音楽とアートが織りなす日本屈指のカルチャー・フェスティヴァル、〈GREENROOM FESTIVAL〉の開催がいよいよ今週末5月20日(土)、21日(日)に迫ってきた。Mikikiでは横浜・赤レンガ倉庫という最高のロケーションを舞台に年々パワーアップする人気フェスを大特集。前2回では、関係者などを招いた座談会の模様を前後編にわたって掲載し、その魅力と今年の観どころを解説してきた。

最終回となる今回は、〈SUMMER SONIC〉などのフェスや音楽番組の司会もこなすタレントの奥浜レイラ、音楽評論家の小野島大、音楽ライター/ジャズ評論家の柳樂光隆(五十音順)という、世代や音楽的嗜好の異なる3名に、〈自分ならこう周る!〉というルートマップの作成を依頼。各々が思う〈GREENROOM〉の魅力や出演アーティストの観どころを盛り込んだテキストと共に、当日の参考のひとつとしてほしい。なお、テキスト内の出演アーティスト名は〈GREENROOM〉公式サイトのアーティスト・ページにリンクしており、そちらに飛ぶとプロフィールや視聴音源も掲載されているので、併せてチェックして! *Mikiki編集部

★〈GREENROOM〉特集記事一覧はこちら

 


奥浜レイラのタイムテーブル

すっかり欲張りなタイムテーブルになってしまいました。今回、出演陣の音楽性が実に多彩ですが、女性シンガー・ソングライターの方だけ見てもそれが顕著。というわけで、初日は岩崎愛さんの温もり溢れる歌声からスタート。昨年出たアルバム『It's Me』、どの曲も素晴らしいのです。続いてはNakamuraEmiさん。かぶりつきで観たいから早めに行こう。一つ残らず言葉のパンチを受けたい。そこからが困った。観たいステージが思いっきり重なっているので、bonobosSANABAGUN.を半分ずつ観ることになりそう。失礼だと思いながらも、フェスってこういうことありますよね……。

さて、この移動で体力を使い果たさないように気を付けつつ(この〈気を付ける〉は主にお酒を控えるという意味)、続けてニュー・マスターサウンズのファンクネスを全身で味わう。観終わると17時くらい。ここで音楽からちょっと離れてヨガ・ブースへ。柄にもなく最近ヨガにハマっているから、というどうでもいい奥浜情報は置いておいて、突然ですがここで「モテキ」ファンの皆さんにもお伝えしておきたいことが。ドラマ版「モテキ」で小宮山夏樹役を演じられていた松本莉緒さんが、ヨガ・インストラクターとして17時半から教えてくれるそうです。女優さんだけでなくインストラクターとしても活躍されているのですね。ライヴ観賞の休憩にゆったり身体を動かしたい方は是非。お休みタイムも満喫したあとは日食なつこさん、トリのマイケル・フランティ&スピアヘッドを観て1日目終了!

 

さて2日目はAwesome City Clubからスタート予定。彼らの音楽は横浜の景色にもマッチして気持ちいいはず! それから先日出かけた仙台のフェス〈ARABAKI ROCK FEST.17〉でもその歌声に衝撃を受けた藤原さくらさん。ポップスを歌って可愛らしく、フォーク・ロックでカッコイイ。続いては2年連続出演のnever young beachへ! どんなに人気者になっても変わらないスタンスで、観るたびに好きになるバンド。それからジェイク・バグも来日のたびに観ている必見のアクト。セルフ・プロデュース作『On My One』(2016年)を経て、コアな音楽フリークもポップ・ミュージック・ファンも巻き込むライヴに期待! イジー・ビズは初来日公演がソールドアウトで見逃してしまったのでしっかり観たいな。これからのR&B界を担っていくホープ、しかもお洒落でキュートなルックスってところが、〈GREENROOM〉にぴったりだと思う。

ceroYogee New Wavesは同じ時間帯なので非常に悩むところ……仕方ない、当日コインで決めます。ラストはポスト・ロックの重鎮、トータスで〆! ライヴの合間には、アート・スペースも覗きたいな。個人的には過去最高に観たいアクトが盛りだくさんな〈GREENROOM〉。どうかお天気に恵まれますように!

