幾何学模様――バンド名からして既に不穏で一筋縄ではいかないが、実際、その音楽性もひとことで形容するのが難しい。そして、これまで辿ってきた道のりも、長く曲がりくねったものだった。2012年の路上セッションをきっかけに、楽器初心者を含む5人で結成。シタール奏者を含む5人編成で、東京のライブハウスに出演するようになる。

その後、サイケデリックで面妖なサウンドが海外でも支持されるように。クルアンビンやコナン・モカシンとツアーを周ったり、〈ボナルー〉、〈ロスキルド〉といった海外の大型フェスに出演したりと、徐々に知名度をあげていった。そして、逆輸入という形で日本でも広く知られるようになってゆくのだった。

そんなタイミングで届けられたのが『クモヨ島(Kumoyo Island))』なるアルバム。独自のサイケデリック路線を歩んできた彼らの〈今、ここ〉が凝縮されている。現在はアムステルダムと東京に分かれて生活している5人だが、夏には〈フジロックフェスティバル ’22〉に出演が決まっている。そして、年内のツアーをもって活動休止に入るとのことだ。DIY精神に溢れる活動形態や音楽的なルーツなどについて、ドラム/ボーカルでリーダーのGo Kurosawaに話を訊いた。

※このインタビューは2022年4月20日発行の「intoxicate vol.157」に掲載された記事の拡大版です

幾何学模様 『クモヨ島(Kumoyo Island)』 Guruguru Brain/BEAT(2022)

 

高田馬場の路上でスタートした〈素人にしかできない音楽〉

――資料によると、2012年に高田馬場の路上で活動をスタートされたそうですね。

「高田馬場で僕とギターのTomo(Katsurada)が出会ったのが始まりですね。駅前のロータリーで、ギターとパーカッションで音を鳴らしていたんです。僕は地元が高田馬場なんですけど、Tomoが早稲田の学生でスケートボードをやってたんですよ。そういう、スケボーのシーンみたいなのが当時、高田馬場にあって。高田馬場って音楽スタジオもたくさんあるし、ライブハウスに出る人も多かったんですけど、お金がかかるのが嫌で。路上で活動するとスタジオ代を払わなくていいし、もしかしたら投げ銭ももらえるかもしれないって(笑)。段ボールに空き缶をつけた自作の楽器を使ったり、キーボードとかピアニカとかリコーダーを持ってくる人もいて」

――幾何学模様はライブでも曲順をほとんど決めずに、セッション的に演奏することが多いそうですが、それってその当時から続いているんですね。

「そうですね。ツアーを始めてから、同じ曲を40回とか50回とかやるのが嫌だったんですよ。絶対に飽きるので。で、どうやったら飽きないかを工夫していたら、曲順を決めないでやろうってなって。その時々の会場の雰囲気でそこに合うストーリーを考えて、毎日セットリストを変えていました」

2019年のライブ動画

――そこからどうやって現在の編成に?

「僕は27歳になるまでドラムをやったことがなかったので、ほぼ楽器未経験だったんです。だから、〈素人にしかできない音楽は何か?〉ということを追求しようと思って結成しました。ギターのDaoud(Akira)は、Tomoが大学の喫煙所で出会ってスカウトしました。なんか一緒にやろうよって誘って。あと、僕の弟のRyu(Kurosawa)がインドに留学していてシタールが弾けたので、帰国したころに〈一緒にスタジオ入らない?〉って軽いノリでお願いしました」

誰もサイケの何たるかを分かっていなかった

――特に好きだったバンドやミュージシャンは?

「メンバーによってバラバラではあるんですが、僕はその頃ドイツのバンド、いわゆるクラウトロックが好きでした。特に好きだったのがアモン・デュールですね。他にもスウェーデンのパーソン・サウンドとか、コミューン系のサイケが好きで。バンドによっては10人ぐらいメンバーがいて、ワンコードで楽しそうに演奏していて、これだったら自分たちも何かできるかもって思ったんです」

アモン・デュールの69年作『Psychedelic Underground』収録曲“Im Garten Sandosa”

パーソン・サウンドの2001年のコンピレーションアルバム『Pärson Sound』収録曲“From Tunis To India In Fullmoon (On Testosterone)”

――あれなら自分にもできるかも、とか、これなら私もやってみたいって、パンクやヒップホップを後押しした理念でもありますね。

「そうだと思います。それが僕らの場合サイケだった。裸のラリーズとかも、ワンコードで延々と音を鳴らしているじゃないですか。僕らは音楽的にはラリーズには及ばないけど、こういう系統だったらできるんじゃない?というインスピレーションが浮んで」

裸のラリーズの2022年のライブアルバム『The OZ Tapes』収録曲“Vertigo otherwise My Conviction/眩暈”

――他にはどんなものを聴いていたんですか?

