ニュー・マスターサウンズ(The New Mastersounds)『The Deplar Effect』痛快ディープファンクから塩辛サザンソウルまで現行ファンク最高峰に相応しい内容

2022.11.24

3年ぶりの19作目。最近ではルーカス・デ・モルダーのデビュー作をバックアップし、エディ・ロバーツはWRDトリオを始動するなど、コロナ禍でライヴが出来ない間も精力的に活動してきた彼ら。レコーディングを行ったアイスランドの地名を掲げて放つ本作も、現行ファンク・バンド最高峰の冠に相応しい痛快ディープ・ファンクから、ラマー・ウィリアムスJrの塩辛声が映えるサザン/カントリー・ソウルまで間違いない内容だ。

関連アーティスト