撮影協力:岡本太郎記念館

日本のジャズが覚醒した70年代をリスペクトすると共に、新しいジャズの在り方を追求するレーベル。それが〈Days of Delight〉だ。2018年の設立以来、計20点の作品をリリースし、来たる2021年9月22日(水)には3周年記念のコンピレーション・アルバム『Spirit of ‘Days of Delight’ vol.1』も登場する。「このレーベルを新しい日本のジャズのプラットフォームにしたい」と意気込む平野暁臣ファウンダー/プロデューサーへのインタビューは、猛烈なガッツとパッションに溢れたものとなった。

VARIOUS ARTISTS 『Spirit of 'Days of Delight' vol.1』 Days of Delight(2021)

70年代の〈歓喜の日々〉をもう一度

――3周年おめでとうございます。計20作品、大変なラインナップです。コロナ禍をものともせず、2020年には8作品もリリースされました。

「あっという間でした。なにしろ物事を決めたり動かしたりしているのは僕ひとりなので、休む間もなく走り続けていましたから。手掛けるアーティストも、土岐英史さんや峰厚介さんのように僕がジャズに出会った70年代から活躍している世代もいれば、現在30歳前後の世代もいる。ミュージシャンと音楽のバリエーションがどんどん広がっているので、たえず新鮮な発見があるんです。しかも日本ジャズの最高水準の演奏が次々にアーカイヴされ、それが作品として目に見える形で積み上がっていくわけですからね。それを目の当たりにするのはとても幸せなことだし、エキサイティングです。もっともっとやりたいですね」

――Days of Delight設立の動機について、改めて教えていただけますか?

「まもなく還暦を迎えるという時に、〈もう1度、未知の世界で自分を試してみたい〉と思ったんです。僕の本業はイベントやディスプレイなどのメディア空間のプロデュースで、主に日本文化を世界に伝えたり、地域振興のお手伝いをしてきました。仕事は面白いし、誇りも持っています。だけど、30年も40年もやっていると、さすがに新鮮な感動はなくなります。20代で初めて現場にぶち込まれた時の不安や恐怖を感じることはもうないし、逆に作品が出来上がった時の喜びや達成感も当時とは違います。場数を踏んで経験値が上がった分、うまく作れるようにはなったけれど、それと引き換えに感動や刺激が失われていく。まあ、仕方がないことですよね。で、還暦を迎える時に、未知の世界に今放り込まれたら何ができるか、どこまでできるのか、自分自身を試してみたくなったんです。

ただし未知の世界といっても〈蕎麦打ち〉ではなく、仕事でなければならないと考えました。本当の意味での歓喜や達成感は、社会と関わりリスクを背負う〈仕事〉にしかないからです。そう考えるうちにテーマは音楽だと思った。小学校6年で洋楽と出会って以来、音楽が僕の人生を支え、彩ってくれたからです。最大の恩人である音楽にわずかでも恩返しをしたいと」

――小学校6年での洋楽との出会いから、音楽とはどんな風に付き合ってきたんですか?

「レコードは高くてあまり買えないから、レコード店を回って聞き耳を立てたり、FMをエア・チェックしてテープ作りに励んだり。なかでも一番ワクワクしたのがライブでした。もっとも、当時熱中した海外のロックを生で観る機会は年に1回あるかないか。今と違って海外アーティストの公演は極めてレアな〈非日常〉でしたからね。なので、僕はロックにどハマりしたけど、その付き合い方は〈音源を聴く〉だけだった。

ところが、日本のジャズだけは日常的に生で観ることができた。ピットイン、タロー、ミンゴス・ムジコ、ロブロイ……たくさんあったジャズ・クラブに行けば、ジャズマンたちの肉体からほとばしり出る生身の音を浴びることができたんです。チープなステレオで〈音源〉を聴くのとは次元の違う体験ですよ。それこそ土岐さんや峰さんを朝顔管(サックスのベルの部分)から数十センチの距離で聴くことができたわけですからね。喩えて言うなら、F1サーキットで聞くエンジン音と同じです。あの音圧と音の質感は言葉で説明しても絶対にわからない。現場で体験する以外にないんです」

――現場での体験が、プロデュースに反映されているわけですね。

「僕が初めてジャズと触れ合った70年代の日本のシーンは、現在とは熱量が全く違っていました。スリー・ブラインド・マイスやイースト・ウィンドのような日本ジャズ専門のレーベルが次々に立ち上がり、若いプレイヤーがどんどん出てきて、新譜がバンバン売れていた。