「メンバーによって好みが違うんです。クラウトロックはKotsu Guy(ベース)とギターのTomoが元々好きで聴いていて、それはバックボーンのひとつとしてありました。ただ、シタールのRyuとギターのDaoudは通ってきた音楽が違うので、初めはピンときてなかっただろうし、何回聴かせても、本当にいいと思っているかは謎です(笑)」

――音楽の趣味がバラバラだからだからこそ、ルーツが見えそうで見えない。そこが、すごく面白いと思いました。

「それは結構ありますね。こういう音楽性のバンドやろうぜって言って始めた感じではなく、サイケっていうキーワードだけがありきで始まったので。で、サイケって結構何でもありだったから、その懐の深さを何かうまく活用できたなっていうのはありました。

みんな楽器を始めたばかりで、誰もサイケの何たるかを分かっていなかったんですよ。でも、分からないなりに一生懸命やっていて。楽器の弾き方や叩き方がわからなくてもとりあえずやってみるという」

――DIY精神ですね。

「そうですね。あと、個々の音楽の趣味よりも、人間的な結びつきを大事にしたかったんです。だから、仲良く楽しくやるっていうのはコンセプトとしてあって。高円寺の一軒家を借りて一緒に生活したんですけど、そうやって遊ぶ中から何か音楽が生まれるんじゃないか試したりもしましたね」

 

受け入れられない日本を出て海外へ

――最初から海外での活動を念頭に置いていたんですか?

「いや、最初、高円寺のライブハウスに出ていたんですけど、お金のかかる趣味だなと思って。チケットのノルマもあるし、技術的にも他のバンドに追いつけなくて、この後どうなるかがまったく想像できなくて。この調子でライブをやっていって、日本のレーベルからデビューするみたいなイメージができなくて」

――最初に海外でライブをしたのは?

「オーストラリアに行ったんですけど、その時は2曲ぐらいしか曲を演奏しなくて、あとは全部ジャムセッションみたいな感じでした。でも、それがすごく盛り上がって、〈あ、これでもこれでいいんだ、これでもイケるかも〉って思いました」

――日本人だとOGRE YOU ASSHOLEと共演されてますけど、日本で自分たちに活動のスタンスが近い人って、誰か思い浮かべますか?

「それが思い浮かばなかったので、日本を出たというところはありますね。自分たちみたいなことをやっても日本じゃ多分受け入れられないだろうなって。できるとしたら、外国で注目されて日本にもそれが広がるみたいなイメージで。いわゆる逆輸入ですよね。最近ならBorisとか」

――結構いますよね。Melt-Banana、少年ナイフ、Bo Ningenなど。

日本のスタジオでの制作が生んだ『クモヨ島』

――ちなみにライブはかなりたくさんやっていたみたいですね。

「コロナ以前、2020年の2月まではツアーをしていたんです。ライブは1年間に100本以上やっていて、ツアーの合間に自宅のあるアムステルダムに休みに戻ってくるみたいな感覚でした。でも、帰ってきても2週間ぐらいでもう別のところに行くという感じで。

ちょっと休憩して曲を作ろうと思っていたら、その矢先コロナが蔓延して。それからは、みんなで曲を作ったちょっとずつDropboxに入れていくようになりました」

『クモヨ島(Kumoyo Island)』収録曲“段ボールの山(Cardboard Pile)”

――締め切りはなかったんですよね。

「そうなんですよ。時間がたっぷりあるのに締め切りがない状況で。そういうのは初体験だったんで戸惑ってしまって。

1回みんなアムステルダムに来て、1ヶ月半ぐらいスタジオに入っていたんですけど曲もできなくて、それで結構僕焦ったんです。〈あれ? 曲ってどうやって作るんだっけ?〉って。今までは7、8割ぐらいまで曲を作って、ライブでやって少しずつアレンジを固めていく流れだったので」

