Keith's Counterpoint

フェイセズ(Faces)、その華やかかつ複雑な軌跡(The Fabulous And Fractured Faces)

フェイセズ(Faces)、その華やかかつ複雑な軌跡(The Fabulous And Fractured Faces)

イギリスのビッグ4と呼ばれるバンドがある。ビートルズ、ストーンズ、フー、そしてキンクス。彼らの一歩後ろにつけていたのが、フェイセズ。華やかで、かつ複雑な軌跡を辿ったバンドだった。

このバンドが最初に結成された時のバンド名は、スモール・フェイセス。スティーヴ・マリオットがボーカル、ロニー・レーンがベース、ケニー・ジョーンズがドラムス、そしてジミー・ウィンストンがギターとキーボードを担当。彼らはみんな体が小さかったため〈スモール〉、モッズだったため〈フェイセス〉(英語のスラングでファッション好き、トレンドセッターを意味する)というバンド名になったという。

結成初期は、モッズムーブメント界隈で人気だったR&B、ブルーススタイルの曲調だった。65年頃には自作の曲を作り始め、大物マネージャー、ドン・アーデンとの契約や、デッカ・レコードとの契約を取り付けた。アーデンは、バンドの成功に寄与すべく助力を惜しまなかったが、同時に収益のかなりの部分を懐に入れ、それが後にバンド内のトラブルに繋がっていく。

彼らのデビューシングル“Whatcha Gonna Do About It”は65年8月にリリースされ、UKチャートのトップ20位にランクインした。この曲にはマリオットとレーンがクレジットされていたが、ソロモン・バークの楽曲“Everybody Needs Somebody To Love”のリフに、違う歌詞をつけて拝借したものだった(オリジナル曲は65年1月にローリング・ストーンズがカバーしたことでも知られる)。スモール・フェイセスのバージョンは、後にセックス・ピストルズがカバーしている。

バンドがリリースした次のシングルは犯罪映画に採用されたが、映画の発表が遅れたため、シングルのリリースも遅れることになった。このタイミングでジミー・ウィンストンがバンドから脱退し、俳優として活動を始める。彼の後釜としてイアン・マクレガンが参加し、バンドの歴史で一番人気だった時代が開幕。バンドの3枚目のシングル“Sha-La-La-La-Lee”はアメリカの人気作曲家、モルト・シューマンとイギリスの歌手ケニー・リンチが共作し、チャート3位となった。

次にリリースしたのはバンドのセルフタイトル・デビューアルバムで、チャート3位のシングル曲を2曲収録していた。収録曲の“You Need Loving”には逸話があり、この曲はランドとマリオットの作曲となっているが、マディ・ウォーターズの“You Need Loving”と非常に似ているのだ。裁判を起こされることはなかったが、後にレッド・ツェッペリンがスモール・フェイセスのトラックをベースにした“Whole Lotta Love”を発表し、状況をさらに混沌とさせた。