連載

Black Lives Matterムーヴメントを受けて発表された13の新曲

【Pop Style Now】特別編

Black Lives Matterムーヴメントを受けて発表された13の新曲

田中亮太「Mikiki編集部の田中と天野が海外シーンで発表された楽曲から必聴の5曲を紹介する週刊連載〈Pop Style Now〉。2020年5月25日、米ミネソタ州ミネアポリスでジョージ・フロイドさんが亡くなりました。死因は窒息死。白人警察官のデレク・ショーヴァンが膝で彼の首を8分46秒間も抑えつづけた結果、死に至ったのです」

天野龍太郎池城美菜子さんが書いていたように、彼の死とクリスチャン・クーパー事件が引き金となり、ブラック・ライヴズ・マター(Black Lives Matter)運動が再燃。全米で大規模な抗議活動や暴動が起こりました。6月2日に業務を停止させるなど、音楽業界もそれに対するリアクションを行ったことは、こちらの記事に詳しく書いたとおりです」

田中「今回は連載の特別編として、ブラック・ライヴズ・マターについての特集をお届けします。フロイドの死やブラック・ライヴズ・マター運動の高まりを受けて、この一週間に発表された楽曲をまとめて紹介しました」

天野「プレイリストもご用意しましたので、ぜひ聴いてみてください。この記事がブラック・ライヴズ・マターと人種差別について考えるきっかけになればいいなと思います」

TOWER DOORS