――それで日本で作ったら違ったと。

「はい。海外でやると1週間とか期間を決めて、スタジオをとって知らないエンジニアの人とやる。だから、1日も無駄にできなくて、スタジオに入る前に準備していかなくちゃいけないんです。

でも、それなしでできる環境が日本にあったのが今回は大きな違いでしたね。知り合いのエンジニアさんがいる東京のツバメスタジオに入って、遊びながら曲を作ったりして。エンジニアさんも〈ここにこういうパーカッション入れたら?〉とか助言してくれたんですよ。そうやって、皆でああだこうだ言いながら曲を作れたのは大きかったですね。

アムステルダムでは言葉も通じづらいし、エンジニアの人との関係性も日本ほど近くない。でも、日本だとそういうアウェー感がなかったんです」

『クモヨ島(Kumoyo Island)』収録曲“ゴムゴム(Gomugomu)”

――今作を作っている時って、具体的にはどんなバンドやアーティストを聴いていましたか?

「具体的には、アーサー・ラッセルのインストゥルメンタルのアルバムとかですね。体育館のような広い場所で録音された音像がすごくて。10人ぐらいのミュージシャンを1か所に集めて、〈せーの!〉で録った音源なんですけど、それはすごく好きでしたね」

アーサー・ラッセルの2006年のコンピレーションアルバム『First Thought Best Thought』収録曲““Instrumentals” Volume 1 (Part 1)”

 

非白人、非英語だからこそ新しい音楽をやらなければいけない

――海外での活動についてなんですが、フェスやツアーなどはアウェーのところが多いですよね。

「僕らは英語の歌詞でメッセージを伝えてるわけではないし、アジア人で全員がロン毛で、何だこいつら?って最初は思われる。でも、だからこそ音楽的に新しいものをやらなければいけないと思っていました。非白人の音楽、英語圏以外の音楽は全部〈ワールドミュージック〉に括られるのを、どうやったら払拭できるかを考えたんです」

――インディペンデントな活動形態ですよね。DIYというか。

「そうですね。大型のフェスに出たい時はどうすればいいとか、どんなアルバムをどのレーベルから出した方がいいとか、その辺はすごく調べましたね。ブッキングエージェントに、こういうフェスに出たいんだけど、どうしたらいいかって相談をしたり」

――海外の大型フェスだと、〈ロスキルド〉や〈ボナルー〉にも出られていますね?

「はい。フェスは、こういうバンドたちと名前が並ぶことでより認知されるだろう、みたいなことも考えましたね。自分たちを知らない層にどうやったらリーチするんだろうってなったときに、フェスに出るっていうのがひとつの方法だったので」

情景を音に落とし込みたい

――他のインタビューで、〈音を聴くと色や情景が浮かぶことがある〉っておっしゃってましたけど、視覚的なイメージが音楽と分かち難く結びついているのでしょうか?

「それは結構ありますね。特に、5人でツアーを周ったときに、色々な情景を5人で見ていたのは大きかったですね。アイスランドの自然とか、テキサスの砂漠とか、すごく印象的だったから、どうにかして音に落とし込めないかなって考えて。〈アイスランドのあの情景を覚えてる?〉っていう話になって、自然にビジョンやイメージを共有できた。

やっぱり気候とか風土によって出てくる音が違うんですよ。日本で梅雨の時期にスタジオに入ると、音が湿っているような雰囲気になったりする。雨が降っている時と、外がピカピカ晴れている時で、ジャムセッションのノリが違ってくるんです」

――アルバムの1曲の“もなかのなか(Monaka)”はすごくキャッチーで耳を惹きますね。基本はロックなんだけど、合間に民謡的な節回しがあって、違和感がありつつも最高の1曲目だと思いました。これは自然に出てきたんですか?

「Tomoの実家が石川県の温泉街なんです。温泉の街って民謡が周りに普通にある環境らしくて。そこからの影響もあると思います。僕らが知らない地域の民謡を知って、〈ええ、面白いな!〉って思って」

『クモヨ島(Kumoyo Island)』収録曲“もなかのなか(Monaka)”

 

長髪が表すオルタナティブな美学

――ルックスの話になりますが、全員が長髪なのは、何か意味合いがあるんでしょうか?

