Keith's Counterpoint

パティ・ボイド、リンダ・イーストマン、オノ・ヨーコ……偉大なロック・ミュージシャンたちに影響を与えた、11人のミューズたち

パティ・ボイド、リンダ・イーストマン、オノ・ヨーコ……偉大なロック・ミュージシャンたちに影響を与えた、11人のミューズたち

男たちが曲を書き始めたごく初期から、そのインスピレーションの元に一番なってきたのは女たちだった。男たちは彼女たちの魅力に圧倒され、恋に落ち、恋に悶え、恋に破れ、恋の面影を追ってはそれらを歌に昇華してきた。そんな歌を聴いたことない人はいないと思うが、そのインスピレーションの原点となった女性たちは知られていない場合がほとんどだ。今回は、その中でもロックの時代の偉大なミュージシャンたちに影響を与えた、あまり知られていないミューズたちをご紹介しよう。

 

ビートルズ“Something”、デレク・アンド・ザ・ドミノス“Layla”など数々の名曲のインスピレーション源になったパティ・ボイド

パティ・ボイド――イギリスのモデル兼フォトグラファーだった彼女は、音楽界の巨人らによる多くの偉大なラヴソングのインスピレーション源となった。

パティが学校を卒業後に美容院で働いていた頃、客で来ていた雑誌社のスタッフの勧めによりモデルを始めると、すぐに頭角を表し、業界トップのフォトグラファーに起用され、最高峰のファッション誌に抜擢されるようになった。そこからビートルズの映画「Help」に脇役で起用され、そこであのジョージ・ハリスンと出会い、付き合い始めると、二人はすぐに同棲を始め、66年の1月に結婚。ジョージ・ハリスンが書いた楽曲の中でも、“I Need You”“If I Needed Someone”、そして彼のマスターピースとなった“Something”は彼女をインスピレーション源として書かれたと言われている。

しかし、二人はすぐに問題に突き当たる。パティは仕事を続けることを望み、ジョージはそれに反対したのだ。また、ジョージは何度も浮気を繰り返し、その中でも特にパティがショックを受けたのが、ジョージのバンドメイトであるリンゴ・スターの妻・モーリンとの浮気だった。

また、ジョージとパティの結婚中に、パティに密かに思いを寄せていたのが、ジョージの友人だったエリック・クラプトンだった。クラプトンは短い間、パティの妹であるポーラと付き合っていたが、それはパティに近付くための手口だったと噂されている。70年にクラプトンはジム・ゴードンとの共作で、パティへの片想いについて歌ったとされる“Layla”を書き、大ヒットとなる。

しかし、同じ年にクラプトンはパティに想いを打ち明けるも拒否され、その後3年に渡ってヘロインに溺れる事になる。その後、薬物から足を洗った彼はパティに再度愛を打ち明け、今度は受け入れられる。後にパティはクラプトンのヒット曲“Bell Bottom Blues”や“Wonderful Tonight”のインスピレーション源となる。彼女に触発されて生まれた楽曲数はかなりのものだ。

 

パティの妹、ジェニー・ボイド

ジェニー・ボイドはパティの妹で、60年代にモデルとして活躍したが、姉やビートルズと一緒にインドに行くために仕事を辞め、そこで超越瞑想(トランセンデンタル・メディテーション)に出会い、モデル業を〈時間の無駄〉と切り捨てた。ビートルズやクラプトンと過ごす他に、15歳だったジェニーは当時のクラスメイトでまだ無名だった後のドラマー、ミック・フリートウッドと友人になり、彼とは後に2回の結婚をすることになる(70年〜76年、77年〜78年)。

また、ジェニーはインド滞在中、イギリスのフォーク・シンガー、ドノヴァンと出会った。ドノヴァンは彼女に夢中で、ビートルズがオープンしたアップル・ブティックで働くジェニーを度々訪ねるなどしていたが、多少イチャつくくらいの関係以上には進展せず、彼女について書かれた“Jennifer Juniper”というヒット曲だけが残った。

他にもミック・ジャガーがジェニーのために曲を書いたと伝えられているが、結局どの曲がそうだったのかは明らかにされていない。

また、ジェニーがミック・フリートウッドと結婚していた間、彼のバンド、フリートウッド・マックのメンバーは全員がキルン・ハウスと呼ばれた農場に住んでいた。その間ジェニーは“Purple Dancer”や“Jewel Eyed Judy”の一部の歌詞を書いたとされるものの、クレジットされることはなかった。バンドがツアーに出ている間、彼女はその農場で一人で出産をするが、その体験から鬱状態になってしまう。これが過剰な飲酒やバンドのギタリスト、ボブ・ウェストンとの浮気に繋がり、ミック・フリートウッドはウェストンをバンドから追い出す。

結局ジェニーはミック・フリートウッドと離婚をするが、その後キング・クリムゾンでもドラムを叩いたイアン・ウォレスやボブ・ディランらと短期間の結婚・離婚を繰り返す。後に彼女は、自叙伝と創作についての文章を兼ねた本「Musicians In Tune」を出版。この本の中で彼女は75人のミュージシャンにインタビューを行った。また彼女は飲酒と薬物の問題から足を洗い、ミック・フリートウッドや、ミックが彼女と結婚中に浮気していたバンド・メンバー、スティーヴィー・ニックスとの友情を再構築した。