時を同じくして、日本のジャズがそれまでの〈コピーの時代〉から〈オリジナリティーの時代〉へと大きく変質しました。たとえば渡辺貞夫さんのアフリカン・フレイヴァーのサウンド(72年作『Sadao Watanabe』など)は世界を見渡しても例のないものだったし、日野皓正さんのアンサンブル(75年作『スピーク・トゥ・ロンリンネス』など)もそう。ジャズ喫茶やジャズ・クラブがいっぱいあって、そこにファンがつめかけて客席は満席だったし、プレイヤーたちも自分のオリジナル曲を遠慮なく堂々と演奏し、客もそれを支持した。プレイヤーも、リスナーも、業界も、とにかくものすごい熱があったわけです。

日野皓正の75年作『スピーク・トゥ・ロンリンネス』収録曲“スピーク・トゥ・ロンリンネス”
 

ところが今の状況は、残念ながらあの時代の活況とは比べるべくもない。そういうなかにあって僕にできることは何か。今からサックスを習っても手遅れでしょ(笑)。できるとしたら、今もジャズという音楽を真摯に守り伝えようとしているミュージシャンたちを社会に送り出すお手伝い、もうそれしかないと思ったんです。レーベルを〈Days of Delight〉と名付けたのも、あの時代のジャズ・シーンが持っていた情熱と気概、その結果として獲得した〈歓喜の日々〉を取り戻したいとの思いからです。もっともその時点でジャズ界の知り合いはゼロでした」

常に土岐英史とともにあったレーベルの歩み

――ファンとしてその音楽を長年聴くということと、ビジネスをするということは異なりますからね。Days of Delightからの最初のリリースは、70年代ジャズのコンピレーション・アルバム『Days of Delight Compilation Album -疾走-』と、土岐英史さんの新録『Black Eyes』(ともに2018年)でした。

土岐英史の2018年作『Black Eyes』のトレーラー映像
 

「レーベルを始めようと決意した時から、第一弾は土岐さんにしたいと思っていました。僕自身が70年代から生音を浴びてリスペクトしてきたミュージシャンだし、なにより40年以上経った今も、あの時以上の音を送り出していたからです。70年代日本のジャズ界が持っていたエネルギーや想像力を受け継ぎ、次の時代に伝えるというコンセプトを表現するために、土岐さんの新譜と70年代のコンピレーションを同時に出そうと考えたんです。そうすることで、レーベルの哲学を皮膚感覚でわかってもらえるんじゃないかと。だから真っ先にやったのは土岐さんに声を掛けることでした。

でも僕は土岐さんとしゃべったことさえなかった。彼は僕のことを一切知りません。そこで土岐バンドの出演日にお茶の水の〈NARU〉に行き、終演後にくつろぐ土岐さんにいきなり声を掛けたんです。〈僕はレーベルを作ろうと考えている。ついてはあなたの作品から始めたい〉ってね。2017年の年末のことでした。土岐さんにしてみれば〈なんだ、こいつ?〉って話ですよ。どこの馬の骨かわからない奴がとつぜん目の前に現れて、いきなりレコーディングさせろって言うわけだから。門前払いされて当然のシチュエーションだけど、土岐さんはそうする代わりに、素人の僕にいろいろアドバイスをしてくれ、数か月後にはレギュラー・バンドを率いて『Black Eyes』のレコーディングに臨んでくれたんです」

――レギュラー・グループによる『Black Eyes』以外に、土岐さんのさまざまな面を作品上で知ることができたのも、Days of Delightの功績だと思います。これは、土岐さんと平野さんのおふたりでアイデアを出し合って?

「そうですね。第一弾の時に土岐さんが出した唯一の条件が〈レギュラー・クインテットで録ること〉だったんだけど、それがちゃんとしたものになったので、いろんなことをやってみたくなったんじゃないかな。片倉真由子とのデュオ作『After Dark』(2019年)は、僕が提案しました。実は『Black Eyes』のレコーディングの前にこのふたりでテスト録音をしたことがあって、それがとても素晴らしかったんですよ。土岐さんのデュオって珍しいでしょう? おそらく他にはウォーレン・スミスとやったダイレクト・カッティングのアルバムしかないはずです」

土岐英史+片倉真由子の2019年作『After Dark』のトレーラー映像
 

――45回転LPの『ウォーレン・スミス&土岐英史』(77年)ですね。昔、『ウォーレン・スミス&中川昌三』(77年)と一緒に、BMGジャパンのスピリチュアル・ジャズ・シリーズで復刻しようと企画したことがあります。