小野島大のタイムテーブル

フェスの楽しみの半分は、実際に始まる前までにある……とは極論だが、ある意味本音でもある。準備を整え、事前に発表されたタイムテーブルをチェックして、関連の音や映像も調べて、自分なりのタイムテーブル/行動計画表を立てる時は楽しい。実は過去の〈GREENROOM FESTIVAL〉には行ったことがないので会場の雰囲気などはよくわからないのだが、そこをあれこれ想像力を逞しくして思いを巡らすのもまた良しだ。大好きなアーティスト、馴染みのあるアーティストだけをハシゴするのもいいが、それだけではフェスの醍醐味は半減である。名前だけは知っているが聴いたことのないアーティスト、全然知らないアーティスト、なんとなく食わず嫌いだったアーティスト。ぽっかりと空いた時間帯があったら、ちょっとだけでもそういうアクトを予定に入れてみることをおすすめする。

そして実際に会場に着いてみると、なかなか予定通りにはいかない。移動の導線が混んでいて、やっとお目当ての会場に着いたら入場規制で入れなかったり。まるで予定にも眼中にもなかったが、たまたま通りかかったらやっていたアーティストに耳や目を奪われ、そのまま予定を飛ばして見入ってしまったり。それもフェスの楽しみだ。

〈GREENROOM FESTIVAL〉のように、国内外のアーティストがジャンルも新旧も分け隔てなく出演するリベラルな催しの場合、なかなか見る機会のない外タレをどうしても優先することになってしまう。個人的にはマイケル・フランティは見逃せない。ビート二グス、ディスポーザブル・ヒーローズ・オブ・ヒップホップリシーのころに比べるとサウンドはすっかりポップになったが、その気骨のあるメッセージとファンキーなサウンドは健在だ。単独公演も予定されているが、フェスはまた違う盛り上がりがあるはず。西海岸サーフ・ロックのレイ・バービーも、個人的にはずいぶんご無沙汰しているので楽しみ。また2日目に予定しているイジー・ビズも、今年初頭の来日公演を見逃してしまっただけに、その伸びやかで張りのある歌声とキュートな容姿をしっかりと確認しておきたい。

日本人アーティストは若手の美味しいところをずらりと揃えているラインナップで、どういう組み合わせでもおもしろいことになりそう。音源は聴いていてもライヴを見たこともない若手が多いので楽しみである。ヴェテランでは高木完K.U.D.O.というMAJOR FORCE組が久々で嬉しい。

柳樂光隆のタイムテーブル

初日はとりあえずbonobosから。もともとレゲエ/ダブ的な要素も強かったバンドだけにグルーヴへの意識の高さは言うまでもないけど、近年の彼らはロバート・グラスパー~ホセ・ジェイムス的なよれたリズムをナチュラルに織り込みながら、これまで通りの柔らかい雰囲気のまま進化していて、野外で観たら最高だろう。続いて少しリズムを変えて、ディープ・ファンクを体感しにニュー・マスターサウンズへ。レア・グルーヴ経由のUK産ファンク・バンドが鳴らす古き良きサウンドは、ひたすらグルーヴしまくるエンターテイメント。ゴリゴリの60年代オマージュな渋いサウンドを味わいたい。

熱い演奏を聴いた後は、チルアウトしにレイ・バービーへ。ギターの弾き語り+サンプラーなどを駆使して行う超リラックス&メロウなパフォーマンスはシンプルに気持ち良さのツボを押さえたもの。シートを弾いてビールでも呑みつつ、横になって聴きたい。そして個人的にこの日一番楽しみなのがChara。7月にリリース予定の新作『Sympathy』ではKan Sanoやmabanuaらが参加しているらしいけど、彼女はこれまでもその時々に旬なアーティストを起用して、センスのいいサウンドを作ってきた。今のCharaがどんな音楽を聴かせてくれるのかに期待。初日の最後はSuchmosへ。普通に“Stay Tune”が大好きなんですが、実はまだ生で観たことがないので。個人的には(SOIL &“PIMP”SESSIONSの)丈青さんと会った時にも話題になったベースのHsuにも注目!

