時間や感情の移ろいと個々の進化によって、強く濃く深まってゆく青の物語――待望の新作『Blue Cresc.』は彼女たちの過去も現在も未来も描き出す傑作となった!

 「新しい、大きな一歩を踏み出せた大切な一年でした。いままで一緒に歩んできてくれたファンだったりスタッフさんだったり、いろんな方々に改めて〈大きな幕開け〉を見せられた年だったと思います。そういう気持ちにみんながなれるように〈悲しいことも苦しいも乗り越えてちゃんと強くなっているよ!〉と強く歌ったら、それに負けじと目の前にいるみんなが全力で返してくれて。感謝と強さの一年でした」(綾瀬志希)。

 前年末の傑作EP『#0F4C81』を受けて始まったCYNHN(スウィーニー)の2021年。5~6月には久々の東名阪ツアーを行い、9月には渋谷WWWXでのワンマン〈Our Blue〉も行うなど、活動にブレーキのかけられた前年と比べれば動きのある一年だったのは確かだろう。そのなかでも定評のある音楽性はやはり彼女たちの色を強く特徴づけるもので、ケンカイヨシやmol-74、トオミヨウ、蒼山幸子、草野華余子といったクリエイター陣と手合わせした『#0F4C81』はもちろん、メイン・ソングライターの渡辺翔がメンバー個々の心情を転写したようなシングル“AOAWASE”は、〈青い未完のヴォーカルユニット〉を謳う彼女たちに相応しい繊細な名曲だった。それらの成果を丹念に織り合わせたのが、今回のニュー・アルバム『Blue Cresc.』である。

CYNHN 『Blue Cresc.』 I BLUE(2022)

 フル・アルバムとしては初作『タブラチュア』(2019年)から2年7か月ぶり。それ以降の傑作シングル群“2時のパレード”“水生”“ごく平凡な青は、”やEP所収の曲も現体制での〈-ν-〉ヴァージョンとして新録され、そこに3つの新曲も加えた充実の内容は、〈ブルークレッシェンド〉と読むタイトルの通り、さらに強く、濃く、深まっていく青を体現している。

 「クレッシェンドが〈だんだん強く〉という意味であるように、青々しく未完だった『タブラチュア』までのCYNHNが、“2時のパレード”から違った青に変化して大人になっていく様を重ねて考えています」(青柳透)。

 「ひとつの終わりでもあり始まりでもあるような作品になったと思います! 既発曲たちを再録音したヴァージョンは、その時々の出来事を思い出しながらレコーディングしました。また新曲はどれもいままでと違った新しいCYNHNを表現できそうな曲で、これからの展開も楽しみになっています」(月雲ねる)。

 そんな新曲のうち最初に先行配信されたのは、以前“2時のパレード”のリミックスも手掛けたKan Sanoの作編曲による“レア”。夢心地なシンセやリズムの出し入れを伴ったチルな意匠とCYNHNらしい情緒が混じり合う雰囲気が新鮮だ。

 「〈青藍とけ込み更新中〉の音がクジラの声のように聴こえるところや、2番Aメロのリズムにポタポタ、ちゃぽん、という雫の落ちる音が入っているのがとても好きです。普通なら使わないような音が要所要所に入っていて聴きどころがたくさんあります! 雨が降っているみたいな裏打ちのハイハットも入ったり、すべての音がすごくいい世界観を出していて、そういった〈物語性〉みたいなものを聴いてもらいたいなと感じました。歌も歌詞も普段とはまた違う一面を見せているので、いろんな方向でレアです」(綾瀬)。

 「“2時のパレード”のパラレルワールド的な世界観の歌詞なので、繋がりを探すのも楽しいと思います。歌の面では、ブレイクの〈笑おう〉から最後までを正直何回も録り直しました。ファルセットを使わないでギリギリ歌えるくらいの高音なのでライヴでも必死に歌っています。そのため音源とライヴでギャップがあるので、ぜひどちらも聴いていただきたいです!」(青柳)。