「日本男性の髪が長いのって、アウト・オブ・ソサエティーを意味しちゃうんですよね。でも元々日本人って、ちょんまげを結っていたし、男性でも髪が長い人も多かった。日本人男性にとっては、それを称揚する美意識もあったと思います。でも、西欧文化の波が入って来たときに、男で長髪はおかしいでしょって言われて。男は髪を短くして、女性は髪長くて、という西欧の美意識に影響されたんですよね。でも、長い髪のウェーブとか癖とかって皆違うじゃないですか。それが皆個性的で綺麗だなと思ってたんですよ。5人が髪の毛が長くて風とかでぱーっと揺れるのが綺麗だなって思って。

あと、日本人は髪が黒いって思われがちですけど、髪の毛を伸ばすと、みんなちょっと色が違ってくるんです。赤毛っぽかったり、ちょっとだけ茶色っぽかったりとか、色のトーンは皆違っていて。そういう綺麗さって、ほぼ完全に忘れ去られていると思うんです。

日本で育ったときに、髪が長いと〈女の子みたいだね〉とか、〈なんで髪の毛を伸ばしてんだよ〉って言われるけど、それは僕らの美意識が元にあるものなので。マッチョな男性像とは少し違った綺麗でかわいくてかっこよい見た目にしています。そういう良さもあるんじゃないかなという視点で見ても面白いものを作りたいという意識はありました」

 

〈叩けば音が出る〉という非技巧派の精神

――2000年前後ぐらいに、ジャムセッションを軸に長時間演奏するジャムバンドたちが活躍して、日本にもフィッシュやメデスキ、マーティン&ウッドとかが来ていたんです。その元をたどると、グレイトフル・デッドに行きつくんですよ。

「あー、グレイトフル・デッドはギターのDaoudがすごく好きで、僕も何回も聴いてみたんです。確かにかっこいいんですけど、巧すぎて危なさが足りないというか。もうちょっと素人が一生懸命、無理して演奏している感じが僕は好きなんですよ。自分たちはミュージシャンというアイデンティティーがあまりないところから始めたので、それがずっと原点としてあって。グレイトフル・デッドは今聴いても、演奏はすごいけど感動はあんまりしないですね。あと、下手なのに巧そうに見える人も好きで」

――例えば誰でしょう。カンにいたダモ鈴木さんとか?

「ダモさんはそうですね。別にめちゃめちゃ歌上手いとかじゃないけど、かっこいい」

――彼も技術云々で評価されたわけじゃないですしね。

「そうなんです。日本で音楽をやるとなると、何か楽器を持ったら基礎練習して、ある程度上手くなってから曲をやるのが一般的だと思うんです。けど、僕は基礎練習を完全に飛ばして、なんとなくこの楽器はこういう音が出るから、やってみようというスタンスで。日本にいたときに、そういう感覚の人っていなかった気がします。日本では、クラフトマンシップが重要とされているから。僕はドラムのスティックの持ち方もよく分からないところから、まあ叩けば音が出るからそれでいいじゃんっていう。その延長でここまで来たので、これからもそういう精神は大事にしたいですね」

 


RELEASE INFORMATION

幾何学模様 『クモヨ島(Kumoyo Island)』 Guruguru Brain/BEAT(2022)

■国内盤CD
リリース日:2022年5月25日(水)
品番:BRC702
価格:2,750円(税込)
国内盤特典:解説封入

■国内盤CD+Tシャツ(数量限定)
リリース日:2022年5月25日(水)
品番:BRC702T
価格:7,150円(税込)

■デジタル
リリース日:2022年5月6日
配信リンク:https://fanlink.to/kikagaku_moyo_kumoyo_island

TRACKLIST
1. もなかのなか(Monaka)
2. 青の舞(Dancing Blue)
3. エッフェ(Effe)
4. ぼくの海(Meu Mar)
5. 段ボールの山(Cardboard Pile)
6. ゴムゴム(Gomugomu)
7. 白昼夢の蜃気楼(Daydream Soda)
8. 鬼百合畑(Field Of Tiger Lilies)
9. やよい、ゐやおい(Yayoi, Iyayoi)
10. 昼寝のうた(Nap Song)
11. メゾン シルクロード(Maison Silk Road)

 

LIVE INFORMATION
FUJI ROCK FESTIVAL ’22

2022年7月29日(金)、30日(土)、31日(日)新潟・湯沢 苗場スキー場
※幾何学模様は7月29日(金)に出演
https://www.fujirockfestival.com/