 

2日目はまず藤原さくらさんへ。〈COUNTDOWN JAPAN 16/17〉で観た時のバンド・メンバーがKan Sanoや関口シンゴなど実力派揃いで、その日観たなかでもっとも素晴らしかったので。彼女の歌の存在感も素晴らしくて、特に英語詞の曲はライヴで聴くと最高だった。CICADAはヴォーカリストの城戸あき子さんが参加した冨田ラボさんの『SUPERFINE』(2016年)収録曲“鼓動”がすごく良かったんですが、その後リリース・パーティーで観たらCDで聴くよりずっと魅力的で、このタイプのヴォーカリストは今日本にはいない気がする。自身のバンドではどういう歌を聴かせてくれるのか、楽しみです。ネバヤンと迷いながらもGotch & The Good New Timesを選んだのは、このバンド名義ではまだ観たことがないから……というのももちろんあるけど、一番の理由はmabanuaがドラムを叩くから。僕はmabanuaファンなので。続いて、以前NY在住のキーボーディストのジェシー・フィッシャーも〈彼女、素晴らしいよ〉と言っていたり、各方面から〈観たほうがいい!〉と薦められているNao Yoshioka。ジャンルを横断するアーティストが多いなか、純度高めのソウル・シンガーの歌を聴きたい。

何度も観ているceroですが、ここ最近のトピックとしては小田朋美や角銅真実などが参加した新しいバンド編成。始動したばかりの時は、エレクトリック・マイルスを彼ららしく再構築したような、ポリリズムが強烈な新曲があまりにカッコ良くて、ceroの進化を実感したけど、今はどうなっているのか見届けないわけにはいかない。同世代の仲間とビールでも呑みながら、ちょっと離れたところで座って観たい。最後は大好きなジェフ・パーカーがいるトータスと迷いつつも冨田ラボへ。この日、『SUPERFINE』に参加したアーティストたちが多く出演しているので、豪華ゲストの登場もありそう。Sugar's CampaignのAKIOも飛び入りで出ないかなと個人的には期待している。

 


LIVE INFORMATION
〈GREENROOM FESTIVAL '17〉

日時:2017年5月20日(土)、21日(日)
会場:横浜・赤レンガ地区野外特設会場
出演:
〈1日目〉
マイケル・フランティ&スピアヘッド/ソジャ/ニュー・マスターサウンズ/レイ・バービー/Suchmos/Chara/大橋トリオ/The BONEZ/Rickie-G/bonobos/奇妙礼太郎/ハンバート ハンバート/勝手にしやがれ/NakamuraEmi/SANABAGUN./BRADIO/日食なつこ/Curly Giraffe/Leyona & 臼井ミトン/岩崎愛/THE HOTPANTZ/TOWA TEI/DJ HASEBE/高木完/K.U.D.O/川辺ヒロシ/Calm/リベラル/DJ YOGURT/DJ 仲山慶
〈2日目〉
トータス/ジェイク・バグ/イジー・ビズ/奥田民生/田島貴男(ORIGINAL LOVE)/Gotch & The Good New Times/Def Tech/cero/安藤裕子/YOUR SONG IS GOOD/Yogee New Waves/never young beach/平井大/藤原さくら/マイア・ヒラサワ/冨田ラボ/Nulbarich/Nao Yoshioka/jizue/Awesome City Club/CICADA/TOMOYUKI TANAKA/沖野修也/矢部直/ラファエル・セバーグ/DJ Mitsu the Beats/LEGENDオブ伝説a.k.a.サイプレス上野/ぴんとしてシャン!/Tsuyoshi Sato
★詳細はこちら