 また、österreichとして活動する高橋國光が詞曲を担い、“イナフイナス”に続いてケンカイヨシが編曲した“水の中の”も、アンビエントな音像の中を複雑なヴォーカリゼーションが潜っていく新感覚の逸曲だ。

 「初めて聴いた時は〈これをCYNHNが歌うの!?〉って、いままでと違う曲調すぎて戸惑いもあったのですが、〈情景を思い浮かべながら歌う〉というケンカイさんのディレクションがあったので、私は深い海の底にいて水面から差す一筋の光に向かうようなイメージを持ちました。それぞれ違う場所にいながらも同じひとつの光を探してるみたいな、聴く人の心のどこかに寄り添える曲になったのではないかと思います」(月雲)。

 「自分は海底へ落ちていく中で吐いた言葉と息が水泡になって歌になる、そういう感覚で歌いました。なので歌っていて、すごく苦しかったです。〈本当はこの言葉を言いたかったんだよ〉みたいな、言い表せない気持ちでいっぱいになりました。一つの物語を読む感覚で聴いてほしいですね」(綾瀬)。

 そして、渡辺翔の詞曲をebaの編曲で送る“アンサンぶる”は一転してはっちゃけたダンス・ロック。含みのある言葉も忍ばせつつ、かつてないアッパーな勢いが楽しい。

 「キャッチーな感じがライヴで盛り上がる予感がしていて、早く披露したいです! 単純で楽しそうな反面、皮肉の効いた歌詞でもあると思うので、考察厨の皆さんも楽しめると思います。わざとふにゃふにゃ歌ってみたり、サビは跳ねる感じで強弱を意識したり、レコーディングもめちゃくちゃ楽しかったです。この曲についてイメージしていたことを渡辺翔さんとお話しして、見事に一致して感動しました(笑)。実は、ダンスも初めて翔さんからリクエストがあったようです」(青柳)。

 「“水の中の”は、みんなが見えた世界を統一して作品を一つにするイメージだったのですが、“アンサンぶる”では〈私は私、あなたはあなた〉って、ある意味エゴイスティックにやらせてもらいました。周りとのバランスを気にせず歌うという面で個人的には新しい挑戦があったし、同時に新しい発見もあって楽しかったです。この曲をどこまでみんなで遊べるか、いまから楽しみです」(綾瀬)。

 加えて既発曲の〈-ν-〉ヴァージョンでは、個々の歌唱パートや一部のコーラスも新録され、音がアップデートされた部分もある。純粋なキャリアの総括という意味を超え、「いままでの青があって、いまの青があって、未来の青がある」(綾瀬)との言葉通り、この先のCYNHNも予見させてくれる珠玉の名唱・名曲集となった『Blue Cresc.』。デビュー5周年にあたる今年の動向にも期待するしかないだろう。

 「ひとつの節目としても思い出に残るハッピーな年にしたいです! そして今年こそはもっとたくさんの場所へファンの皆さんに会いに行きたいです!」(月雲)。

 「今年こそたくさん音楽番組にも出たいです! もっといろんな場所へ会いに行って、CYNHNを知ってもらいたい。個人としては学業も落ち着いたので、いままでやりたくてもできなかったことに挑戦したいです」(青柳)。

 「〈これ以上のものはない〉と毎回心を燃やしながら進みたいと思っています。また新しい自分を知って、その自分で新しいステージに立って、メンバーとファンのみんなで新しい景色が見たい。ワクワクしながら走っていきたいです」(綾瀬)。

左から、mol-74の2021年作『Replica』(ソニー)、蒼山幸子の2022年作『Highlight』(SONY MUSIC ARTISTS)、草野華余子の2021年作『Life is like a rolling stone』(CAT)、笹川真生の2019年作『あたらしいからだ』(笹川真生)、kan sanoの2020年作『Susanna』(origami)、österreichの2020年作『四肢』(パーフェクトミュージック)

 

CYNHNの作品。
左から、2019年のアルバム『タブラチュア』、同年のシングル“2時のパレード”、2020年のシングル“水生”、同年のシングル“ごく平凡な青は、”、同年のEP『#0F4C81』、2021年のシングル“AOAWASE”(すべてI BLUE)