彼のことは、当時から〈強い人だな〉と思っていました。音楽にも筋が通っているし。それから10年経って、NHKの収録で共演して〈あ、やっぱりすごいな、この人。絶対一緒に演奏しなきゃダメだ〉と思って」

関連アーティスト