「とにかくいろんな切り口で土岐さんを切ってみたかった。ここ(岡本太郎のアトリエ)でシークレット・ライブをやった時、土岐さんがすごく喜んでくれてね。〈明るい所で演るのは嫌いなんだけど、ここは気分がいいね。それに場所によってアイデアが出やすい所と出ない所があるけど、ここは出やすいな〉って。それで土岐さんに〈じゃあ、ここでデュオを録りましょうよ。真由子ちゃんとシンプルなスタンダードを〉って提案したんです。デュオを作ってこなかった人だから断られるだろうと思ったけど、〈面白そうだ〉と言ってくれて。こうして今までになかった枠組みで土岐英史を切り取ったのが『After Dark』です。

土岐英史が2018年に岡本太郎のアトリエで行ったライブの映像。曲は2019年作『After Dark』収録曲“After Dark”
 

一方、竹田一彦さんとの『The Guitar Man』や、ふたりのギタリスト(荻原亮、井上銘)を従えた『Little Boy’s Eyes』は土岐さんのアイデアです。なにしろ彼は大のギター・フリークですからね。いずれもギターという楽器の特性を存分に引き出しているし、なにより土岐さんのギター愛が感じられる素晴らしい作品です。実は遺作になってしまった『Little Boy’s Eyes』の企画段階で、土岐さんには4つのアイデアがあって、そのすべてをやろうと決めたんだけど、間に合わなかったのがとても無念です(※土岐英史は2021年6月26日に逝去)」

五感が揺さぶられる感覚を若い人たちに体験させたい

――そして今回、3周年記念のコンピレーション・アルバム『Spirit of ‘Days of Delight’ vol.1』が登場します。今まではハイレゾでしか聴けなかった土岐さんの“The Right Time”を含むセレクションですが、この選曲はどのように考えたのですか?

「1曲目を“Black Eyes”に決めた後は、何も悩まずスルスルと半ば自動的に決まりました。それこそ5分くらいしかかからなかったんじゃないかな。嬉しかったのは、アタマから聴いていった時に〈幕の内弁当感〉がなく、ひとつの統一的な世界観が通底しているように感じられること。〈寄せ集め感〉がないでしょう? それはやっぱり、演奏のクォリティーと音の質感が揃っていて、知らず識らずのうちにレーベルのカラーみたいなものが織り込まれていたからだと思います」

『Spirit of ‘Days of Delight’ vol.1』のトレーラー映像
 

――〈Days of Delightとは、こういうレーベルです〉と、作品みずから自己紹介しているような。

「僕のやり方は実にシンプルで、生演奏を聴いて僕の〈ジャズ・センサー〉が振り切ったらその場でレコーディングをオファーする。これだけです。マーケティングとは無縁。そういう単純なメカニズムで動いているレーベルだから、自ずとカラーが出てくるのかもしれませんね。とにかく僕がやりたいと思ったらやる。直感で決める。決断するのに5秒もいらない。なにしろDays of Delightには会議も稟議もありませんから(笑)。

レーベルの事業目的は、日本のジャズ・シーンで活躍する力のあるプレイヤーを世の中に送り出すことであって、金儲けではない。もちろんCDが売れなければ、つまりはリスナーに音楽が届かなければ、何もしていないのと同じだから意味がありません。その意味ではたくさん売れて欲しい。でも、だからといって〈売れるからやる〉〈売れるものをやる〉というモチベーションは皆無です」

――では、いったい何がモチベーションになっているんでしょう?

「若い人たちにジャズの魅力を伝えたいんですよ。打ち込みの音楽しか聴いてこなかったような世代に、肉体からほとばしり出る〈生身の音〉を知って欲しい。僕が若い頃に経験した、五感が揺さぶられるあの感覚を体験させてあげたいんです。必ずや彼らの感覚がひらくはずだから」

――それがDays of Delightの使命なんですね。

「そうです。もちろん簡単なことではないけれど、望みがないわけじゃない。仕事柄、僕はクリエイティヴな若者と付き合う機会が多いんだけど、残念ながら彼らはジャズを聴いていません。でもね、騙されたと思って聴いてごらん、って聴かせると、なんの音楽かもよくわからないのに〈お、カッケー!〉って言うんですよ、結構な比率でね。つまりクリエイティヴでありたいと願う感度の高い若者は、かなりの確率でジャズをカッコいいと思うらしい。それが希望です。

もちろん全員に好きになってくれとは言いません。でも、10人にひとり、100人にひとりでも興味を持ってくれたら、母数が膨大なわけだから、ものすごい数のジャズ・ファンが生まれるはずなんです。ただ〈こうすれば若い世代に確実にリーチする〉という方法があるわけじゃないから、手探りで試行錯誤するほかない。Days of Delightが積極的に動画制作に取り組んでいるのはそのためだし、逆に、あえて〈アルバム〉に力を入れているのも若い世代へのメッセージです」

――今のような時代だからこそ〈アルバム〉を?

「はい。〈今の若い人たちはサブスクを使って曲単位で聴くから、もはやアルバムという形式には存在意義がない〉って言われるじゃないですか。たしかにそうかもしれないけど、僕はその流れに与したくない。だって音源だけをバラバラに出していたら、音楽が消耗品で終わっちゃうじゃないですか。

演奏内容・音の質感・アートワーク、この3つがすべて水準以上にあるものだけを〈作品〉と呼ぶ。それがDays of Delightの理念です。そういうものを若い世代に届けたいんですよ。考えてみてください。宅録音源を配信するだけなら、だれでも出来るし、ひとりで出来ます。でもCDなどパッケージの流通は、演奏家に加えて、録音、ミックス、マスタリング、デザイン、印刷、プレス、流通、販売……それぞれに携わる多くの関係者の熱量が加算されてはじめて成り立つわけですよね。音楽はそういう高い熱量で作られてきたんです。僕は、こんな時代だからこそ、信用できるのは熱量だけだって言いたい」

 

熱量を羅針盤にした作品作りで安定したプラットフォームに

――遠くから見てもジャケットのデザインがDays of Delightのものだとわかるのも、ひとつの美学だと思います。

「50~60年代のブルーノ―トや70年代のスリー・ブラインド・マイスなど、僕がリスペクトしているレーベルはみんなそうだった。先ほど言った演奏内容・音の質感・アートワークが三位一体になってましたよね? Days of Delightもそうありたい。だからデザイナーもカメラマンもひとりに決めています。デザインは栗崎洋くんという若いデザイナーで、すべてのアートワークを彼と僕のふたりで作っていますし、写真はすべて、僕の仕事を撮り続けてくれている日比野武男さんです。

ゆくゆくは〈Days of Delightのクォリティーは間違いないので、どれを買っても安心だ〉という評価をいただけるようになりたい。そうなれば、まったく知られていない新人をリリースしても聴いてもらえる可能性が高くなるでしょう? いわば安定した発射台=プラットフォームです。このレーベルを日本ジャズの新たなプラットフォームにしたいと言ってきたのは、そういう意味なんです。50タイトルくらい出せば、少しはその状態に近づけるかもしれない。そう信じてやっています。これからますますアクセルを踏もうと思っていますから、あと3年くらいかな」

――マライア・キャリー、SHY-HI、安室奈美恵などに携わってきた録音エンジニアのニラジ・カジャンチさんも、近年のDays of Delightに欠かせない存在ですね。

「彼は大きなマーケットで勝ち続けてきた第一級のエンジニアです。今の時代に受け入れられる音とはどういうものなのか、今の若い世代はどういう音を快適だと感じるのか、といったことを熟知しています。僕ら古い世代のジャズ・ファンは、無意識のうちにルディ・ヴァン・ゲルダーの音作りを正義と考えがちだけど、それを単純に再現するだけでは、一瞬にして若者の内で〈オレたちには関係のない古い音楽〉に分類され、シャッターが下りてしまうかもしれない。彼はそのあたりを絶妙なさじ加減で調整してくれるんですよ。Days of Delightにとって、余人をもって代えがたい大切な存在です。

もっともDays of Delightをサポートしているエンジニアはニラジくんだけではありません。YouTubeで配信している〈Days of Delight Atelier Concert〉やライブ・レコーディングを主に担当してくれている小泉貴裕さんをはじめ、後藤昌司さん、田中徳崇さん、吉川昭仁さん、マスタリング・エンジニアの田林正弘さんなど、多くの技術者が参画してくれています」

――ずばり、今後のDays of Delightの抱負は何ですか?

「先ほども言ったように、信頼される存在になりたいです。そうなれば、もっと冒険できるし、もっとミュージシャンの役に立てる。そのためには実績と成果を積み上げ、レーベルの理念や姿勢に対する共感の輪を広げていくほかありません。まずはブレないこと。これからもマーケティングとは無縁の、気概と熱量だけを羅針盤にした作品作りをしていくつもりです」

 


RELEASE INFORMATION

VARIOUS ARTISTS 『Spirit of 'Days of Delight' vol.1』 Days of Delight(2021)

リリース日:2021年9月22日(水)
品番:DOD-018
価格:2,750円(税込)

TRACKLIST
1. 土岐英史 “Black Eyes”
2. RSTトリオ “845”
3. 土岐英史+片倉真由子 “After Dark”
4. 広瀬未来 “The Golden Mask”
5. 鈴木良雄+山本剛 “The Loving Touch”
6. 須川崇志バンクシアトリオ “Time Remembered”
7. 峰厚介 “Bamboo Grove”
8. 土岐英史 “The Right Time” ※ボーナス・トラック